初アルバム「L’Ange(ランジュ)=天使」リリース、蘭寿とむインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

初アルバム「L’Ange(ランジュ)=天使」リリース、蘭寿とむインタビュー(上)

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年12月11日

 

元宝塚歌劇団の花組トップスター、蘭寿とむさんがファーストアルバム「L’Ange(ランジュ)=天使」をリリースし、東京・品川で記念ライブが、兵庫・西宮でミニライブが開かれました。ミニライブ開催後の合同取材会で橋本が質問した部分のやり取りを、そのままお伝えします。(写真は11月14日の阪急西宮ガーデンズでのミニライブの様子です)

 

――久々の地元、いかがですか?

 

ほんとに、みなさん握手会とかの時も「お帰りなさ~い」みたいな感じで、東京まで行けない方もいらっしゃるので、よく帰ってきてくれたね~って。すごく嬉しかったです。

 

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

――客席とのやりとりでは、今日は「朝の4時から並んでいました」らしたという方もおられましたね。

 

びっくりしました。

 

――あのやり取りが、さすが地元だな~と思いました。「どこから来られたんですか? ああ〇〇ですか。私、そこの歯医者さん、行ってました」って。受けてましたね。

 

歯医者さん、ですね(笑)。

 

――久々の地元のムードはどうですか?

 

懐かしいですね。ガーデンズは、歌劇団にいる時もよく来ていました。実家に寄ってから、ガーデンズに来たり……。

 

――そうなんですね。

 

いつも来ていたところなので、不思議な感覚がありました。

 

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

――先日は、品川のステラボールで初ライブを行ないましたが、そちらはいかがでしたか?

 

生バンドでしたので、すごく贅沢な感じがしました。劇場全体が、聴き入ってくださっている感覚で、すごく嬉しかったです。CDでは、どういう感じでお客さまが聴いてくださっているのかわからないんですけど、ライブで聴いてくださっている方の顔を見ながら歌えるのは嬉しいなと。

 

――今日は、アンコールの声もたくさん出ていましたね。ただ、ほんとに、アンコール歌ってたら大変でしたね。(※アンコールの拍手が続いていたが、小雨だった雨が強くなりそうだったので、蘭寿さんが「雨が強くなりそうなので、アンコールは、また別の機会に」と言ってミニライブを終了した途端に、本当に雨が土砂降りになったのでした)

 

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

ねえ~、あれ、歌ってたらほんと大雨で、大変でしたね。

 

――すごくいい判断でしたね。

 

そうですね(笑)。

 

――アンコールは、またの機会に、と。

 

はい。どこかで、また聴いていただける機会があるといいなと……。

 

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

「蘭寿とむ アルバム『L’Ange』リリース記念ミニライブ」より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

――さて、今回のアルバム。ご自分で作詞されている曲が2曲ありますが、片方(アルバム1曲目の「会えない時間」)は、ラブソングですよね。

 

はい。ラブソングです。

 

――「会えない時間」。これは「伝えたい目の前のあなたに、なぜ言えないの…」ということですが、誰なんですか? この「あなた」というのは?(笑)

 

えっ?(笑)。それは、作曲の菊池一仁さんに準備でお会いした時に、「どんな曲がいいですか?」と聞かれて「ラブソンクを」と、お答えして……。

 

――ラブソングを作りたいと。

 

私はストーリーを考えて詞をつくるので、菊池さんは曲をと。それぞれに考えて、それを合わせたらピッタリだったんです。私も、感動して。

 

――なるほど。

 

私自身は、どんなラブソングにしようかなって、いろいろストーリーをめぐらせて、「会えない時間」という言葉が、キーワードとして出てきたんですね。それで、最後はやっぱりハッピーエンドがいいなと、流れをなんとなく考えてから状況を思い浮かべて……。

 

――この曲の中では、まだ「告白」はしてないんですか?

 

いえ、今ではもう2人の思いはつながっていて、重なっていて、歩いて行くっていう。

 

――曲の最初では「なぜ言えないの」というのがあるけれど、お話が展開してゆくわけですね。

 

言えなかったけれども、ちょっとした言葉が輝いてきたり、違う夢を見ていたけれども、2人の夢がだんだん重なってきて……、というストーリーです。

 

――ご自身も、たとえば、ちょっとそういう、なんとなく……。

 

どうしても、そっちに持って行きたいんですね(笑)。

 

――いえいえ、そんなつもりは…(笑)。

 

妄想の世界ですよ(笑)。

 

――そうですね。これは妄想の世界ですね。わかりました(笑)。あと、作詞されたもう1曲の「Blooming」。こちらは応援歌のような感じの曲ですね。聞いてて、すごく気持ちがいい。

 

まず、曲を上杉(洋史)さんが作ってくださいまして。聞いた瞬間、「私に作詞させてください!」ってお願いしたんです。

 

――作詞させて下さい!と。

 

そうなんです。「Blooming」って題名がついていて。私は、だいたい作詞をする時、海に行って、海を眺めながら書くと、出てくるんですね。

 

――海に行って。

 

今回も、関西に戻ってきて、この曲は神戸と西宮に行って、2日間で、できたんです。

 

――海に向かって、詞を考えるんですか?

 

カフェとかで見るんですけど。

 

――海岸に出て海を見るんじゃなくて、カフェの窓から?

 

海岸にも行きました。ほんとに、すごくいいお天気で、日差しも強くて、そしたら「あの光の彼方まで」って歌詞が、バーッて浮かんできて。

 

――そしたら、これは神戸と西宮の海の「光」なんですね。

 

はい。

 

――神戸と西宮の、瀬戸内の、このへんの海の光なんですね。

 

瀬戸内の……ええ(笑)。

 

――歌詞の中の「ブレーキなんていらない 感じるままに進もう」という部分、いいですねぇ。私も。ブレーキなしに進んでいくタイプなんです。

 

そうなんですか(笑)。

 

――この曲を聴くと、頑張ろうって気になりますね。

 

ありがとうございます。

 

――「あきらめない限り 夢は続いてゆく」。そうですよね。あきらめたら…。

 

そこで終わりですからね。ゆっくりでいいよ、歩いていこうっていう部分もあります。

 

――ありますね。不器用でもいいよ、ゆっくり歩こうと。

 

そうなんですよ。不器用でもいいから、ゆっくり歩いていこうって。

 

――蘭寿さんは不器用っていうよりも、首席でずっと来たり、トップになるだろうと言われてトップになって、なにか、すっすと行ってるような感じもするんですが。不器用な部分があるんですか?

 

はい。決して、そんな器用な方ではないです。ほんとに何回もやっていかないと、できない方なんです。じつは。

 

――そうなんですか。なんか、わりと…。

 

すぐ、なんでもできそうに思われるんですけど、優等生とか。

 

――じつは努力家で。

 

努力家って自分で言うのもおかしいと思うんですけど(笑)、ただほんとに、やらないとできないんです。

 

――そうですか。あと、新曲は、ほかにもあるんですよね。

 

オリジナルは5曲です。

 

——————

 

アイデアニュースは、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、企業広告を一切掲載せず、記事のようでじつは企業からお金をもらっている「タイアップ記事」も掲載せず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、「全文閲覧権」(月額300円、初月無料)を購入すると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになります。良質な取材活動を続けるため、どうかご協力をお願いいたします。全文閲覧権購入の検討は、こちら⇒https://ideanews.jp/archives/2387

 

<ここからアイデアニュース有料会員向け部分>

 

「運命のせいにして」、メイキングの動画、今後の舞台などについて、蘭寿さんにうかがいました。(全文閲覧権を購入してログインすると、ここに全文が表示されます)

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    

————————

 

※ここから先はどなたでもお読みいただける部分です。

 

  • <アルバム情報>
    L’Ange 【生産限定盤】
    CD+DVD / VIZL-890 ¥4,200+税 Victor 2015.10.21リリース
    CD
    01 会えない時間
    02 POP STAR
    03 君に贈る歌 ~Song For You
    04 L’Ange
    05 Precious
    06 I WILL
    07 Lead ~つながる
    08 つばさ
    09 いのちの名前
    10 Blooming
    11 運命のせいにして
    12 ここにしか咲かない花
    DVD
    (Music Video)会えない時間
    (メイキングPV)つばさ
    (メイキングPV)君に贈る歌 ~Song For You
    (メイキングPV)いのちの名前

 

 

<関連サイト>
蘭寿とむ Victor Entertainmentのページ
⇒ http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025249.html
蘭寿とむオフィシャルブログ「Le Soleil」
⇒ http://ameblo.jp/ranjunokai/
蘭寿とむオフィシャルファンクラブ「Ranju」
⇒ http://tomu-ranju.jp/

 

<アイデアニュース関連記事>
蘭寿とむ、初アルバム「L’Ange(ランジュ)=天使」リリース記念にライブ
⇒ https://ideanews.jp/archives/12470
初アルバム「L’Ange(ランジュ)=天使」リリース、蘭寿とむインタビュー(上)
⇒ https://ideanews.jp/archives/13231
初アルバム「L’Ange(ランジュ)=天使」リリース、蘭寿とむインタビュー(下)
⇒ https://ideanews.jp/archives/13239

 

※アイデアニュースでは、このあと、宝塚歌劇について詳しいライターのさかせがわ猫丸さんに、蘭寿さんに単独インタビューしていただきました。その内容は、12月18日(金)に掲載します。

 

<プレゼント>
蘭寿とむさんの直筆サイン入り小型クリアファイルとファーストアルバム「L’Ange(ランジュ)=天使」をセットにして、抽選で1名の方にプレゼントします。どなたでも応募できます。応募締め切りは12月25日(金)。当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。プレゼント応募はこちらから。
⇒ https://ideanews.jp/present

 

 

————————

 

<読者の声>(プレゼント応募時のメッセージより)

 

蘭寿とむさんのインタビュー、話し言葉が多く、蘭寿さんがお話しされている様子や雰囲気が目に浮かぶようで、楽しく拝読しました。

 

西宮のミニライブに行ってましたので、お写真にインタビュー凄く嬉しかったです♪ 素敵なお写真と記事をありがとうございました。あの日の、とむさんの笑顔、本当に幸せそうで凄く可愛かったです♪

 

 

<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.