富山市「ふるさと納税」、ミュージカルやコンサート・美術などを選んで応援 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

富山市「ふるさと納税」、ミュージカルやコンサート・美術などを選んで応援

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年4月23日

 

名作ミュージカル上演シリーズ

名作ミュージカル上演シリーズ

 

富山市民文化事業団の活動を通して、「富山生まれ」のミュージカルを創り上げて上演してきた富山市は2015年4月22日、 「ふるさと納税」で応援したい項目を選んで寄付できる仕組みを導入したことをプレスリリースで発表しました。

 

富山市民文化事業団は、一流の演出・振付家を招き、プロ・アマを問わず公募で選抜された出演者と、演奏者やスタッフとして舞台を支える市民の皆さんと共に、可動式3面半舞台を有するオーバード・ホールにおいて、ダイナミックな演出の「富山生まれ」のミュージカル「オーバード・ホール名作ミュージカル上演シリーズ」を創り上げ、上演してきました。

 

平成27年(2015年)度は、11月12日(木)から15日(日)まで、名作ミュージカル上演シリーズ第6弾として「ミー&マイガール」を上演する予定です。 「ふるさと納税」では、特典として、この「ミー&マイガール」の招待券を寄附金額に応じて贈呈します。

 

また、富山市の「ふるさと納税」では、平成27年4月から寄附される皆様の意思を尊重し、応援されたい項目を選択して寄附することができるようになりました。次の5つから1つ選ぶことができます。

 

(1)オーバード・ホール名作ミュージカル上演シリーズ等の開催の充実
平成27年度開催予定のオーバード・ホール名作ミュージカル上演シリーズ第6弾「ミー&マイガール」や、その後のミュージカル開催の充実を図ります。

 

名作ミュージカル上演シリーズ

名作ミュージカル上演シリーズ

 

(2)優れた芸術文化に親しむ機会の充実
市民文化事業団が実施するオペラやコンサートなど様々なジャンルの事業への支援を通して、優れた芸術文化の鑑賞機会や創作活動の場の充実を図ります。

 

コンサート

コンサート

 

桐朋アカデミーオーケストラ チラシ

桐朋アカデミーオーケストラ チラシ

 

(3)地域芸術文化活動拠点の充実
芸術文化ホール「オーバード・ホール」や市民の芸術文化活動の創作練習専用施設「市民芸術創造センター」、伝統芸術の振興普及を図る「富山能楽堂」などの管理運営・施設整備の充実を図ります。

 

市民芸術創造センター

市民芸術創造センター

 

(4)ガラス美術館の展示の充実
国内外の優れた現代ガラス美術作品を中心に多様な美術表現を紹介することを目的に、平成27年8月22日に開館する富山市ガラス美術館の展示内容の充実を図ります。

 

TOYAMAキラリ

TOYAMAキラリ

 

(5)その他の文化事業全般の振興に係る事業の充実

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.