「文学を3人芝居で…すごく楽しみ」、舞台『それから』平野良インタビュー(上) | アイデアニュース
Arrow
Arrow
Slider
会員登録バナー

「文学を3人芝居で…すごく楽しみ」、舞台『それから』平野良インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2017年4月27日

 

まるで喫茶店に行くような気分で、気軽に劇場に足を運んでいただきたい…という思いを込めてネーミングされた「文劇喫茶」。舞台公演を企画・制作している「CLIE」による「文劇喫茶シリーズ第一弾」として、2017年5月3日から東京の俳優座劇場で、舞台『それから』が上演されます。夏目漱石の「それから」を原作としたこの舞台に、主人公の長井代助役で出演する平野良さんに、インタビューしました。「上」「下」2回に分けて、掲載します。(この記事は6月14日までの掲載とさせていただきます)

 

平野良さん=撮影・達花和月

平野良さん=撮影・達花和月

 

 

――今回は「文劇喫茶シリーズ第一弾『それから』」ということですが、夏目漱石の『それから』はご存知でしたか?

 

いや、知らなかったですね。

 

――夏目漱石の他の作品を読まれたことは?

 

『こころ』など、学生時代に読むべきもの、みたいな形ではありますけど、『それから』とか(前期)三部作(『 三四郎』『それから』『門』)は読んだことがなかったです。このお話を頂いてから原作を読みました。

 

――現代口語文とは違うので、読みにくく無かったですか?

 

今出てるのは、(現代語に)直されてるんですか? そんなに読みづらい感じはありませんでした。

 

――読書がお好きと伺っていますが、『それから』という文学作品への出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

 

僕はもともと、本が好きで。ただ、純文学系統の本が多いわけではないんですけど、やはり「文学」というものを、それこそ三次元というか、舞台で、実写でやるのは、すごく意味があることだと思っています。そして、今回は3人芝居っていうのが、一つの見所でもあり、もちろん役者として頑張るべきところでもあるんです。一人一人の負担が大きい分、役者として出来ることも増えるので、それがすごく楽しみです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「3人芝居」などについて詳しく語っていただいたインタビューの全文をテキストと写真で掲載しています。4月25日掲載予定のインタビュー「下」では、長井代助を演じる意味や共演者などについて詳しく語ってくださったインタビューの後半部分の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■活字離れの今、演劇を通して文学を表に出すことは、すごく意味がある

 

■僕が明治時代に生きていたら、「今の若い者は!」と言っていそう(笑)

 

■「長井代助」は、今で言えばネットで得た知識をひけらかすような人です

 

 

<文劇喫茶シリーズ第一弾『それから』>
【東京公演】2017年5月3日(水・祝)~5月14日(日) 俳優座劇場
公式サイト http://www.clie.asia/sorekara/

 

<関連サイト>
平野良 公式ブログ
http://lineblog.me/hiranoryo/
平野良(ウェーブマスター)
http://talent.wave-master.com/ryo_hirano/

 

※平野良さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月11日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)

 

平野良さん=撮影・達花和月

平野良さん=撮影・達花和月

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭は一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、優待チケット購入などのサービスを利用できるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、コメントを書き込めます

最近のコメント

  1. みどりこ より:

    舞台を観劇し、平野さんの代助が、はっきりと自分の中の三千代に対する恋を意識してからの平野さんの演技により魅了されました。観劇したうえで、このインタビュー記事を読みましたが、代助を演じるうえでの平野さんの代助に対する思いを知る事が出来てとても嬉しいです。

  2. けろ より:

    素敵なインタビューどうもありがとうございます。
    他の媒体と違ったお話が聞けてとても良かったです。

  3. purepure より:

    いつも楽しく拝見しています。
    今回の「それから」は、新しい舞台になるのかな~と期待をしています。
    どんな平野さんが観れるのか楽しみです。

  4. Youko より:

    素敵なインタビューを拝見して、観劇するのが益々楽しみになりました。インタビュー後編も楽しみに待ってます。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に数回発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年5月掲載分
■ 2017年4月掲載分
■ 2017年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.