ピュリッツァー賞受賞の舞台「DISGRACED/ディスグレイスト −恥辱」、9月に日本初上演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

ピュリッツァー賞受賞の舞台「DISGRACED/ディスグレイスト −恥辱」、9月に日本初上演

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年5月12日

 

2013 年にピュリッツァー賞(戯曲部門)を受賞し、2015年にはトニー賞ベストプレイ賞にノミネートされた話題の舞台「DISGRACED/ディスグレイスト −恥辱」が2016年9月、日本で初上演されます。異なる背景をもつ5人の会話から露呈される「人間の本質」を描いたこの作品。新しいビジュアルと出演者のコメントが5月12日午後6時に解禁されましたので、紹介します。

 

「DISGRACED/ディスグレイスト −恥辱」の新しいビジュアル

「DISGRACED/ディスグレイスト −恥辱」の新しいビジュアル

 

ニューヨークの高級アパートメントに暮らすアミール(小日向文世)はパキスタン系アメリカ人。企業専門の弁護士事務所に所属する優秀な弁護士だ。妻のエミリー(秋山菜津子)は白人の画家。ある日、アミールの甥エイブ(平埜生成)が訪ねてくる。エイブはアミールに、自分たちの指導者が逮捕されたので助けてほしいと訴えに来たのだ。拒否するアミール、だが妻のエミリーは助けるべきだと主張する。結局、審問に立ち合い、人生の歯車が狂いだす。ある夜アミールと同じ事務所で働く黒人弁護士ジョリー(小島聖)と、その夫でホイットニー美術館のキュレーター、ユダヤ人のアイザック(安田顕)が訪ねてくる。画家でもあるエミリーの作品がホイットニー美術館に展示されるお祝いのホームパーティだった。誰もが、成功を掴んだと思っていた、しかし、最後に掴んだものは…というストーリー。

 

出演者は、舞台「国民の映画」で第19回読売演劇大賞最優秀男優賞を、映画「アウトレイジビヨンド」で第86回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞を受賞している小日向文世(こひなた・ふみよ)。「タンゴ・冬の終わりに」で第14回読売演劇大賞優秀女優賞、「きらめく星座」で第22 回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞している秋山菜津子(あきやま・なつこ)。演劇ユニット「TEAM NACS」メンバーで、舞台「日の本一の大悪党」などに出演している安田顕(やすだ・けん)。映画「あつもの」で第54回毎日映画コンクール女優助演賞を受賞している小島聖(こじま・ひじり)。劇団プレステージのメンバーで、舞台「オーファンズ」などに出演している平埜生成(ひらの・きなり)。

 

◆出演者よりコメント

 

■小日向文世コメント
『現代アメリカの人種・宗教問題をテーマにした作品です。それを日本人の俳優たちがどう演じるか、非常に大きな壁が立ち塞がっている気がします。緊張していますし、非常に困難な作品になると思いますが、演出の栗山民也さんにどう料理していただけるか期待もしています。非常に濃密な舞台になると思います。』

 

■秋山菜津子コメント
『ピューリッツァー賞を受賞された、素晴らしい作品を演じることはプレッシャーでもあります。民族的なこと、社会的背景が鋭く浮き彫りになっている作品なので演じるのは難しいですが、素晴らしい共演者の皆さんと、演出家の栗山民也さんの下で作り上げていきたいと思っています。とても衝撃的な舞台になると思います。』

 

■安田顕コメント
『色々な感情の機微が、剥き出し、あらわになっていき、人間のみせたくない「恥」の部分がみえてくる物語です。同じ北海道出身の大先輩小日向さんをはじめ、共演者の皆さんとは今回始めて舞台でご一緒させていただきます。新しいご縁をいただけたと感謝しております。』

 

■小島聖コメント
『皆さん共演が始めてなのでとても楽しみにしています。まだまだ未知数でどのような舞台になるのかわからないことばかりですが、劇場で私たち5人がどのようなバトルを繰り広げるのか、楽しみにしてください。』

 

■平埜生成コメント
『栗山さんの作品を観させていただいては、いつも感銘をうけていました。演劇界を支える栗山さんのもとでお芝居ができること、直に演出をつけていただけることが本当に嬉しく、光栄に思っております。逆に怖い気持ちもありますが、精一杯若さをぶつけられたらいいなと思っております。世界で色々なことがおこっている今、日本で日本人が外国の方を演じ宗教について演じ考えることの大切さを大事に演じていきたいです。』

 

<公演情報>
「DISGRACED/ディスグレイスト −恥辱」
作:アヤド・アフタル 訳:小田島恒志・小田島則子 演出:栗山民也
出演:小日向文世、秋山菜津子、安田顕、小島聖、平埜生成
【東京公演】2016年9月10日(土)~25(日) 世田谷パブリックシアター ⇒詳しくはここをクリック
【名古屋公演】2016年9月27日(火) 日本特殊陶業市民会館 ⇒詳しくはここをクリック
【兵庫公演】2016年9月30日(金)~10月2日(日) 兵庫芸術文化センター ⇒詳しくはここをクリック

 

 

<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.