スマホ写真枠ダウンロードで、小児がんの子どもを持つ家族を支援 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

スマホ写真枠ダウンロードで、小児がんの子どもを持つ家族を支援

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年3月10日

 

 

具合の悪くなった子どもを病院に連れて行って、もしも医師にこう告げられたら、世界の終りのようなショックを受けることでしょう。「お子さんは癌です」

 

平均するとアメリカでは1日に46家族が、こんな言葉を聞いているのだそうです。自分の息子も急性リンパ性白血病だと診断されて、すべてが変わってしまった経験を持つジェレミー・チェンバーさん。彼は、iPhoneアプリ「ブレイブデザイン」を作って、収益を小児がんの子どもを持つ家族への支援とする仕組みを作りました。 (PRWEB 2015年3月9日)

 

スマートフォンで撮った写真にアプリでダウンロードした写真フレームを選んでシェアするというシンプルな応援方法です。フレームにはシンボルのリボンマークや「この子は私のヒーロー」、「勇気を出して」、「ひとりで闘わなくていいんだよ」といったメッセージが入っていて、好きなものを選んで写真を縁取ったら、Facebookやインスタグラム、ツイッターでシェアして、小児がんのことを広く知ってもらうように協力してくださいというわけです。ダウンロードは1回99セント。すべての収入はBe Brave Foundationというフロリダにある小児がん支援の非営利団体に送られます。

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年2月掲載分
■ 2019年1月掲載分
■ 2018年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品