世界一の光のツリーに響く天使の歌声、「LIBERA」忍久保太一くんにインタビュー | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

世界一の光のツリーに響く天使の歌声、「LIBERA」忍久保太一くんにインタビュー

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年12月23日

 

2015年12月20日(日)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の「世界一の光のツリー」の横で、英国のボーイソプラノユニット・「LIBERA(リベラ)」のエンジェル・ヴォイスが響き渡る一夜限りのコンサートが行われました。本番直前、リベラ初の日本人メンバー忍久保太一(しのくぼたいち)くん(9 歳)のお話も聞けましたので、そちらも合わせてレポートいたします。

 

今年も11月に登場して「人工クリスマスツリーに飾られた電飾の最多数」としてギネス世界記録に認定されたUSJのクリスマスツリーは、この日のコンサートに合わせて16万球のLEDが追加され、53万4280球でギネス世界記録を更新し、世界最高のクリスマスツリーの輝きをさらに増しました。その光に照らされながら、“世界一はかなく美しい歌声”を持つリベラが、コンサートを行いました。リベラが野外で歌うのは珍しく、この素晴らしい舞台でエンジェル・ヴォイスを堪能できるのは、本当に貴重な機会でした。

 

 

「LIBERA Christmas Concert in Universal Studios Japan」より=撮影・橋本正人

「LIBERA Christmas Concert in Universal Studios Japan」より=撮影・橋本正人

 

「LIBERA Christmas Concert in Universal Studios Japan」より=撮影・橋本正人

「LIBERA Christmas Concert in Universal Studios Japan」より=撮影・橋本正人

 

リベラのメンバーは、英国・南ロンドン在住の 7 歳から 18 歳の、厳しいオーディションで選ばれた少年たち。日本人の両親を持つ忍久保太一くんは、コンサートの舞台でリベラの挨拶を通訳をしたり、日本での滞在中、メンバーの食事の注文を手助けしたり、まだ9歳ながらリベラの一員として立派に役割を果たしています。奇跡のコンサートの直前に太一君に話を聞かせてもらいました。ロンドン生まれの太一君、「日本語で話すのが好き」、ということでインタビューは日本語でおこないました。

 

インタビューに答える忍久保太一くん=撮影・橋本正人

インタビューに答える忍久保太一くん=撮影・橋本正人

 

--太一君は、どうしてリベラに入ることになったの?もともと音楽が好きだったのかな?

 

学校では、歌のコンサートとかよくあって、僕たちも歌う練習とかしてたの。コンサートしようって言った人がリベラのメンバーだったのね。リベラはいいよって先生が言って、僕もラララララララ~ってしたりして。

 

--オーディションしたのね?

 

うん。そしたらリベラに行けるってことになったの。

 

--リベラに入れるって言われたときはどんな気持ちだった?

 

僕は、あんまりどんな音楽やってるのか知らなかったの。

 

--リベラ、知らなかったんだ。

 

あんまり、知らなかった。でも、先生が、いろんな国に行きますって言ってたから、行きたいなあって思ったよ。

 

--今までどんな国に行ったのかな?日本には夏にも来たでしょう?

 

アメリカに行った。イギリスのいろんなところに行ったよ。

 

--クリスマスのコンサート直前だけど、どうですか?どんな気持ちか聞かせてくれる?

 

みんなの前で通訳するから、変なこと言っちゃったらどうしようって心配。スピーチの方が歌よりめちゃくちゃ緊張してます。

 

2015年8月5日、USJで行われた真夏のクリスマスコンサートでも、リベラのメンバーとして来日し、ステージで通訳もつとめた太一君は、「英語を話す人が多いと日本語の方が楽で、日本語を話す人が多いと英語の方が楽」と話してくれました。リベラのメンバーとは英語で話し、家族や日本人のスタッフとは日本語。バイリンガルであることの大変さをそんな風に表現したのだと思いますが、利発で、何を聞いてもちゃんと答えてくれる太一君。音楽も英語も日本語も、今まさに勉強中の伸び盛りなのだと感じました。

 

インタビューに答える忍久保太一くん=撮影・橋本正人

インタビューに答える忍久保太一くん=撮影・橋本正人

 

--リベラに入って一番良かったことって何ですか?

 

コンサートで歌ったら、いろんな人から「太一、よかったですね」ってFacebookのリベラのページでたくさん言ってもらったりして注目されたの。それが一番嬉しかった。日本のファンの人も、さっきね、ジェットコースターに乗ってたら「たいち~たいち~」って。

 

--すごいね、みんな太一君のこと知ってて、声をかけてくれたんですね。今日はリベラのコンサートがあるからファンの人がたくさん来ていると思います。「たいち~」って呼ばれてどんな気分だった?

 

「やった~!」って。みんなに手を振ったよ。

 

--これからリベラのメンバーとしてやりたいことはありますか?

 

僕は、フィリピンに行ってみたい。モスクワにも行きたいし、いろんな国に行ってみたい。

 

各国にリベラのファンがいますが、フィリピンも日本と並んで熱心なファンが多い国。リベラも数回訪比していますが、太一君はまだ行ったことがないそうです。どうしてフィリピンに行きたいのかと聞くと、「暑いから、かき氷食べられるかなって。僕、夏が一番好きなの」とのこと。筆者も大好きな国、フィリピン。かき氷は向こうでは「ハロハロ」という呼び方で、とても美味しいからぜひ試してねと伝えておきました。

 

リベラの曲の中では、今夜披露するオリジナル曲「天使のくれた奇跡(Angel)」が一番好きと答えた太一君は、クラシック音楽や、綺麗な旋律の曲をこれから歌っていきたいそうです。将来何になりたいですか?という問いには、「まだ分からない」というまだ9歳の太一君。まだまだ長い時間、太一君の歌声と通訳を楽しめるのは、リベラファンにとっては嬉しい限りです。

 

ノンアルコールの「バタービール」で乾杯する忍久保太一くんたち=撮影・橋本正人

ノンアルコールの「バタービール」で乾杯する忍久保太一くんたち=撮影・橋本正人

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと LIBERA は、2011 年から毎年クリスマスイベントでコラボレーションしてきました。今年のUSJのクリスマス・ショーは、『天使のくれた奇跡Ⅲ ~The Voice of an Angel~』、こちらもギネス記録のクリスマスツリーに負けない世界最高の栄誉に輝いています。テーマパークや常設アミューズメント施設の国際業界団体IAAPA(International Association of Amusement Parks and Attraction、本部:米国バージニア州)が主催する第20回ティア・アワード(THEA Award)のライブショー部門「アウトスタンディング・アチーブメント賞」を受賞したクリスマス・ショーのクライマックスには、このショーのために書き下ろされた楽曲「天使のくれた奇跡」が使われています。太一君が一番好きと言っていたのがこの曲というわけです。

 

午後5時半からクリスマス・ショー『天使のくれた奇跡Ⅲ 』が上演されました。今年のショーのテーマは「家族の愛」。美しい歌声、見事なプロジェクションマッピング、天使たちが空を舞う仕掛けなどで圧倒的なパフォーマンスを堪能しました。

 

 

クリスマス・ナイト・ショー「天使のくれた奇跡Ⅲ ~The Voice of an Angel~」より=撮影・橋本正人

クリスマス・ナイト・ショー「天使のくれた奇跡Ⅲ ~The Voice of an Angel~」より=撮影・橋本正人

 

クリスマス・ナイト・ショー「天使のくれた奇跡Ⅲ ~The Voice of an Angel~」より=撮影・橋本正人

クリスマス・ナイト・ショー「天使のくれた奇跡Ⅲ ~The Voice of an Angel~」より=撮影・橋本正人

 

そしていよいよ、6時10分からリベラの一夜限りのコンサートが開演。Joy to the World (もろびとこぞりて) 、 Carol of the Bells (キャロル・オブ・ザ・ベル)、 Sanctus (サンクトゥス)、Song of Life (生命(いのち)の奇跡) 、 Angel (天使のくれた奇跡)の5曲が披露されました。途中、「歌よりも緊張している」と太一君が言っていたスピーチもとてもうまくいきました。「イギリスでは今、ラグビーのワールドカップのおかげで日本が人気で有名です。今日はそんな日本に やって来れて、皆さんの前で歌うことができて、とても うれしい」と太一君が通訳すると、温かい拍手が送られていました。

※この記事には有料会員向け部分は、ありません。

 

<公演案内>
【天使のくれた奇跡Ⅲ ~The Voice of an Angel~】2015年11月13日(金)~2016年1月6日(水) スケジュールはこちらでご確認ください⇒http://www.usj.co.jp/svw/cwc?method=displayParkScheduleList
【LIBERA Christmas Concert in Universal Studios Japan】2015年12月20日(日)(この公演は終了しています)

 

 

<プレゼント>

 

「LIBERA Photo Book」表紙

「LIBERA Photo Book」表紙

 

2015年12月24日に発売される「LIBERA Photo Book」(定価4,320円)を、抽選で1名の方にプレゼントします。どなたでもご応募いただけますが、お名前などの登録が必要です(無料)。応募の締め切りは12月31日。このプレゼントの募集は終了しました。ご応募くださったみなさま、ありがとうございました。

 

——————– 

アイデアニュースは、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、企業広告を一切掲載せず、記事のようでじつは企業からお金をもらっている「タイアップ記事」も掲載せず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、「全文閲覧権」(月額300円、初月無料)を購入すると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになります。良質な取材活動を続けるため、どうかご協力をお願いいたします。全文閲覧権購入の検討は、こちら ⇒https://ideanews.jp/archives/2387

 

——————–

 

<読者の声>(プレゼント応募時のメッセージより)

 

リベラの大阪公演に家族で行きました。エンジェルボイスに癒やされ、今もとても余韻が残っています。公演当日にCDを何枚か購入して、フォトブックまで手が届きませんでしたが、やはりすごく欲しいです! もっとリベラのことを知りたくなりました。(にしゃ)

 

太一くんのかわいらしいインタビューが読めてよかったです! リベラのコンサートにも今回の来日で始めて行きました。通訳バッチリできていましたよ!! 今後の成長にも期待しています。インタビューしてくださったアイディアニュースさんに感謝です。

 

Libera大好きなのでこの記事をよませてもらいました! 次の来日の時にもぜひお願いします。

 

 

<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.