インドの叙事詩「マハーバーラタ」を舞台化、「バトルフィールド」来日へ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

インドの叙事詩「マハーバーラタ」を舞台化、「バトルフィールド」来日へ

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年10月21日

 

インドの壮大な叙事詩「マハーバーラタ」をもとにした舞台「Battlefield(バトルフィールド) 『マハ―バ―ラタ』より」が、2015年11月25日から、東京の新国立劇場中劇場で上演されます。脚本・演出は、「現代演劇界の巨匠」と呼ばれるピーター・ブルックさんら。筆者(橋本)は、ストレートの演劇のことは良く知りませんが、「マハーバーラタ」については少々個人的な思い入れもありますので、アイデアニュースで紹介させていただきます。

 

「バトルフィールド」舞台写真=©Caroline Moreau

「バトルフィールド」舞台写真=©Caroline Moreau

 

ウィキペディアによると「マハーバーラタ」の「マハー」は「偉大な」という意味で、インド独立の父・ガンディーが「マハートマ・ガンディー」(偉大な魂のガンディー)と呼ばれるのと同じような使い方になります。「マハーバーラタ」となって「偉大なバラタ(バーラタ)族の物語」となります。

 

「マハーバーラタ」は18巻にもおよぶ長大な物語で、私も全文を読んだことはありませんが、学生時代にガンディーの非暴力闘争に興味を持っていたこともあり、「マハーバーラタ」の一部でガンディーが愛読した「バガヴァッド・ギーター」は何度も読み、メロディーをつけて歌にしたこともあるほど、愛唱しました。「ギーター」の内容をどうとらえるかは人によってそれぞれだと思いますが、私は「ギーター」の核心部分は「行為の結果にとらわれずに義務を遂行すること」にあると理解しており、これが「結果ではなく手段の正しさを重んじる」非暴力闘争を展開して戦争なしにインドを独立に導いたガンディーの力の源泉になったと考えています。

 

さて、この舞台「Battlefield(バトルフィールド) 『マハ―バ―ラタ』より」は、ピーター・ブルックさんが30年前に上演した舞台「マハーバーラタ」を、新たな形で上演する作品になっているそうです。

 

アイデアニュースに届いたプレスリリースによると、1985年にアビニョン・フェスティバルで初演された「マハーバーラタ」は、全体を「賭け」「追放」「戦争」の三部作に集約したもので、なんと全体で9時間かかるという超大作だったそうです。それに対して、今回の「バトルフィールド」は、すべての戦いが終わり、無数の骸(しかばね)で大地が覆われた戦場(battlefield)が舞台となっており、簡潔で深い示唆に富んだ80分の作品となっているとのことです。

 

今年90歳になったブルックさんは、1925年ロンドン生まれ。演劇、オペラ、映画、著作等、様々なジャンルで活躍し、『鳥の会議』『桜の園』『テンペスト』『マハーバーラタ』など話題作を発表。ドキュメンタリー映画「タイト・ロ―プ(邦題:ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古)」は、2014年9月に日本でも公開されています。

 

9月16日、ピーター・ブルックアトリエにて撮影=プレスリリースより

9月16日、ピーター・ブルックアトリエにて撮影=プレスリリースより

 

今回の舞台では、「マハーバーラタ」でも音楽監督をつとめた土取利行さんがひとりジャンベの音を響かせるなか、4人の俳優が、何色かの大きなショールを使い分けて、さまざまな人や動物を演じるとのこと。大量殺戮によって勝者となったパーンダヴァ軍の総帥ユディシュティラが「この勝利は敗北だ」と吐き捨て、悔恨や罪悪感にさいなまれる姿が描かれてゆくようです。

 

「バトルフィールド」舞台写真=©Caroline Moreau

「バトルフィールド」舞台写真=©Caroline Moreau

 

「バトルフィールド」舞台写真=©Caroline Moreau

「バトルフィールド」舞台写真=©Caroline Moreau

 

プレスリリースによると、2015年9月15日にパリで行なわれた「バトルフィールド」世界初演初日の翌日、取材に応じたブルックさんは「沈黙に耳を澄ませていたら、今やるべきなのはシェイクスピアでもオペラでもなく、これだろう。そう時代に促されたのだよ」と話しています。

 

世界各地で新たな紛争・戦争が起き、日本でも安保関連法(戦争法)をめぐって国会が包囲されるなど議論になっている今、この舞台を通して「バトルフィールド」について考えてみたいと思いました。

 

  • <公演概要>
    公演タイトル:Battlefield 『マハ―バ―ラタ』より
    脚本:ピーター・ブルック ジャン・クロード・カリエール マリ―=エレ―ヌ・エティエンヌ
    演出:ピーター・ブルック マリ―=エレ―ヌ・エティエンヌ/音楽:土取利行/照明:フィリップ・ヴァラット
    出演:キャロル・カルメラ ジェア・マクニ―ル エリ・ザラムンバ ショーン・オカラン
    世界初演:2015年9月15日 パリ ブッフェ ドゥ ノ―ル劇場

 

  • <日本公演>
    公演日程:2015年11月25日(水)~11月29日(日)
    会場:新国立劇場中劇場
    入場料金:7,000円(全席指定・税込)
    U-25チケット:3,500円(観劇時25歳以下対象・当日指定券引換・要身分証明書)
    ※U-25チケットはチケットぴあ・前売り販売のみの取り扱い。
    ※日本語字幕付き上演

 

この公演に先立って、10月31日には来日直前プレイベント「音楽家 土取利行が語る、ピーター・ブルックと『マハーバーラタ』30年の軌跡」が、東京のパルコ劇場で開かれます。入場は無料です。

 

  • <プレイベント>
  • 「バトルフィールド」来日公演記念
  • 音楽家 土取利行が語る、ピーター・ブルックと「マハーバーラタ」30年の軌跡
    日程:10月31日(土)19時30分開演
    会場:パルコ劇場
    出演:土取利行/伊達なつめ(演劇ジャーナリスト)
    入場料:無料
    ※参加申込方法の詳細はパルコステージホームページにてご確認下さい。
    問い合わせ:パルコ TEL:03-3477-5858
    パルコステージHP:
  • http://www.parco-play.com/web/

 

——————–

 

<アイデアニュース有料会員向けコンテンツ>

 

プレスリリースに掲載されていた、パリ公演評、ブルックさんと土取さんの略歴を、紹介します。

 

パリ公演劇評

 

ピーター・ブルック

 

土取利行

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

<PR>

最近の記事

■ 2019年8月掲載分
■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.