坂本龍馬の羅針盤を巡る舞台『龍の羅針盤』大阪公演に、有料会員若干名を先着順ご招待 | アイデアニュース
Arrow
Arrow
Slider

坂本龍馬の羅針盤を巡る舞台『龍の羅針盤』大阪公演に、有料会員若干名を先着順ご招待

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2017年2月2日

 

坂本龍馬が遺した5つの羅針盤を巡る物語の舞台、ブルーシャトルプロデュース『龍の羅針盤』の第二部「維新回天篇」(企画・製作 ブルーシャトル、主催 劇団ひまわり)が、2017年2月2日から大阪と東京で上演されます。この公演のうち、大阪「ナレッジシアター」での2月3日以降の舞台に、アイデアニュース有料会員の若干名様を先着順で、無料ご招待します。有料会員の方がログインすると招待公演の日時がこの記事の末尾に表示されますので、お好きな公演の日時を選んでお申込みください。ご招待は1人1回公演(2枚まで)に限らせていただきます。

 

ブルーシャトルプロデュース『龍の羅針盤』ホームページより

ブルーシャトルプロデュース『龍の羅針盤』ホームページより

 

<ブルーシャトルプロデュース『龍の羅針盤』 第二部「維新回天篇」>
【大阪公演】2017年2月2日(木)~2月6日(月) グランフロント大阪北館4階「ナレッジシアター」(こちらの2月3日以降の回が招待公演となります)
【東京公演】2017年2月16日(木)~2月20日(月) CBGKシブゲキ!!
公式ページ http://www.blue-shuttle.com/bsp07/

 

会場の「ナレッジシアター」は、JR大阪駅に直結した「グランフロント」内にある約380席の劇場です。
http://www.kc-space.jp/theater/

 

 

こちらは公式ページに掲載されている動画です。

 

 

 

<ストーリー>

 

坂本龍馬が遺した、5つの羅針盤を巡る冒険。幕末から明治へ、武士が刀を捨てるまでの物語。明治十年、西南戦争始まる。新政府に反旗を翻したのは、薩摩藩を中心とする士族達だが次第に追い込まれ熊本・田原坂にて西郷隆盛は最後の刻を覚悟する。永く続いた武士の時代は、間も無く終焉を迎えようとしていた。薩摩藩士・村田新八は、かの男に託された羅針盤を見つめる。坂本龍馬。彼が夢見た未来の国とは。その命を断ったのは果たして誰なのか。龍馬とはいったい何者だったのか。羅針盤を手にした者たちが語る、坂本龍馬の五つの曳き波。時は幕末。池田屋から薩長同盟、そして大政奉還。時代は回天する。東へ西へ、龍馬は船を走らせた。海に沈んだ龍馬の真実を全力疾走で追い求める。BSP最新作。

 

キャスト=『龍の羅針盤』ホームページより

キャスト=『龍の羅針盤』ホームページより

 

 

この舞台をプロデュースしている「ブルーシャトル」は、劇団ひまわりのプロダクション部門で、俳優・タレントのマネージメントや育成と、舞台のプロデュース公演を手がけている会社です。坂本龍馬役の松田岳さんは、「仮面ライダー鎧武」(ザック/仮面ライダーナックル役)などのテレビ番組に出演しているほか、舞台では2011年に佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ喜歌劇「こうもり」にバーテンダー役で登場、2012年に『ミュージカル 忍たま乱太郎』に潮江文次郎役で出演、さらに2016年にはミュージカル『「薄桜鬼」新選組奇譚』でメインの土方歳三役をつとめるなど活躍している兵庫出身の24歳です。松田岳さんのプロフィールは⇒こちら

 

<出演者>
松田 岳・田渕法明・梅林亮太・田中尚輝・石田直也・青木 威・
鐘ヶ江洸・山本誠大・黒田陽介・池之上頼嗣・中内天摩・新 正俊・藤田恭平
澤田 誠/山本健史/土倉有貴

 

<チケット> S席 7,000円/A席 6,000円/B席 5,000円

 

アイデアニュース有料会員がログインすると、この記事の末尾に、公演ご招待ページへのリンクが出てきますので、そちらからご希望の公演の日時を選んで、お申込み(0円で購入)してください。日時や枚数は選べますが、お席位置や席種は選べません。お申込みは、1人1回の公演分とさせていただきます(1回公演で1人2枚まで)。申し込むとメールが届きますので、内容をお確かめのうえ、当日、開演60分前から10分前までにナレッジシアターでチケットを受け取ってください。アイデアニュース有料会員ご招待枠が定員に達した日時の公演は、申し込みボタンが表示されなくなる仕組みになっており、ご招待枠が定員に達し次第、終了します。

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭は一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、優待チケット購入などのサービスを利用できるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に数回発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年4月掲載分
■ 2017年3月掲載分
■ 2017年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
該当する投稿は見つかりませんでした。