「代役の方の手を握りすぎよと」、『アナスタシア』内海啓貴インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「代役の方の手を握りすぎよと」、『アナスタシア』内海啓貴インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年2月20日

 

【2020年4月8日、編集部追記】ミュージカル『アナスタシア』大阪公演につきましては、新型コロナウイルスに関する政府による緊急事態宣言の発令、及び地方自治体の自粛要請を受け、全公演中止されることが、4月8日に発表されました。中止によるご入場券の払戻しにつきましては公式サイトをご確認ください。
公式ページ 
https://www.anastasia-japan2020.jp/
 

 

日本初演のミュージカル『アナスタシア』が2020年3月9日(月)から3月28日(土)まで東急シアターオーブで(※3月13日(金)~3月19日(木)・3月28日(土)の公演は新型コロナウイルスの影響で中止となりました)、4月6日(月)から18日(土)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されます。ディミトリ役を演じる内海啓貴さんにインタビューしました(海宝直人さん、相葉裕樹さんとトリプルキャスト)。(上)は合同インタビュー、(下)はアイデアニュースの独自インタビューです。作品について、ご自身についてうかがいました。(この取材は昨年11月に行われた製作発表時に実施したものです)

 

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

 

 

ミュージカル『アナスタシア』は、2017年にブロードウェイで生まれたミュージカルの日本初演です。第70回アカデミー賞 歌曲賞、音楽賞にノミネートされたアニメ映画「アナスタシア」に着想を得て制作されました。1918年、帝政ロシア時代の最後の皇帝ロマノフ2世をはじめ一族が殺害されたというニュースがあふれる中、皇女アナスタシアだけは難を逃れて生き続けているという歴史上の謎「アナスタシア伝説」にもとづいた物語で、記憶を無くした主人公アーニャが、自分の過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路を描いた、大人から子供まで楽しめる愛と冒険に満ちた作品となっています。ブロードウェイ公演は、2017年3月にプレビュー公演を経て、4月24日に開幕。以降、2019年3月まで2年間にも及ぶロングラン上演となりました。ブロードウェイで高く評価された本作を、本国クリエイティブ・スタッフ&日本キャストで上演します。主演のアーニャ役は、葵わかなさんと木下晴香さんがダブルキャストで務めます。

 

 

――まず製作発表での感想はいかがですか?

 

初めての歌唱ありの製作発表でしたので、緊張が今まで3本指に入るなかのひとつです(苦笑)。これまで初日の記者会見はあったのですが、歌唱はありませんでした。でも、何が心強かったというと、海宝さんと相葉さんが隣にいてくださって、歌の途中に目を合わせたりできたこと。本来はソロ曲の「My Petersburg」ですが、製作発表だけの曲になったんじゃないかなと思います。

 

――おふたりと一緒に歌ってみていかがでしたか?

 

おふたりは「本当に緊張した」とおっしゃっていましたが、僕には憧れのおふたりだったので出番前は本当に緊張していたのですが、歌い始めたら楽しいなと思えて。3人でひとつの事を表現していることが、すごく嬉しくて楽しかったです。

 

――製作発表のための歌合わせで初めてお会いしたとのことですが、練習自体はどうでしたか?

 

練習は1時間あったのですが、最初は会ったこともなく、相手の歌を聞いたこともなく、とりあえずパート分けのところを歌ってみようかと言って、一発で綺麗にいったんです。「じゃあ終わりで」と言われて、3人が「いやいや! もうちょっと歌わせてください」と言って(笑)、そこから15分ぐらいであっという間に終わりました。

 

――それまでの練習は?

 

それまでの練習は個人でやっていました。僕はオーディションが遅くて7月だったんです。その時にこの「My Petersburg」と、アーニャと一緒に歌うデュエットソングの2曲をオーディションをしていたので、その頃から歌ってきた曲です。でも、歌詞が実は変わっているんですね。だから、もう頭がぐちゃぐちゃで(苦笑)。歌詞がちゃんと100%落としきれた状態での製作発表ではありませんでしたので、その緊張もあったと思います。

 

――オーディションの時のお話をもう少し伺いたいのですが。

 

僕は皆さんと違って、海外のクリエイティブスタッフの方がいないオーディションだったんです。僕は映像で海外に送るというオーディションでした。これまで沢山のオーディションを受けてきましたが、一番楽しかったですね。僕ひとりに対して1時間40分くらい使ってくださって、歌の代役の方も来てくださって、芝居の代役の方も来てくださって、全部やり終わった後にちゃんとダメ出しもくださった。「じゃあここをこうしてみて」ともう1回やって、そこをどんどんクリアしていくという形でした。これまでのオーディションは「ここがダメだったな、ここが出せなかったな」というのが多かったのですが、『アナスタシア』のオーディションに関しては、自分のできる事を全部出し切ったなと思えたんです。終わった後、初めて楽しかったなと思えた。もちろん受かりたい気持ちはありましたが、落ちても役者としてすごく充実した1時間40分だったなと思えました。

 

――やり切ったオーディションだったんですね。ダメ出しはどんな事だったのですか?

 

もちろん、台詞のディミトリらしさもありましたし、歌が多かったですね。ここのピッチをこうしてとか、音程が下がり気味だから次に直してとか。でも、本当に最初のほうは緊張していたんです。「My Petersburg」を歌う時に、アナスタシアの代役の方に、このサンクトペテルブルクを紹介する、この街で育ったんだと伝えながら歌ってくれと、それは自由芝居でやってくれと言われて、「わかりました」と。そうしたら、不安だったのか、半分以上、代役の方の手を握っていたんです(笑)。終わった後のダメ出しが「あなた、手を握りすぎよ」と(現場爆笑)。「ああ、ごめんなさい!」と、そこからスタートしました(笑)。「すみません、不安だったのでつい…」と。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク:沖山吾一
スタイリスト:Die-co★
衣装:ARCHETIPO(アルケティポ)/NOVARESE 銀座(ノバレーゼ 銀座)03-5524-1117

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ディミトリがどんな男の子だったと思っているかや、自分と共通する部分、共演者についてのお話などが出た合同インタビューの全文と写真を掲載しています。2月21日(金)掲載予定のインタビュー「下」には、アイデアニュースの独自インタビューとして伺った、幼いころの内海啓貴さんのことや、20歳のころに仕事から離れて戻ってきた過程について、転機になったと思うという『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』(2017年~2018年)出演について、自分の強みと思うことなどのお話の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■ディミトリも自分探し。僕は業界を一度辞めていて、ちょっと似ているかも

 

■トリプルキャストは、震えました。大好きな先輩と共演できる、同じ役で!

 

■落ち込んでいる時にひびく台詞や歌が、このミュージカルには必ずある

 

<『アナスタシア』>
【東京公演】2020年3月9日(月)~3月28日(土) 東急シアターオーブ
※3月13日(金)~3月19日(木)・3月28日(土)の公演は新型コロナウイルスの影響で中止となりました
【大阪公演】2020年4月6日(月)~ 4月18日(土) 梅田芸術劇場
※全公演中止となりました
公式サイト
https://www.anastasia-japan2020.jp/

 

<関連リンク>
内海啓貴_サンズエンタテインメント
http://www.suns.fm/akiyoshi-utsumi/
内海啓貴のオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/utsumi-akiyoshi/
内海啓貴 twitter
https://twitter.com/utsumi_akiyoshi

 

 

 

 

『アナスタシア』 関連記事:

⇒すべて見る

 

内海啓貴 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※内海啓貴さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月20日(金・祝)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.