メジャーデビュー10周年、加藤和樹さんインタビュー | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

メジャーデビュー10周年、加藤和樹さんインタビュー

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年1月6日

 

歌手・俳優として舞台や映像の世界で活躍している加藤和樹さんが、2016年4月にメジャーデビュー10周年をむかえます。加藤さんは、2016年4月から6月まで、帝国劇場と梅田芸術劇場で上演されるフレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」に主演(小池徹平さんとW主演)するほか、4月29日にはデビュー10周年ライブ(追加公演アリ)、さらに7月には2日間かけて自身の全曲を歌うライブを、愛知・大阪・東京で開催します。まさにスロットル全開状態の加藤和樹さんに、ロングインタビューしました。(インタビュー後半の単独取材部分は、アイデアニュース有料会員限定とさせていただきます)

 

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

 

大阪で行われた「1789」の合同取材会で加藤さんは、10周年の年にこの作品で帝劇初主演を果たすことについて「大きな作品に出演させていただけるというのは、すごく意味のあることなんじゃないかなと思いつつ、プレッシャーもあり、その中で自分がどれだけのものを残せるかという思いはあります」と話しました。

 

フランス革命を描いた「1789」は、フランスで上演されたフランス版と、宝塚歌劇団が上演した宝塚版がありますが、この作品について加藤さんは「フランス版を映像で拝見した印象では、楽曲がとても耳に残る作品で、ダンスもアクロバティックな動きがすごくたくさんあって、胸が躍るようなワクワクするような気持ちにさせられる作品。シーンがテンポ良く変わっていくので、ライブコンサートのようなすごく不思議な新しい作品だなと思いました」と印象を語りました。

 

加藤さんが演じる主人公の「ロナン」については、「農村出身者で、自分の父親を理由なく殺され、立ち上がる決意をする若者です。人々を立ち上がらせる、強く引っ張っていく覚悟や熱い思いがある役なので、そこの芯の強さというのは掘り下げていきたいし、仲間たちとの絆、男くささ、団結力も意識しながら作り上げてゆきたい」と話しました。

 

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

 

アクロバティックなダンスも多い作品で、加藤さんがどれだけダンスに絡むのかはまだわかりませんが、立ち方などを学ぶために、現在、バレエのレッスンに通っているとのこと。「バーレッスンというのを生まれて初めてやってます(笑)。とても地味なんだけど、とても大変なんだなぁって。ダンサーさんたちが稽古前にやっている姿は見てたんですけど、結構キツイです」と笑っていました。

 

「ロミオ&ジュリエット」「レディ・ベス」そして今回の「1789」と、小池修一郎さん演出作品への出演が続いていますが、小池さんからラブストーリーについて受けたアドバイスは?という質問に対しては、「僕は昼ドラに何作か出演させていただいたんですが、『昼ドラっぽい』って言われて(笑)。『いやらしさを無くしてくれ』って。いやらしくやってるつもりはないんですが(笑)、それはそぎ落として行きたいなと」と答えました。

 

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

 

「レディ・ベス」を筆者が大阪で観た印象では、加藤さんはとてもさわやかに吟遊詩人(ロビン・ブレイク)を演じていましたが、じつは「苦労しました(笑)」とのこと。「ロビンの時もそうですが、作り物にはなりたくないんですよね。悔しいとか汚い感情もあると思うんです。レディ・ベスで言えば、2人で逃げ出すって選択肢もあったと思うんです。でも、その部分を2人が超越してゆくっていう関係になるんだと。それはそれで、ひとつの愛の形だなと思いました。作品を通して教えられたという感覚も大事にしたいなと思います。いやらしくならない程度に」と笑っていました。

 

<公演案内>
「1789 -バスティーユの恋人たち-」
【東京公演】2016年4月9日(土)~2016年5月15日(日) 帝国劇場
http://www.tohostage.com/1789/
【大阪公演】2016年5月21日(土)~2016年6月5日(日) 梅田芸術劇場メインホール
http://www.umegei.com/1789/

 

<関連リンク>
加藤和樹オフィシャルウェブサイト
http://katokazuki.com/
加藤和樹オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/katokazuki-blog/

 

<プレゼント>
取材で撮影した加藤和樹さんの写真(2Lサイズで写真プリント)1枚を、アイデアニュース購読者3名に抽選でプレゼントします(月額300円の有料会員が対象となります)。応募締め切りは2016年1月13日(水)。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。 (このプレゼントの募集は終了しました。ご応募くださったみなさま、ありがとうございました)

 

<アイデアニュース関連記事>
メジャーデビュー10周年、加藤和樹さんインタビュー https://ideanews.jp/archives/15174
10周年の加藤和樹、「春」を呼ぶシングル「春恋」4月20日発売決定 https://ideanews.jp/archives/17883

 

————————

 

<ここからアイデアニュース有料会員向け部分>

 

合同会見後の単独取材では、メジャーデビュー10周年について音楽やライブのお話を中心にうかがいました。
■音楽はやめた方がいいかなと思った時期もあった
■つらい時は、つらいって言えばいい
■素直な気持ちは、飾ったらダサいなって
■ライブは、その場所にいる人たちと作るもの
■会場の広さではなく、伝える思いは一緒
■大きい気持ちがあれば伝わる
■すべて音楽に帰ってくればいいなぁと
■(ファンと)お互いを高めあっていける関係性でありたい

 

有料会員(月額300円)になると、すべてのコンテンツの全文をお読みいただけます。会員登録は ⇒ここをクリック

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.