「救いへの道をたどるような感覚で」、映画『ひとくず』上西雄大インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「救いへの道をたどるような感覚で」、映画『ひとくず』上西雄大インタビュー(上)

筆者: 伊藤 華織 更新日: 2020年3月21日

 

劇団「10ANTS(テンアンツ)」代表の上西雄大さんが監督・主演をつとめ、虐待する側・される側の双方を描いた映画『ひとくず』が、2020年3月14日(土)から渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開中です。映画『ひとくず』(英題『KANEMASA』)は、2019年11月の第6回ミラノ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞し上西雄大さんが主演男優賞を受賞したほか、2019年6月の第2回熱海国際映画祭2019では上西さんが最優秀監督賞を受賞し北村鞠を演じた小南希良梨さんが最優秀俳優賞を受賞。2019年5月の第7回ニース国際映画祭では上西さんが主演男優賞を受賞し古川藍さんが助演女優賞を受賞するなど、多くの賞を受賞しています。この映画で監督・脚本・編集・プロデューサー・主演をつとめた上西さんにインタビューし、この映画を作ろうとしてきっかけや、描きたかったもの、どのようにして撮影が進められたかなどについて伺いました。インタビューを4つに分けて、2日連続で4本の動画でご紹介します。(インタビュー・動画撮影:伊藤華織)

 

こちらは、映画内容や製作のきっかけなどについて伺った、上西雄大さんインタビュー動画「1」です。

 

 

 

<STORY>
生まれてからずっと虐待される日々が続く少女・鞠。食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に、自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。そして、鞠の母である凜の恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。虐待されつつも母親を愛する鞠。鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。金田は鞠を救うため虐待をする凜の恋人を殺してしまう。凜を力ずくで、母親にさせようとする金田。しかし、凜もまた、虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の温かさを感じ本物の「家族」へと近付いていくが…、

 

 

<ニュースリリースより>

 

実の父親が母親に手をあげるのを見て育った上西雄大監督が虐待する側・される側の双方を描く映画『ひとくず』。子供時代に母親の男から虐待されて育ち、夢も希望もなく暮らす男が空き巣に入った家で出会ったのは、同じく母親の男から虐待され、育児放棄されている小学生の女の子だった。初めて守るべきものができた男は、少女の母親も、親の愛を受けずに育ったと気づき…。

 

映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげているのを見て育った、「居場所のなさ」「弱者」を身をもって知っている監督・脚本・編集・プロデューサーの上西雄大が、30年以上児童相談所に勤務している児童精神科医師の楠部知子先生から「虐待してしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子供だけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいと制作した感動のエンターテイメント。

 

映画ライターの壬生智裕に、“監督・主演を務める上西雄大の存在感は、まるで『竜二』の金子正次のようであり、『息もできない』のヤン・イクチュンのようであり。つまりはそういう映画だ。”と評された本作。堀田眞三、飯島大介、田中要次、木下ほうからベテラン俳優が脇を固めており、シネフィル必見の1作となっている。

 

2月8日開幕のロンドン国際映画祭では、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀脚本賞、最優秀編集賞の5部門にノミネートされている本作は、3月14日(土)より公開の渋谷・ユーロスペースを皮切りに、3月28日(土)より名古屋・シネマスコーレ、4月17日(金)より大阪・テアトル梅田にてほか京都みなみ会館などで全国順次公開されることが決定している。

 

昨年6月に、国際的女優・映画監督の桃井かおりらが審査員を務めた熱海国際映画祭で最優秀俳優賞を受賞した、育児放棄される子供・鞠役の小南希良梨、昨年5月にニース国際映画祭で最優秀助演女優賞を受賞した、鞠を育児放棄する母親・凜役の古川藍、8月にマドリード国際映画祭で最優秀助演女優賞を受賞した、自分の恋人が息子に暴力を振るうことを黙認する主人公の母親・佳代役の徳竹未夏よりコメントが届いた。

 

 

<出演者コメント>

 

■鞠役:小南希良梨
鞠ちゃんという女の子は、いつも家の中で1人でいてさみしい思いをしている役なので、どんな気持ちで過ごしてたのかなと考えました。あとはその気持ちを表情で現せられるように心がけました。撮影現場では藍さんと出番がない時は色んなお話しをして楽しかったですし、上西監督は『ひとくず』のお話の中でも鞠に優しくしてくれる役ですが、撮影以外でも優しくて、たくさん話しかけてくれたり面白い事を言ったりしてくれて、撮影に行くのが楽しかったです。

 

■凜役:古川藍
育児放棄をする気持ち、我が子への愛情表現の仕方がわからない、駄目な男の側じゃないと不安になる…自分自身とかけ離れた凛を表現するのはとても難しかったです。凛の生きてきた世界を表せば表す程、ふと、こんな人が本当にいるのだろうか…と首を傾げる事が多かったです。難しい心の動きを表現する事を意識し、撮影に臨んでいました。初共演だった鞠役の小南希良梨ちゃんは、お芝居する事が楽しいと言っていて、その真っ直ぐな気持ちをそばで見ていて私もとても刺激を受けました。そして、主演、脚本、監督の上西さんにはこの『ひとくず』で凛役をさせて頂けた事をとても感謝しています。上西さんとは今までにも何作も共に映画を制作してきましたが、常に役者目線で難しい表現もわかりやすく伝えて下さり、カネマサと凛の芝居も丁寧に撮影してくださってリラックスした状態で挑む事が出来ました。上西さんがいなければ、『ひとくず』も生まれていないし、恵まれた環境でお芝居をする事が出来て幸せです。この作品は虐待という重たいテーマを取り扱っていますが、辛く悲しいだけじゃなく、『ひとくず』の世界の中で生きる人の様々なドラマを描いているので、クスっと笑える場面もありますし、親子の愛を感じる場面もあり、温かい気持ちになって頂けたら…またこの作品を観て今増えている虐待に少しでも何かを感じてもらえたら…と願っております。

 

■佳代役:徳竹未夏
カネマサを作り上げる基盤の一つになった母、金田佳代。只の酷い母親ということだけではなく、彼女もまた、無意識下で葛藤の様なものを持っていることが表現できるよう気をつけました。何度か出てくるタバコを吸うシーンは、普段タバコを吸わないので、鏡の前で違和感がなくなるまで、気持ちを乗せてタバコを吸う仕草を、練習しました。高校生になった匡郎(まさお)に殺人させてしまった時は、無意識下の葛藤に立ち向かえた所だと思います。だから、匡郎にとって、母親と感じられる一面になったのではないでしょうか。映画製作時、10ANTSメンバーは、役者とスタッフを兼任して制作をします。劇中に出てくる鞠と凛の部屋は、私の住まいなのですが、冒頭のゴミ屋敷を準備しているスタッフ(私を含め) に、鞠の生活を考えた上で、どんな風にゴミが散乱していくのかを考えて導線を作るよう指示がありました。今考えると、その行程は役者ならではな気もします。10ANTSは、監督が俳優であるお陰で、役者が演じやすい進め方になっているのではないかと感じます。お芝居に重点を置いているからこそ、観ている人をどんどん作品に引き込んで行くのだと思います。「ひとくず」という作品を通して児童虐待に関心を持っていただき、少しでも、救われる命のあることを祈っております。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、救いへの道をたどるような感覚で話を作っていったことなどについて語ってくださった伺った上西雄大さんインタビュー動画「2」(3分50秒)を掲載しています。3月22日(日)掲載予定の上西さんインタビュー「下」には、劇団が映画を作ることにどのように取り組んだかなどについて伺った上西さんインタビュー動画「3」(2分53秒)と、映画の中の笑いの部分についてのお話のほか、劇団「10ANTS」の今後の上演作品などについても伺った上西さんインタビュー動画「4」(2分12秒)を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「救いへの道をたどるような感覚で話を作っていった」上西雄大さんインタビュー動画「2」(3分50秒)

 

 

<映画『ひとくず』渋谷ユーロスペースにて公開中ほか全国順次公開>
【東京】2020年3月14日(土)~ 渋谷ユーロスペース
【愛知】2020年3月28日(土)~ 名古屋シネマスコーレ
【大阪】2020年4月17日(金)~ テアトル梅田
【京都】時期未定 京都みなみ会館
【兵庫】時期未定 元町映画館
【神奈川】時期未定 横浜シネマジャック&ベティ
【岡山】2020年3月20日(金)~ 岡山メルパ
出演:上西雄大 小南希良梨 古川藍 徳竹未夏
工藤俊作 堀田眞三 飯島大介 田中要次 木下ほうか
監督・脚本・編集・プロデューサー:上西雄大
2019/STEREO/JAPAN/DCP/117min

 

映画『ひとくず』より (c) YUDAI UENISHI

映画『ひとくず』より=(C) YUDAI UENISHI

 

 

<関連リンク>
映画『ひとくず』公式ホームページ:
http://hitokuzu.com/
映画『ひとくず』Twitter:@hitokuzu_movie
https://twitter.com/hitokuzu_movie
映画『ひとくず』facebook:hitokuzumovie
https://www.facebook.com/hitokuzumovie/
劇団「10ANTS(テンアンツ)」
http://10ants.jp/

 

 

 

 

『ひとくず』 関連記事:

⇒すべて見る

 

上西雄大 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※上西雄大さんのサイン色紙と写真1カットと映画『ひとくず』特別観賞前売券(1400円相当)1枚を、抽選で有料会員3名さまにプレゼントします。特別観賞前売券は、2020年3月14日(土)公開の渋谷ユーロスペース、3月28日(土)公開の名古屋シネマスコーレ、4月17日(金)公開のテアトル梅田、以降公開の神戸元町映画館、京都みなみ会館、横浜シネマジャック&ベティでご使用できます。有料会員の方がログインすると、この下に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月28日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

映画『ひとくず』について語る監督・脚本・編集・プロデューサー・主演の上西雄大さん=撮影・伊藤華織

映画『ひとくず』について語る監督・脚本・編集・プロデューサー・主演の上西雄大さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 伊藤 華織(いとう・かおり)フォトグラファー/シネマトグラファー 18年間看護師として集中治療・救急救命の現場などで勤務。病気の方に寄り添ってきたが、生きるすべての方に愛あるメッセージを表現の世界で伝えたく、写真、映像を生業とし、縁があればどこまでも赴き、時を収めている。⇒伊藤華織さんの記事一覧

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
■ 2020年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.