川井郁子、「第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサート 2018」の魅力を語る(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

川井郁子、「第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサート 2018」の魅力を語る(上)

筆者: 米満ゆうこ 更新日: 2018年5月3日

 

クラシック音楽にあまりなじみがない人でも、耳にすることが多いと思われるストラディヴァリウス。それは、イタリア・クレモナの名工アントニオ・ストラディヴァリが17世紀から18世紀にかけて作り出した世界最高峰とうたわれる弦楽器の総称だ。今回、このストラディヴァリウスのみを集めて、ベルリン・フィルの名手13人が奏でる「第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサート 2018」が、2018年5月26日(土)から全国各地で開かれる。長年ストラディヴァリウスを愛用しているヴァイオリニストの川井郁子さんに、楽器やコンサートの魅力、川井さん自身の活動について、大阪で話を聞いた。このコンサートは、大阪では2018年5月31日(木)にフェスティバルホールで開催される。

 

川井郁子さん=撮影・米満ゆうこ

川井郁子さん=撮影・米満ゆうこ

 

 

■色んな形容詞が当てはまる全てを備えた楽器

 

――「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」は今年で12回目を迎え、今回は7台のヴァイオリン、2台のヴィオラ、2台のチェロのストラディヴァリウス11台が集まるそうです。

 

すごく密度の高いストラディヴァリウスが11台も揃ったら、オーケストラに負けない迫力や、音色のバリエーションが楽しめると思います。ストラディヴァリウスの音色の良さが一番生きる編成ではないでしょうか。ベルリン・フィルの皆さんは、弾き方が朗々としていて、弦楽器を鳴らしきる。そういう響きが特徴なんです。「ストラド」のダイナミックな音色が聴けると思います。

 

――私も含めてヴァイオリンを弾いたことがない人は、「ストラディヴァリウス」というネームバリューだけで、すごさを感じてしまいがちです。ほかのヴァイオリンと比べるとどう違うのでしょう。

 

生で聴くと、身体に響いてくる音の肌触りが違うと分かると思います。すごくきめ細かいんですよ。シルクのようで、きらびやかでいて、滑らかな音色なんです。ほかにも名器はたくさんありますが、ほかの楽器は「甘い音色」「パワフルな音色」など形容詞が偏るんです。ストラドは全部を備えている。色んな形容詞が当てはまる楽器だと思います。

 

――全部備えているとはすごいですね。

 

音色もダイナミックかつ繊細です。なかなか全部揃った楽器はないんですよ。

 

――例えば、ストラドは現代音楽は適さないとか、奏でる曲のジャンルはいかがでしょう。

 

ストラドは音色が多様ですし、弾く曲によって色んな顔を出してくれる。名器だからこそですね。私もアルゼンチンタンゴやジプシー音楽、和楽器が大好きですけれど、すごく違う音色をドンドンと出してくれる。今でも常に楽器に発見があって、奏者にとっては頼もしいパートナーですね。

 

――川井さんご自身も大阪芸大から貸与されている1715年製のストラディヴァリウスを使用されています。何年ぐらい使われていますか。

 

もう10年ぐらいですね。

 

――最初、手にしたときはどんな感じでしたか。

 

ストラドは手ごわいと聞いていて、まさにそんな感じでしたね。すぐに楽器本来の音色は出てくれなくて。手ごわかったですね。

 

――その手ごわさがなくなるまで、どのぐらい時間がかかりましたか。

 

皆さん、半年ぐらいかかるそうで、私もそのぐらいかかりました。自分では時間がかからないタイプだと思っていたんですが(笑)。

 

――その間、ステージで演奏するときは?

 

もちろん、ストラドを使いました。舞台でも弾いておかないと、楽器のことが分からないので。今は私の一番の理解者でいてくれて、私の声、分身みたいな存在になってきたなと思います。

 

 

 

※5月4日掲載予定のインタビュー「下」では、楽器やコンサートの魅力、川井さん自身の活動についてなどインタビューの後半の全文を掲載します。

 

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■楽器が持っている〝気〟を感じます

 

■楽器は生き続けているもの

 

■最初は難しくても、ある時に応えてくれる

 

■ストラディヴァリウスの多彩な魅力が味わえるプログラム

 

 

<第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサ-ト 2018>
【松山公演】2018年5月26日(土)松山市民会館大ホール
【福岡公演】2018年5月27日(日)福岡シンフォニーホール
【川越公演】2018年5月29日(火)ウェスタ川越 大ホール
【大阪公演】2018年5月31日(木)フェスティバルホール
【浜松公演】2018年6月1日(金)アクトシティ浜松 大ホール
【山口公演】2018年6月2日(土)山口市民会館大ホール
【島根公演】2018年6月3日(日)島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
【鹿児島公演】2018年6月5日(火)鹿児島市民文化ホール第一
【札幌公演】2018年6月6日(水)札幌コンサートホールKitara 大ホール
【名古屋公演】2018年6月7日(木)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
【東京公演】2018年6月8日(金)~6月10日(日)サントリーホール 大ホール

 

<公式サイト>
http://www.st-summit.com/

 

<関連リンク>
Ikuko Kawai Official Web Site http://www.ikukokawai.com/

 

川井郁子 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>米満ゆうこ(よねみつ・ゆうこ) 大阪府出身。「アート」をテーマに国内外の舞台を中心に取材・執筆をしている。ブロードウェイの観劇は長期にわたり、脚本家や演出家、俳優たちに現地でも取材。作品を追っかけたり、芸術家にインタビューしたりすることが、原動力であり、救いにもなっていると最近、実感する日々。

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.