明日に笑顔を(3) 介護保険の認定調査、サービス内容、保険給付対象の福祉用具 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

明日に笑顔を(3) 介護保険の認定調査、サービス内容、保険給付対象の福祉用具

筆者: 清水 恵美子 更新日: 2016年7月11日

 

笑社会保険労務士事務所の清水恵美子です。兵庫県川西市で介護事業所支援専門に活動している社会保険労務士です。前回、介護に直面した時心配になるお金の話について、事故や病気で病院にかかった場合をお話ししたのですが、今回は、介護保険を使うための認定調査、サービス内容、介護保険給付対象となる福祉用具をお伝えしたいと思います。

 

「明日に笑顔を」アイキャッチ=イラスト素材:パンコス(http://www.pancos-sozai.com/)

「明日に笑顔を」アイキャッチ=イラスト素材:パンコス(http://www.pancos-sozai.com/)

 

 

 ■介護保険を使うには

 

まず、介護が必要になったら要介護認定を受ける必要があります。市町村の窓口に申請をすると、調査員さんが訪問調査に来られます。74項目の調査項目を聞き取り、その結果でコンピューターによる1次判定が行われ、その結果と主治医の意見書を基に介護認定審査会で認定委員によって最終決定されます。

 

厚生労働省のホームページによると、要介護度は7段階に分かれており、その認定の基準は以下のようになっています。

 

厚生労働省のホームページより

厚生労働省のホームページより

 

この時間の介護を必要とする状態を具体的に言うと以下の表のようになります。

 

堺市ホームページより

堺市ホームページより

 

74項目の調査項目は全国一律です。中には、ホームページで調査項目を公開しているところもありますので、認定調査を受ける前に、どんな調査項目があるかを把握しておきましょう。

 

参考:大阪池田市ホームページ

 

介護保険〔要介護認定・要支援認定・要介護更新認定・要支援更新認定〕申請書)
⇒ http://www.city.ikeda.osaka.jp/shinseisho/hokenfukushi/1418723381879.html

訪問調査では次のような内容の質問をします
⇒ http://www.city.ikeda.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/29/situmonnkoumoku.pdf

 

 

■どんなサービスが必要なの?

 

具体的には、どういったサービスが必要となるのでしょう?場面ごとに見ていきましょう。

 

1、退院をして自宅へ帰る場面

 

自宅までの移動は?⇒

・車いすのレンタル利用や介護用の靴、杖などの購入

・介護タクシーの利用

 

自宅に着いたら?⇒

・玄関の形状によってスロープを設置したり、手すりの取り付けなどの工事

・屋内の段差解消のためのステップや置型手すりのレンタル

 

2、自宅に帰って生活する場面

 

トイレにひとりで行けるのか?⇒

・手すりの設置(工事又はレンタル)

・居室にポータブルトイレを設置する

・リハビリパンツやおむつの利用

・訪問ヘルパーさんの利用

 

お風呂に一人で入れるのか?⇒

・手すりの設置(工事又はレンタル)

・浴槽に入りやすくする踏み台等や介護用風呂椅子の購入

・訪問ヘルパーや訪問入浴の利用

・デイサービスの利用

 

食事の支度はできるのか?⇒

・訪問ヘルパーの利用

・配食サービスの利用

 

身体機能が衰えないようにしたい⇒

・リハビリ中心のデイサービスの利用

・訪問リハビリの利用

 

 

■介護保険給付対象となる福祉用具

(1)車いす

(2)車いす付属品

(3)特殊寝台

(4)特殊寝台付属品

(5)床ずれ防止用具

(6)体位変換器

(7)手すり

(8)スロープ

(9)歩行器

(10)歩行補助つえ

(11) 認知症老人徘徊感知機器

(12)移動用リフト(つり具の部分を除く)

(13)自動排泄処理装置

 

この中で(7)~(10)に関しては、軽度者(要支援1、2、要介護1)の方も利用できますが、それ以外のものは、介護保険の適用がありませんのでご注意ください。

 

介護保険が適用になれば、その費用の1割(一定以上所得のある方は2割)で利用することができます。我が家では、最初は、工事はせずにレンタルの手すりやステップを活用しました。怪我の場合は、状態が大きく変わることがありますし、生活していく中で本当に必要な工事がわかると考えたからです。もう1点、自費扱いになりましたが介護用のベッドもレンタルしました。1カ月当たり1,000円程度です。ステップや手すりは、種類によりますが数百円で、2点使用しても千円もかかりませんでした。

 

福祉用具に関しては、基本レンタルとなります。

 

 

今回は、介護保険を使うための認定調査、サービス内容、介護保険給付対象となる福祉用具についてお話ししました。次回は、訪問介護、ショートステイ、デイサービスについてお話ししたいと思います。

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分>

 

■要介護認定を受ける上での注意点

 

■退院後に必要な対応

 

 

アイデアニュースの全文が読める会員登録は ⇒こちらから

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 清水 恵美子(しみず・えみこ)/出産のため会社を退職後、10年の専業主婦経験を経て社会保険労務士資格を取得。ベテラン社労士事務所で6年間修業の後、笑(えみ)社会保険労務士事務所(⇒ホームページはこちら)を開業。笑顔は世界を救うと信じ、「あなたの明日に笑顔を」をモットーに頑張るみなさんを応援中。⇒清水 恵美子さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.