AUBE GIRL’S STAGE『光射す場所へ歩く君たちへ』、山本夢人・三上陽永対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

AUBE GIRL’S STAGE『光射す場所へ歩く君たちへ』、山本夢人・三上陽永対談(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2016年6月6日
連載:来た観た書いた(2)

 

 

6月8日(水)から6月12日(日)まで、東京・中野のテアトルBONBONで、「夏組」「空組」の2チーム総勢26名の出演者全員が女性という「AUBE GIRL’S STAGE第1回公演『光射す場所へ歩く君たちへ』」が上演されます。この舞台の脚本を担当する山本夢人さん(演劇ユニットレッドカンパニー)と、演出の三上陽永さん(虚構の劇団)のお二人に、『AUBE GIRL’S STAGE』というプロジェクトについて、今回の作品について、お話ししていただきました。

 

山本夢人さん(右)と三上陽永さん=撮影・達花和月

山本夢人さん(右)と三上陽永さん=撮影・達花和月

 

――出演者のアメブロを拝見しました。キャスト26名の自己紹介の段階で、既に色んな花が咲いていますね。

 

山本:そうですね。

 

三上:個性豊かです。

 

――「AUBE GIRL’S STAGE」という企画は、山本さんがお一人で考えられたのですか?

 

山本:僕がまず1回目の公演をどうするか?というのを、2年位前から考えてまして、その段階から彼(三上さん)に話をしていて、…ですね。

 

――ホームページやフライヤーを拝見して、今迄に無い色の企画だと感じました。

 

二人:確かに。

 

 

■苦労があって花が咲く、その過程にもドラマがある。そういう風に創って行きたい

 

――女性ばかり26人、しかも、これから世に出ようという若い女優を集めてやろうと思われたきっかけは何でしょう?

 

山本:まず、お客さんに楽しんで貰うための『ショーアップ』という事がちょっとありまして、それと、自分の書いている作品がそうだったというのもあるんですけど、育てるっていうのはちょっとおこがましいですけど、新しいこれからの若い役者を集めてやりたくて。そういう若い人達がこう、何かと戦ったり何か壁にぶつかったり、でもそれを何とかクリアしていこうとする、そういうものをみんな見たがってるのかなーと思ってまして。そういうのにもっと団体としてドラマを載せていくと言いますか、そういう形にもっとしていけばいいのかなというのと、一方別の角度から、演劇ではなくてミュージックシーンの方でアイドルが一杯いると思うんですけど、例えばAKBだったら『総選挙』とか、ここまで頑張ってきて苦労があって、そしてやっと花が咲くんだよ、みたいな、そういうところにファンの方は「あーいいなー」って思ってるなーって感じていまして。

 

――過程をみせる、という事でしょうか?明るいスポットライトがパッと当たる位置に来るまでの、その過程を。

 

山本:そうですね。それをもっと演劇として、団体として、ショーとして見せられないか、そういうのをお客さんに楽しんで貰えないか?というのがまずひとつありますね。ちょっと、そういう言い方をすると、お客さんも構えられるかも知れないからアレなんですけど。そういうドラマが、団体としてもドラマがある。創っている過程でもドラマがある。そういう風に創って行きたいなと思ってますね。(隣で聞いていた三上さんに向かって)・・・なんか、言い方悪かったらフォローして?。

 

三上:大丈夫です!

 

 

■「燻ってるけど良いんだよな」と思える人達を引き上げようと

 

――まず、お客さんにショーアップした、所謂花が咲くまでの過程を演劇として観てもらうという方向性と、これからの若い役者を育て、活躍できる機会を創りたいという想いが「AUBE GIRL’S STAGE」を誕生させたのですね。

 

山本:そうですね。そこも多分我々の強みと言いますか、僕がやってきた活動というのが、割と若い女の子達の事務所を教えたりとか、そういうので下積みを7・8年していたものですから、その強みももっと生かして、というのもあったかも知れません。僕のやり方っていうのが、割とこう、伸ばして伸ばして、褒めて褒めて、っていうやり方なんですけど、そのやり方に対して賛同してくれる人とやりたいなと思ったんですけど、それがやっぱり彼(三上さん)だったんですね。

 

――では、山本さんがこの企画をやろうと思われた時には、既に『三上さんの演出で』というのが頭にあったのですか?

 

山本:そうでしたね。最初から決め打ちでした。

 

三上:有り難いです。僕が山本さんと知り合ったきっかけも、即興芝居『アクトリーグ』に参加した時、本選リーグに上がる前のチームの子達を(山本さんが)育てる方だったんですよ。そこで、僕は即興芝居が大好きだったんですけど、ちゃんと即興芝居を習う機会が無くて。大学で先輩に教えて貰った位で。そこで色々教えて貰ったのが山本さんで。やっぱり、若い人を育てるっていう事に対して、物凄く情熱を持たれている方だなと感じています。で、それに対して、さっき山本さんがご自分でも仰っていた『過程』。色んな苦労をして、色んな経験をしてきた女の子達を使うって仰っていましたけど、僕はやっぱり、活躍の機会が与えられなくて悶々としている子達を、何とか引き上げようと、メチャメチャ苦労している方だと思うんです。この活躍の機会というのももっと上手いやり方は一杯あって、それこそ今の流れに乗って、もっとイケメンの子達だったりとか、それこそこの企画だってもっともっと違うやり方をすれば、もっと楽に、って言ったらおかしいですけど、今の商業的なベースに乗れるとは思うんですけど、敢えてそれをしない。だから「燻ってるけど、でもこの子良いんだよな」と、思える人達を、ちゃんと引き上げようとしている人だと思っています。だから、僕も『ぽこぽこクラブ(2012年『虚構の劇団』所属の三上陽永さん、杉浦一輝さん、渡辺芳博さんの3名で立ち上げたユニット。2015年に劇団外から新たに坂本健一さん、高橋玄太さんの2名を迎え、現在5名で活動中)』とかで、演出をやっていますけど、役者では鴻上(尚史)さんとこでやってますけど、『演出家』としては無名ですし。山本さんは、こう、確固たるものがあって僕を応援してくれてるんですけど、そういう、まぁ、得体の知れない演出に「やってくれ」って事自体が相当の冒険だと思いますよ。

 

三上:だけど冷静に考えてみると、まぁホントに有り得ない事で。僕はこのプロジェクトが2・3年越しで相当苦労しているのを見ているんです。だから、ね、色々ありましたね。ホントはもっと早く立ち上がる筈だったのが、それが立ち上げられない色んな事情とか、俺は正に見てて。

 

山本:泣きそうや・・・ヤバい、ヤバい(笑)。

 

『光射す場所へ歩く君たちへ』公演フライヤーより

『光射す場所へ歩く君たちへ』公演フライヤーより

 

 

■自分達で、もうホントに血を流してやっている訳で

 

三上:でもそれって、僕とか杉浦(演出助手の杉浦一輝さん)とか、それに『ぽこぽこクラブ』のメンバー達とも凄くリンクするところで、『雑草魂』というか、「くそっ!でも良いもの創ってやるぞ!」っていうのが凄くリンクしてて。だから、僕もそこに絶対行ってくれるんだったら、乗りたいって思ってやったのが始まりです。だから、今結構流行ってる、その・・・『ガールズ』的なもの、そことは違う色をやりたい、っていう信念があって。勿論僕も、山本さんも手探りなんですけど、ただ、その・・・、そこの根幹が、やっぱり凄く太い、とは思うんです。その、若い子や、もっと演劇の未来を考えなきゃいけない、偉い演出家や作家は居らっしゃる筈なんですけど(笑)。

 

三上:でもその人達は、ある程度這い上がってきた人を、っていうのがあって『掻き分けても見る』っていうのは、あんまり無くて。だから、そこを今(このプロジェクトが)やってるっていうのは、絶対にこっちとしても実を結んで欲しいし、これが実を結ばなければ、僕達もなんか・・・その、メジャーの人達に、勝ち目がない、って思うし。僕は幸か不幸か(笑)『日本劇作家協会』会長の鴻上尚史の元に居て、一流な人達もいっぱい見ていますが、そういう環境でやらせて貰いながらも、やっぱりそこで甘んじてちゃいけないなって。自分達からも切り開いて行かなきゃいけない、っていう想いは凄くあって。でもそれは例えば『ぽこぽこクラブ』であれば、物凄い足掻くし、足掻くけど、足掻きまくるけど、やっぱりプロデューサーが付いてくれてる訳じゃ無いし、自分達で、もう、ホントに血を流してやっている訳であって(笑)。そういうのに対して、ちゃんとプロデューサーとして、この2・3年越しのプランを「これを更に発展して行きたいんです」って言って、ここに居る若い奴等に投げるっていう事が、僕はこのプロジェクトの一番大きな意味だとは思います。

 

 

<AUBE GIRL’S STAGE第1回公演『光射す場所へ歩く君たちへ』>
【東京公演】2016年6月8日(水)~12日(日) テアトルBONBON
「AUBE GIRL’S STAGEオフィシャルサイト」は ⇒http://www.aube-girlsstage.com/next.html
チケットのウェブ予約は ⇒http://ticket.corich.jp/apply/71526/

 

<山本夢人>(やまもと・ゆめと) 演出家, 脚本家。演劇ユニット「レッドカンパニー」主宰。2006年より「㈱先駆舎」主催の即興イベント「アクトリーグ」に演出家として参加。2008年より2010年まで「㈱先駆舎」の演出家兼プロデューサーとして活動。2009年より、「JCM」(ジャパンクリエイティブマネージメント)に所属。2011年に演劇ユニット「レッドカンパニー」を立ち上げる。

 

<三上陽永>(みかみ・ようえい) 俳優。「サードステージ」所属。舞台をメインにテレビ、ラジオへの出演、近年では自ら演出も手掛ける。2008年より鴻上尚史主宰「虚構の劇団」に劇団員として参加。2011年よりNHK Eテレ「できた できた できた」健康・からだ編にレギュラー出演。2012年に「虚構の劇団」メンバーの杉浦一輝、渡辺芳博の3名で演劇ユニット「ぽこぽこクラブ」を立ち上げる。

 

<関連サイト>
⇒ 「光射す場所へ歩く君たちへ」のページ
⇒ AUBE GIRL’S STAGEオフィシャルサイト
⇒ AUBE GIRL’S STAGEのTwitter
⇒ 「光射す場所へ歩く君たちへ」出演者ブログ
⇒ 演劇ユニットレッドカンパニー
⇒ 虚構の劇団
⇒ ぽこぽこクラブ
⇒ 劇団鹿殺し
⇒ 泥棒対策ライト

 

連載:来た観た書いた(一覧)

 

<プレゼント>

山本夢人さん三上陽永さんのサイン色紙と写真1枚をセットにして、抽選でアイデアニュース有料会員(月額300円)3名さまにプレゼントします。応募は以下のフォームからお願いします。応募の際に記入いただいたメッセージは、コメントのページ(⇒こちら)に掲載します。応募締め切りは6月21日(火)。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。(このプレゼント募集は終了しました。応募くださったみなさま、ありがとうございました。)

 

 

山本夢人さん(右)と三上陽永さん=撮影・達花和月

山本夢人さん(右)と三上陽永さん=撮影・達花和月

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)向け部分>有料会員になると、過去の記事を含むすべての記事の全文をお読みいただけるようになります。

 

■将来的には3~4年後には、年6回やりたい“希望”

 

■演出につく人も「もっと(上に)行けるのに!」っていう人を

 

■根本はちゃんと『小劇場』。ちゃんと芝居を創ろうとしている

 

有料会員登録は ⇒ここをクリック

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.