「一番遠くもあり、近くもある二人」『エリザベス・アーデンvs.ヘレナ・ルビンスタイン』、明日海りお(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「一番遠くもあり、近くもある二人」『エリザベス・アーデンvs.ヘレナ・ルビンスタイン』、明日海りお(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年5月9日

2023年5月7日(日)に開幕し、5月17日(水)まで東京・日生劇場で、5月27日(土)から5月29日(月)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで、6月2日(金)から6月4日(日)まで名古屋・御園座で、6月8日(木)から6月13日(火)まで京都・京都劇場で上演されるミュージカル『エリザベス・アーデンvs.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT-』に、エリザベス・アーデン役で出演する明日海りおさんのインタビュー後編です。無料部分では合同取材の内容を、有料部分ではアイデアニュース独自取材の内容を紹介します。「下」の無料部分では、映像作品へのご出演を踏まえて感じられている舞台の魅力のこと、ヘレナ・ルビンスタイン役の戸田恵子さん、トミー・ルイス役の上原理生さん、ハリー・フレミング役の吉野圭吾さんへの印象などについて伺った内容とお客様へのメッセージを紹介します。有料部分では、明日海さんがご自身を奮い立たせる時のこと、今回の作品を通して、お客様にどのような出会いをお届けしたいかという想いなどについて伺った内容を紹介します。

明日海りおさん=撮影・岩村美佳
明日海りおさん=撮影・岩村美佳

ーー宝塚を卒業されてから、映像作品にもたくさんご出演されています。その中で改めて、舞台ならではの魅力を感じることはありますか?

映像作品に関わらせていただくことが少しずつ増える中で、舞台も映像も、変わらず総合芸術なんだなと感じています。いろいろなセクションの人たちが、こだわりというか、情熱を注いでいて、それが形になっていくところは同じなんです。舞台も映像も、そこは変わらないということがどんどんわかってきて、すごく楽しいです。

一番違うところは、受け取ってくださる方が、同じ空間にいるかどうかで、舞台の一番の魅力はそこだと思います。その時の空気感含め、劇場に行って席に座って、観劇というものを味わっていただく。特別感もありますし、その日、その回にしかないものや、お芝居や歌をダイレクトに感じていただけますよね。演じている方にとっても、受け取り手のお顔が見えて、その日の空気を感じられるというのは、一番の醍醐味なんです。

――演じていらっしゃる中で「一体になった」みたいな感覚もあるのですか?

毎日、全然違います。すごく緊張して、硬めな雰囲気の時もありますし、その公演が昼なのか夜なのかでも違ってきますし、何回もリピートして観ている方が多い回なのかな?という反応があったり。コメディだと反応もわかりやすいですし、逆にシリアスだと、役者さん同士で繋いで作っていって、緊迫感みたいなものが、パキッと生まれている時もありますし。

――まさに、本当に空気が共有されているという。

舞台では、共有できていますね。例えばドラマだと、シーンごとに抜いて撮ったりもするのですが、舞台は最初から終わりまで通して感情をお届けできるんです。そういう意味では、よりリアルに近いものをお届けできているんじゃないかなと思います。

――もし、明日海さんご自身が、エリザベス・アーデンのように化粧品を作るとしたら、どんな商品を作りたいですか?

なんでも作れるなら、「20歳くらい若く見える」みたいなファンデーションとかを開発したいです(笑)。全てのアラを隠せるのに、厚く見えないみたいな。エリザベスは、すごくパッケージにこだわっているんです。中身よりコストが高いんじゃないかな?という感じです。でも、そういうところに私も惹かれるんです。飾って、並べてあったらテンションが上がったり、ポーチに入れているだけで「いい女感」が出るというか。そういうふうに、パッケージの色やデザインを考えたりするのも楽しそうだなと思っています。

ーー話は変わりますが、ライバル関係になる、ヘレナ役の戸田恵子さんの印象や、共演で楽しみにされていることを教えてください。

私は特に 『ショムニ』が好きで、ずっと拝見していたのでまずはそのイメージがありました。アニメの声優さんや映画の吹き替えなどもされていますが、その時には、お顔は出ないじゃないですか。だからやっぱり、『ショムニ』のイメージがすごく強く、意志の強い方だという印象でした。もちろん、ご自身の意思はお強いだろうと思いますが、とても柔らかな方で、優しくて、そのギャップに驚きました。

――お会いした時は、どんなお話をされたんですか?

ポスター撮影をさせていただいた時期が、ちょうどコロナがすごく増えてきたタイミングに重なってしまっていたんです。戸田さんもたくさんお仕事をされているので、なにかあってはいけないと思い、なるべくお話しないようにしていました(苦笑)。でも、連絡先を交換して、時々やり取りさせていただいたりしています。戸田さんは、すごくおしゃれなんです。私服がカラフルで。そういうことをお話しできる余裕ができてきたら、どこで買っていらっしゃるのか聞いてみたいです(笑)。

――これからお稽古で交流していくのが楽しみですね。今回それぞれのビジネスパートナー役に、上原理生さんと吉野圭吾さんが出演されますが、お二人には、お会いになられましたか?

上原さんは、ゲスト出演されていたコンサートに、私が観に行かせていただいた時に1回ご挨拶しました。パフォーマンスやトークを拝見したのですが、お人柄がとても良い方なんだろうなと。なので、お稽古するのが楽しみです。歌声はすごくパワフルでワイルドな感じですが、中身がすごく温かそうな感じの方なので、面白そうです。吉野さんは、いろいろなミュージカルを拝見しているので、お会いしたことはないのですが、これからご一緒するのが楽しみです。

――舞台で、吉野さんをご覧になった時の印象はいかがでしたか?

良い塩梅でキャラクターを作られるのが上手だなと思いました。色が結構あるキャラクターでも、自在に作っていらっしゃるイメージがあるので、今回のハリー・フレミングだとどんな感じなのかな?と。楽しみですし、負けないようにします(笑)。

――男性ふたりも、なかなか強烈ですもんね(笑)。

みんな強烈ですよね。私が一番ノーマルというか…消えてなくならないように頑張ります(一同笑)。

――今回の作品で、一番楽しみにしているのは、どんなことでしょうか?

戸田さんとのお芝居です。映像や吹き替えなど、いろいろな分野を経験されていて、ずっと続けてらして、各方面から信頼の厚い方なので、実際お芝居をした時に、どんな感覚になるんだろうと、すごく楽しみです。お芝居は、上手な人とやっていくことで、一番身についていくものだと思うので、どんな感じになるんだろうと。

――「こういうふうにやってみたい」など、具体的にイメージしてらっしゃるものはありますか?

まずはプランなしで、どういう感じの温度感、ボリューム感なのかとかを、受け取ってみてからだなと思います。演出はG2さんで、私は初めてですし、本当に立ってみなければわからないです。でもそれも、舞台ならではの、ありがたいところかなと思います。ドラマだと、もうその日に「はい、今から撮るよ!」なんですけど、舞台の場合は、いろいろ足し算引き算とか、修正できるのが良いところだと思うので、皆さんとのバランスを見ながらも、素直に心情を集中して出せるようなところまでいけるように、お稽古したいです。

――公演を待っているお客様に、どんなところを楽しんでいただきたいか、メッセージをお願いします。

題材の面では、女性の方々には楽しんでいただけると思いますし、男性の方々にも、「こんな女性たちって素敵だな」「可愛らしいな」とか、「ああ怖いな」とか(笑)思って観ていただけると思います。いろいろな年代の方にとって楽しい作品だと思うので、おしゃれな世界観をぜひ楽しんでいただきたいです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、明日海さんがご自身を奮い立たせる時のこと、今回の作品を通して、お客様にどのような出会いをお届けしたいかという想いについて伺った内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■自分の気持ちをコントロールしながら、「できることは全部やろう」と力を尽くす

■「良い出会い」というものは、いっぱいある。私はそういうもので作られてきた

■エリザベスとヘレナの姿に、お客様も改めてご自身の人生に向き合われるのかも

■エリザベスとヘレナは、互いのことを「一番遠くにも、近くにも」感じ合っている

<エリザベス・アーデンvs.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT->
【東京公演】2023年5月7日(日)~5月17日(水) 日生劇場
【大阪公演】2023年5月27日(土)~5月29日(月) 森ノ宮ピロティホール
【名古屋公演】2023年6月2日(金)~6月4日(日) 御園座
【京都公演】2023年6月8日(木)~6月13日(火) 京都劇場
公式サイト
https://warpaint.jp

エリザベス・アーデンVS.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT- 関連記事:

    ⇒すべて見る

    明日海りお 関連記事:

    ⇒すべて見る

    ※明日海りおさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月8日(木)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

    明日海りおさん=撮影・岩村美佳
    明日海りおさん=撮影・岩村美佳

    全文が読める有料会員登録にご協力を

    アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

        
    <筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

    コメント欄

    有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

    最近のコメント

    1. しゅく より:

      明日海さんの写真の表情がどれも素敵でした。
      表現者としての明日海さんが大好きで、お話の内容も他のところにはなかった深い内容で何回も読みました。
      これから観劇するのですが、ますます楽しみになりました。

    最近の記事

    ■ 2024年3月掲載分
    ■ 2024年2月掲載分
    ■ 2024年1月掲載分
    ■ 2023年12月掲載分
    ■ 2023年11月掲載分
    ■ 2023年10月掲載分
    ■ 2023年9月掲載分
     過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
    お勧め商品
    新着商品
    Sorry, no posts matched your criteria.