「頑固者が変わっていくのが面白い」、『​陽だまりの樹​』早乙女友貴インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「頑固者が変わっていくのが面白い」、『​陽だまりの樹​』早乙女友貴インタビュー(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年2月22日

2021年3月5日(金)にヒューリックホール東京にて初日を迎える舞台『陽だまりの樹』(原作:手塚治虫)に、剣の才能に恵まれ正義感が強く直情型の下級武士・伊武谷万二郎(いぶや・まんじろう)役で出演する早乙女友貴さんにインタビューしました。時は幕末、菅田琳寧(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)さん演じるちゃらんぽらんだが優れた技術を持つ医師の手塚良庵とぶつかりながらも友情を育み、互いに成長していく青春群像劇です。インタビュー前半では、早乙女さんが演じられる万二郎役と、ご自身の共通点について伺いました。

早乙女友貴さん=撮影・岡部太郎
早乙女友貴さん=撮影・岡部太郎

ーー3月5日に初日となる舞台『陽だまりの樹』。お稽古は、始まった頃でしょうか?

始まったばかりですね。まだまだ全然スタートラインという感じです。具体的には、顔合わせをして、本読みをしたり、ちょっと立ち稽古も始めたり。そんな段階です。武士の役なので、殺陣の見せ場シーンもいくつかある予定なのですが、具体的な振り付けはまだこれからです。

ーー早乙女さんが演じられるのは、武士の伊武谷万二郎(いぶや・まんじろう)という役ですよね。役の人物像、ご自身と重なる部分はありますか?

いやーもう、万二郎と僕とは、正反対ですね(笑)。

ーー正反対!

万二郎は、こうと決めたら一直線になりやすいタイプなんです。真っ直ぐで、まっしぐらに「武士たるもの、こうあるべき」と。時代としては幕末が舞台なんですが、この時代はそういう考え方が一般的だったんだと思うんです。作品でもそういう時代の描かれ方になっています。特に、お侍さんにはそういう考えの人が多かったと思うんですよね。

ーー万二郎も、例外ではないんですね。

自分が信じているものがあるんです。それは万二郎自身の誠実な性格によるところもありますけど、時代背景も大きいと思うんですよね。もちろん、自分が信じるものに誠実であるのは、すごくいいことだと思うんですが、ただ、変化にはちょっと鈍いなあという印象を持ちました。周りで変化が起こった時に、新しいものを受け入れられない。対応にも時間がかかりますし。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、早乙女さんご自身と万二郎との相違点や役へのアプローチ方法などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2月23日(火・祝)掲載予定のインタビュー「下」では、早乙女さんの代名詞でもある殺陣についてや、舞台で感じる拍手のエネルギーについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■僕は変化していきたい。万二郎は「今やっていることが正しい」。正反対なんです

■黒船で来たアメリカが「貿易しよう」と提案した時の、この国の姿勢が描かれています

■良庵に出会ったことで、万二郎も「今のままでいいのか?」と疑問を持ち始める

■「やってみなければわからない」。最近の僕にとっては「エヴァンゲリオン」です(笑)

<舞台『​陽だまりの樹​』>
【東京公演】2021年3月5日(金)~3月14日(日) ヒューリックホール東京
【大阪公演】2021年3月27日(土)~3月28日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 
公式サイト
https://hidamari-stage.jp

<関連リンク>
陽だまりの樹 公式Twitter
https://twitter.com/hidamari_st
早乙女友貴 オフィシャルサイト
https://yuki-saotome.net
早乙女友貴 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/yuki_saotome_5
早乙女友貴 オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/yukisaotome_official/
早乙女友貴 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/sujyaku/

『​陽だまりの樹​』 関連記事:

⇒すべて見る

早乙女友貴 関連記事:

⇒すべて見る


※早乙女友貴さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月22日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

早乙女友貴さん=撮影・岡部太郎
早乙女友貴さん=撮影・岡部太郎

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.