「メリーの全ての言葉を、お客様の心に」『メリー・ポピンズ』、濱田めぐみ(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「メリーの全ての言葉を、お客様の心に」『メリー・ポピンズ』、濱田めぐみ(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年3月10日

ミュージカル『メリー・ポピンズ』が、2022年3月31日(木)から5月8日(日)まで東急シアターオーブで(プレビュー公演あり)、5月20日(金)から6月6日(月)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されます。2018年に日本人キャストで初演された作品の再演です。

原作は、アカデミー賞5部門を受賞したウォルト・ディズニーによる映画『メリー・ポピンズ』のもとにもなった、パメラ・トラバースの小説です。ディズニーとサー・キャメロン・マッキントッシュによって、ミュージカル化されました。たくさんの魔法が仕掛けられた舞台セット、つい口ずさみたくなる「チム・チム・チェリー」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」などの名曲、そして圧巻のダンスシーンなど、見どころが盛り沢山です。

アイデアニュースでは、キャストの方々にインタビューしました。初演に続いて、メリー・ポピンズ役を演じる濱田めぐみさんのインタビューを、上、下に分けてお届けします。「上」では、稽古をしながら感じている前回との違い、再びメリー・ポピンズを演じる中で思っていること、メリーと登場人物たちとの関係について、楽曲の魅力などについて話してくださった内容を紹介します。「下」では、今回のカンパニーや演出のこと、メリーの演出で変化を感じるところと感じないところ、大貫勇輔さんと小野田龍之介さんそれぞれが演じるバートの違い、海外チームとのお仕事について、ご自身の中で『メリー・ポピンズ』という作品がどのような存在なのかなどについて話してくださった内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳
濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、2月中旬に実施しました)

――今お稽古をされていて、初演を経ての『メリー・ポピンズ』の魅力を、改めてどう感じていらっしゃいますか?

この作品の持っているエネルギーが、観ている人たち全員をわくわくさせるという点が一番大きいですね、誰ひとり不幸せになっていく人がいません。ミス・アンドリューだけは鳥かごの中に飛ばされてしまいますが、基本的に殺伐とした感じにはなりませんし、誰かが死ぬこともありません。とにかくハッピーになれる演目なんだなと思いました。稽古を見ていても楽しいですし、メリーが魔法を使ったりと、わくわくしますよね。

――演じられていても、ご覧になる時も、同じように思われますか?

そうですね。中にいても楽しいですし、人がやっているのを見ていても面白いです。世界観がすごく楽しいですよね。『メリー・ポピンズ』という舞台の持っている世界観、雰囲気。色味もそうですし、セットも可愛いですしね。

――もう稽古場には、セットもあるのですか?

今はまだ、全然ない状態で稽古しています。

――では、前回のことを思い出しつつ稽古されているのですね。

舞台上にセットが入ると、すごく狭く感じていたんです。稽古場は、だだっ広い感じなので、実際に物が迫ってくると「こんなに狭いところで、あんな大騒ぎなことをやるのね」と思っていました。

――お稽古のなかで、特に大切に考えていらっしゃることはありますか?

メリーがみんなに残していく言葉は、受け取る方によって全然響き方が違うだろうと思いますが、彼女が言わんとしていることを、私が日本語として、言霊として口から出していく。そして、ちゃんと渡していくということを、一番大切にしていきたいなと思っています。メリーがバンクス家に残したいことは、私が舞台上で観客の皆さんに残したいことと同じなので、そこを大切に、本を読み直している最中です。メリーはすごく大事なことをさらっと言っているなと。

――「メリーが残したい言葉を大事に」ということは、初演の時も思っていらっしゃいましたか?

当時は「残したい」というよりも、「大切なことを言っているな」という感じでした。でも公演後に、「メリーが言っていた言葉に励まされました」という言葉をたくさん聞いたんです。「どんなことでもできる」などのいろいろなキーワードが、やっぱり皆さんの心に残っているのだなと、とても強く感じました。

「自分が接した相手に、メッセージとして残したい」というメリーの思いは、「マイケル、ジェーン、ウィニフレッド、ジョージに対するメリーの全ての言葉を、お客様の心にちゃんと届ける」ということなのだなと、今回改めて思っています。押し付けるように言うのではなく、きちんと響くように演じられたらいいなと思いました。

――初演の時のメリーは、濱田さんの記憶に残っていましたか? 改めて、いちから取り組んでいらっしゃるのでしょうか?

初演のメリーのままです。

――一度止まったものが、またスタートしている感じですか?

「初演のメリーさんが、戻ってきている」という感じです。演出などによって、動きなどは変わりますが、メリーの本質はそのままで、1ミリも変わっていないんです。

例えば、表現の仕方においては、演出家の指示で「正面を向いてしゃべっていたところを相手の方を向いて」などの変更点はありますが、彼女の中身は何ひとつ変わっていませんでしたね。誰に対してもあの感じのままでした。

――初演を拝見した時、メリーが子供たちを魔法でいろんな世界に連れていく場面で、舞台上のカラフルなセットとも相まって、何とも言えない多幸感を感じたんです。

ああ、そうですね。それはありますね。「幸せになる」以上の色を与えてくれますよね。蛍光ピンクとか。蛍光グリーンとか。それを上回る色味と形が来るから、見ているほうは圧倒されますよね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、メリーと登場人物たちとの関係について、楽曲の魅力などについて話してくださった内容など、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3月11日掲載予定のインタビュー「下」では、今回のカンパニーや演出のこと、メリーの演出で変化を感じるところと感じないところ、大貫勇輔さんと小野田龍之介さんそれぞれが演じるバートの違い、海外チームとのお仕事について、ご自身の中で『メリー・ポピンズ』という作品がどのような存在なのかなどについて話してくださった内容と、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■メリーにとって一番「子ども」なのはジョージ。マイケルやジェーンは「一個人」

■人間と人間のコミュニケーションとしてメリーを演じると、つじつまが合わなくなる

■バートとメリーの関係性がもっとフランクに。恋人ではないが友達より親しい感じ

■楽曲のエネルギーを追い風に。「よ~し、来たよ、来たよ」とみんな奮い立つ

<ミュージカル『メリー・ポピンズ』>
【東京公演】プレビュー公演:2022年3月24日(木)~3月30日(水)
本公演:2022年3月31日(木)~5月8日(日) 東急シアターオーブ
【大阪公演】2022年5月20(金)~6月6日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/marypoppins2022/
https://marypoppins2022.jp/

『メリー・ポピンズ』 関連記事:

⇒すべて見る

濱田めぐみ 関連記事:

⇒すべて見る

※濱田めぐみさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月10日(日)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。また、これとは別に、濱田めぐみさんの写真とサイン色紙に応募された方、ならびに、大貫勇輔さんの写真とサイン色紙に応募された方の中から計3名さまに、「濱田めぐみさん&大貫勇輔さん」のサイン色紙をプレゼントします(このプレゼントの募集は終了しました)。

濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳
濱田めぐみさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りん より:

    インタビューを読んでこれからの観劇がわくわくしてきました。
    前回はそんなに意識して観ていなかったので、今回は「メリーの言葉」をしっかりと受け止めたいと思います。
    前回、濱田さんのメリーは本当にぴったりで素敵だったので楽しみです。ジョージについてのお話になるほどと思い、メリーと他のキャラクターとの関係性が知れたのが良かったです。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.