辺野古の文子おばぁ「戦争だけは絶対にやってはならない」、参議院議員会館で語る  | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

辺野古の文子おばぁ「戦争だけは絶対にやってはならない」、参議院議員会館で語る 

筆者: 松中みどり 更新日: 2017年8月26日

 

2017年8月17日、「辺野古の“文子おばぁ”がやってくる!島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい」が、東京・永田町の参議院議員会館講堂でおこなわれました。市民の団体による実行委員会が主催。平日午後の日程にもかかわらず、500名を越える人たちが駆けつけました。全国にもファンが多い文子おばぁこと島袋文子さんは、名護市辺野古に長く住み、新基地建設反対を貫いている沖縄戦体験者。文子おばぁが初めて東京で話をするというので、これだけの人が集まったのです。筆者も当日兵庫県から参加、熱気あふれる会場で、「戦争だけは絶対にやってはならない、安倍(首相)の甘い言葉に騙されてはダメ」という文子おばぁの言葉を受け止めました。

 

2017年8月17日 参議院議員会館講堂で語る島袋文子さん=撮影・松中みどり

2017年8月17日 参議院議員会館講堂で語る島袋文子さん=撮影・松中みどり

 

体調の心配もある88歳の文子さんが、沖縄から駆けつけた永田町。近くに国会議事堂や首相官邸の立ち並ぶ場所で、文子おばぁは誰に一番話をしたかったのでしょうか? 会場に集まった私たちのそんな思いに呼応するように、文子さんと一緒に登壇した映画監督の三上智恵さんがまず聞きました。「一番、誰に会って何を言いたかったんですか?」

 

「それは決まってるんじゃないですか。私は安倍晋三(首相)に会いたいです。口では美しい日本とか、国民の命や財産を守ると言いますが、やってることは反対。戦争が出来る国を作りだそうとしてる。私たちは戦争の時、自分の親や兄弟も救いきれなかったんです。あの火の海の中で、どういうふうに国民の命を守ることが出来るんですか!」

 

「私は70年前に一度は死んだ人間です。アメリカの肩をもつのではないですが、もし日本軍が戦争に勝っていたら、怪我でウジ虫の湧いてる人間を生かしてはくれてなかったと思います。アメリカが勝ったからこそ、野戦病院に連れて行って生かしてくれた。命の恩人はアメリカ。アメリカに助けられたのはありがたい。でも戦争をやったのは憎い」

 

文子さんは、戦争中、死体が浮かんだ泥水を飲んで生き延びた体験を持っています。辺野古で座り込みをしていた時、機動隊員に右手の小指を引きはがされ、5針も縫う怪我を負ったこともあります。文子さんは戦争と、今の米軍基地の問題の両方を知る語り手、象徴的な存在なのです。

 

2017年8月17日 参議院議員会館講堂で語る島袋文子さん 隣は三上智恵監督 =撮影・松中みどり

2017年8月17日 参議院議員会館講堂で語る島袋文子さん 隣は三上智恵監督=撮影・松中みどり

 

「安倍晋三(首相)に、そんなに戦争のできる国にしたいんだったら、死んだ人間の血の泥水を飲んでからやれと、それだけは言いたい。本土の皆さん、どこの国にも基地をおいてはいけないです。基地があるゆえに戦争がおきるんですから」

 

独り暮らしをしている文子さんですが、辺野古や高江の闘いを通して弟、妹が出来たと語りました。そして、東京で話をしたこの日、こんな風にも話されました。

 

「東京に来て、皆さんをきょうだいとして迎えられるのは、本当に生きていてよかったねと私は思います」

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、島袋文子さんのお話の後半部分と、文子さんも絵の中に登場する絵本「だれのこどもも殺させない」を紹介しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■私は戦争体験者。母と弟を連れて逃げ回って、人間の浮かんでいる池から水を飲んだ

 

■日本軍が助けてくれると信じていた。でも日本軍は住民を助けもしないで、殺した

 

■戦争をやってはいけない。ですから命をかけてゲート前に座ってる、面白半分じゃない

 

■本土の方、もっと戦争とはどんなものかを、辺野古に来て、見て、わかってほしい

 

■戦車の前に、スクッと立つ文子おばぁの姿も。絵本「だれのこどももころさせない」

 

 

<関連ページ>
◆『辺野古の“文子おばぁ”がやってくる!島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい』 Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/147322312511554/?active_tab=about
◆毎日新聞映像グル―プ 首相官邸前で語る島袋文子さん
https://mainichi.jp/movie/video/?id=120194206
◆安保関連法に反対するママの会 Facebookページ
https://www.facebook.com/mothers.no.war/

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.