普遍的なものが一個人の人生に全部詰まった舞台、宝塚月組『THE LAST PARTY』 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

普遍的なものが一個人の人生に全部詰まった舞台、宝塚月組『THE LAST PARTY』

筆者: 堀内優美 更新日: 2018年7月4日

 

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日」の大阪公演が、2018年6月30日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕しました。「華麗なるギャツビー」などで知られるスコット・フィッツジェラルドの小説のように、まさに「普遍的なものが一個人の人生の中に全部詰まった、ふとした時に、もう一度、観たくなる舞台」です。

 

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

 

 

この作品は、2004年に宙組・大和悠河(やまと・ゆうが)さん、月組・大空祐飛(おおぞら・ゆうひ)さん主演で2組連続で上演され、2006年には東京で再演された作品。12年の時を経て、月城かなと(つきしろ・かなと)さんの主演で甦りました。

 

主人公は1920年代にアメリカ文壇に華々しく登場した小説家、スコット・フィッツジェラルド(月城かなと)。第一次世界大戦後の好景気から世界恐慌までの“浮かれ騒いだ”「ジャズエイジ」の申し子として波乱の人生を送りながらも、夢と挫折の中で光を追い続け、「華麗なるギャツビー」などを筆頭にアメリカ文学に偉大な足跡を残しました。1940年12月21日、心臓発作のため死を迎えた彼。栄光に包まれた1920年代は過去の夢となり、経済的にも社会的にも不遇なまま突然訪れた最期でした。物語は、月城かなとさんが演じる2018年に生きる役者の「TSUKISHIRO」が、死を迎えるまでの2時間の中、これまでスコットを取り巻いてきた人々を蘇らせ、心情を追体験していく構成で上演されます。

 

月城かなとさんは、端正な顔立ちとブロンドの短髪でスコットを熱演。実在のスコットも端正な顔立ちで、現代にスコットが蘇ったのでは、と錯覚してしまうほど。伸びやかに響きわたる歌唱力、高音でありながらも渋めの声で発する滑舌の良い台詞が心地良く、一言一句はっきりと客席に響き渡っていました。タキシードやスーツが似合う気品が魅力的で、細かな仕草一つひとつも色気を帯びていました。貧しい少年時代のコンプレックスを糧に、偉大な作家になる夢と野心を抱き続けた強い意志、美しい妻ゼルダへの愛、友人でありライバルでもあるヘミングウェイとの確執の中で生まれた華やかさと苦悩、光と影を見事に演じており、月並みですが「カッコイイ!」と見とれてしまいます。

 

「MITSUKI」として、スコットの妻のゼルダ・フィッツジェラルドを演じた海乃美月(うみの・みつき)さんは、スコットの純粋な愛を一身に受けてきた「象徴」で、純白のドレスに身を包み、うっとりするほどの美しさを放っていました。高々と伸びる歌唱力、大きな瞳をくるくるさせながら全身で表現する表情は豊かで、当時のフラッパーガールとしての存在感を見事に演じていました。新婚時代のスコットとゼルダのラブシーンは息を飲むほど美しく、華麗なダンスがはじまった途端、思わず筆が止まりました。豪華絢爛なイメージとは裏腹に、夫を愛しすぎるがゆえのさみしさから浮気をしてしまい、やがて精神に異常をきたしてしまう切ない女心に、胸が締め付けられるような思いになりました。

 

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、レポートの全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出しと写真>

 

■戦場をくぐり抜けてきたヘミングウェイの逞しさと鋭さを見事に再現、暁千星さん

 

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

 

 

■ベレー帽に学生服、天真爛漫さと聡明さを表現したスコッティ役、菜々野ありさん

 

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

 

■風間柚乃さんが演じた文学を志す大学生は、フィッツジェラルド作品の読者の象徴

 

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

 

 

■原稿と妻との写真に薔薇をそっと……「ふとした時に、もう一度、観たくなる作品」

 

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇月組公演「Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日」より=撮影・橋本正人

 

 

<Musical『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日>
【東京公演】2018年6月14日(木)~ 6月20日(水) 日本青年館ホール(この公演は終了しています)
【大阪公演】2018年6月30日(土)~ 7月8日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

<関連ページ>
宝塚歌劇団の公式ページ
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/thelastparty/
梅田芸術劇場のページ
http://www.umegei.com/schedule/714/

 

 

宝塚 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>堀内優美(ほりうち・ゆみ) フリーライター。兵庫県出身。行政の広報・番組制作に携わった後、フリーアナウンサーに。女性ならではの繊細な感性で描くコラム、自身の経験を生かしたエンタテインメント分野の執筆・取材を得意とし、新聞・雑誌・WEBにて連載中。司会者、ナレーター、講師としても活動している。 ⇒堀内優美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.