オリジナルを崩さず新しいスタイル、映画版にない演出に唸らされた「TOP HAT」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

オリジナルを崩さず新しいスタイル、映画版にない演出に唸らされた「TOP HAT」

筆者: 米満ゆうこ 更新日: 2015年10月29日

 

「トップハット」といえば、シルクハットでタキシードにステッキを持ったフレッド・アステアが粋なタップダンスを見せ、女優のジンジャー・ロジャースとコンビを組んだ往年のハリウッド映画。こうイメージできるのは40代以上の人ではないだろうか。最近、若い人と話していると、マイケル・ジャクソンはもちろん知っているものの、アステアについてはピンとこないと言う人が多く、時代の移り変わりをつくづくと感じてしまう。

 

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

 

私の父は酔っぱらうと、無謀にも家でアステアの真似をして、(ダンスができないのに)踊っていたが、それほど、古い世代の人々にとってはダンスの神様だった。その「トップハット」が、2011年に英国で初めてミュージカルとして上演され、2013年には英国演劇界のトニー賞と言われる権威あるローレンス・オリヴィエ賞の3部門を受賞した。そんな話題を呼んだ英国版のミュージカル「トップハット」が、10月16日~25日まで梅田芸術劇場メインホールで上演された。大型ミュージカルの来日公演はどうしても東京止まりになってしまうことが多い中、大阪で華麗で豪華なタップダンス中心のミュージカルを堪能できるなんて、まさに夢のような体験だった。

 

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

 

外国人指揮者の指揮で生のオーケストラがオーバーチュアを演奏し始めると、もうそれだけでワクワクして、ウエストエンドかブロードウェイにいる気分になってしまう。「トップハット」の楽曲は「ホワイトクリスマス」で有名な音楽家アーヴィング・バーリンによるもので、ミュージカルをはじめジャズのスタンダードとして今でも歌い継がれている。指揮者が腕を左右にスイングさせて指揮棒を振っているのが、何ともジャズらしい。

 

アステアのようでアステアではないアラン・バーキットならではのダンス

 

舞台は1935年のニューヨークでブロードウェイのスター、ジェリーが、ピンストライプの派手なスーツに身を包み、ステッキを持って、さっそく「プティン・オン・ザ・リッツ」を歌いながらステッキをバンバンと床にたたき付け、群舞と一緒にタップを踏み出す場面から始まる。このジェリーを映画版で演じたのが、アステア。今回の舞台版のジェリーに扮した英国人キャストのアラン・バーキットは、チラシなどの写真で見るとそうでもないのだが、生で見ると、驚くほどアステアに似ている。とくに顔がにゅっと長いところ(失礼)と、そのひょろっとした長身が。こんなに似ている人を主役に選んだら、いやおうなしにアステアと比べられてしまう。いいのかなぁ…と心配するのもつかの間で、体重を感じさせない軽やかさ、回転の速いステップ、跳躍力、どれを取ってもアステアのようでアステアではない彼ならではのダンスがあっという間に立ち上がってくる。

 

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

 

アステアの、まるで羽が生えて、空を舞う天馬のようなステップを彷彿とさせながらも、バーキット自身の品の良さと個性もにじみ出る。アステアが天馬なら、バーキットはさしずめ白鷺といったところ。模倣で終わらないのは、バーキットのうまさと、アステアのスタイルを取り入れつつも、新しい振付を考え、ローレンス・オリヴィエ賞で最優秀振付賞を獲得した振付家・ビル・ディーマーの手腕だといえよう。とくに、アステアとは一線を画する黒人スタイルのタップ(地面に半円を描くように足を交互にスライドさせる)の技を所々に取り入れていたのには驚いた。

 

アフリカ系アメリカ人の香りを漂わせるビル・ディーマーの振付

 

「トップハット」のパンフレットによると、ディーマーはアフリカ系アメリカ人のタップの香りを漂わせるため、ニューヨークのハーレム劇場でリサーチを重ねたという。そんなダンスを軽々とこなすから、改めて、英国のキャストの層の厚さを感じる。昨年、日本で上演された、アダム・クーパー主演の「SINGIN’IN THE RAIN ー雨に唄えばー」も同じだが、オリジナルを崩さず、新しいスタイルを確立させる欧米人の手法に感嘆させられるばかりだ。これなら、往年の映画ファンも舞台ファンも両方満足できると思う。

 

ジェリーはリッチな英国人プロデューサーのホレスと、ロンドンのウエストエンドの高級ホテルに滞在する。自称「タップ病」のジェリーは、気が乗ったあまり、ホテルの部屋でついタップを踏んでしまう。映画ではこのシーンでアステアが「ノー・ストリングス(アイム・ファンシー・フリー)」を歌い、初めてタップを踏んで本領を発揮する名場面だ。ダンスのせいで、同じホテルの真下の部屋に泊まっている、モデルのデイルを起こしてしまい、物語のヒーローとヒロインが出会う場でもある。

 

 TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

 

ジェリーの「動」と、繊細な「静」の部分を同時に見せる

 

映画ではそのまま、アステアがジンジャー・ロジャース演じるデイルの部屋の上で踊るのだが、今作では舞台前方横でジェリー役のバーキットが踊り、奥の廻り舞台になったセットでは、デイルが眠る部屋の真上で、影の部分であるもう一人のジェリー(黒い服を着た違う役者)が踊るという、二重構造になっていた。光と影を演じる二人は、ダンスの手や足の動きもピッタリだ。ひたすらお茶目な性格のジェリーの「動」と、繊細な「静」の部分を同時に見せることで、名場面により深みをもたせている。うるさくて眠れないと文句を言いにジェリーの部屋を訪れたデイルの前で、さらに、ジェリーが、帽子掛けを人間に見立ててコンビを組んで踊ったり、メイドたちと4人でタップを踏んだりと、映画版にはない演出が楽しさを増す。これには唸らされた。

 

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

 

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

 

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

TOP HAT 公演より=撮影:花井智子

 

※この公演評のこれ以降の部分(テキストのみ)は、アイデアニュース有料会員(月額300円)限定コンテンツとなります。

 

<アイデアニュース有料会員向けコンテンツ>

 

シルクハットにタキシードを着こなした女性の群舞も登場

 

往年のハリウッド映画らしい、恋のドタバタ劇

 

カーテンコールでは通路でタップ、振動がズンズンと伝わってくる

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    

<公演案内>(この公演は終了しています)
「ミュージカル『TOP HAT』<来日公演>」
【東京公演】2015/9/30(水)~10/12(月・祝) 東急シアターオーブ
【大阪公演】2015/10/16 (金)~25 (日) 梅田芸術劇場 メインホール

 

 

<筆者プロフィール>米満ゆうこ(よねみつ・ゆうこ) 大阪府出身。「アート」をテーマに国内外の舞台を中心に取材・執筆をしている。ブロードウェイの観劇は長期にわたり、脚本家や演出家、俳優たちに現地でも取材。作品を追っかけたり、芸術家にインタビューしたりすることが、原動力であり、救いにもなっていると最近、実感する日々。

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.