宝塚元トップら集結「麗人 REIJIN―Season2」、トークイベントと壮一帆さんインタビュー | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

宝塚元トップら集結「麗人 REIJIN―Season2」、トークイベントと壮一帆さんインタビュー

筆者: さかせがわ猫丸 更新日: 2016年2月12日

 

元宝塚歌劇団男役トップスターたちが、男性ボーカリストのJ-POPナンバーを歌うカバーアルバム「麗人 REIJIN―Season2」が、2016年1月6日(水)にリリースされました。2015年1月に第1弾が発表された「麗人―REIJIN―」と同年7月の「麗人 REIJIN -Showa Era-」に続く第3弾に当たる今回は、宝塚100年の歴史にひときわその名を輝かせるトップスターたちが集結。30年もの学年を越えたレジェンドたちが、それぞれの魅力で“男唄”を聴かせます。このCD発売を記念して、1月23日(土)、タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペースにて、トークイベントが開催されました。ゲストにはアルバム参加者中、最上級生となる榛名由梨さん、高汐巴さん、そして最下級生の壮一帆さんの3名を迎え、笑顔の絶えないにぎやかなトークに、約200名のお客様も大喜び。今回はこのトークイベントの様子と、その後の囲み記者会見、そして、壮一帆さんの単独インタビューの様子をご紹介します。※囲み会見と壮一帆さん単独インタビューは、アイデアニュース会員(月額300円)限定コンテンツです。

 

「麗人 REIJIN―Season2」トークイベントより=撮影・さかせがわ猫丸

「麗人 REIJIN―Season2」トークイベントより=撮影・さかせがわ猫丸

 

 

【トークショー】

 

――49期生の榛名由梨さん、58期生の高汐巴さん、82期生の壮一帆さんと、30年を超えるスターが集まるのは本当にすごいことですね。これまでもお互いの接点はあったのですか?

 

榛名「高汐さんとは宝塚を辞めてからも、狸御殿やOG公演などでご一緒する機会が多かったんですよ。壮さんは……ないよね(笑)」

 

壮「榛名さんは、私のお披露目公演だった「ベルサイユのばら」で演技指導に入っていただきましたので、私にとっては榛名先生とお呼びした方がいいのですが(笑)。お稽古場の板の上ではご一緒させていただきました」

 

榛名「お客さんの前ではなく、鏡の前でね」

 

壮「高汐さんは私がファン時代、一方的にお慕いしておりました」

 

高汐「壮さんとは今日初めてお話しました。実は行きつけのステーキ屋さんで、偶然なんですけど、壮さんのご両親とはお会いしたことがあるんです」

 

壮「今日の話も帰ったら両親に真っ先に報告します。きっと喜びます(笑)」

 

――それぞれ歌われた曲について、教えてください。

 

榛名「私は石原裕次郎さんの『粋な別れ』を選びましたが、皆さんがまだ生まれてない、もっともっと前の時代の曲ですね。宝塚時代、下級生の麻生薫がどこかへ行くたびにこの曲を歌っていて上手だったんですよ、今回の話をいただいた時にふとそれが思い浮かんだんです。ちあきなおみさんもこの曲を歌っていましたが、みなさん知らない? 私もちゃんと歌えるかしらと緊張感が蘇ってきました」

 

榛名由梨さん=撮影・和田真理

榛名由梨さん=撮影・和田真理

 

高汐「榛名さんの声は、清く正しく美しく。透明感があります」

 

壮「榛名さんの歌は、裕次郎さんでもない、麻生さんでも、ちあきなおみさんでもない、榛名さんのお人柄がそのまま声に出てらっしゃるようで、うっとりしながら聴いておりました」

 

榛名「ものすごい嬉しいです!」

 

高汐「私は京都の生まれなんですが、宝塚にいた頃、大阪はごちゃごちゃしたイメージがあるなあと思っていました。でも最近は年齢を重ねて来たせいか、大阪の独特な良さがわかってきたんです。そんな時に、男性の歌を歌わせていただくことになり、関西弁で情景が浮かんでくる、上田正樹さんの『悲しい色やね』しかないなと思いました。私の琴線に触れる歌なんです」

 

高汐巴さん=撮影・和田真理

高汐巴さん=撮影・和田真理

 

榛名「私もカラオケで歌ったことがあって、大好きです。ペイさん(高汐さんの愛称)にぴったり」

 

壮「高汐さんのお声が…すみません!下級生が言うのもなんなのですが、色っぽくていらっしゃって(場内沸く)耳元で歌ってもらってるような(笑)聞いててドキドキするんですよね」

 

高汐「歌いましょうか」

 

壮「今日、ご一緒させて頂いて良かったです(笑) 私が選んだ『ロビンソン』も琴線に触れてきました。数ある候補曲の中で、聴いた時にすぐ情景が浮かんだので、これは相性がいいかもしれないと思ったんです」

 

――ほかの候補曲にはどんな歌があったのですか?

 

壮「藤井フミヤさんの『TRUE LOVE』などがありましたが、『ロビンソン』は歌ってみると自分の声にもはまりましたね」

 

榛名「誰のうた? スピッツ? シェパードなら知ってるけど(笑)」

 

「麗人 REIJIN―Season2」トークイベントより=撮影・和田真理

「麗人 REIJIN―Season2」トークイベントより=撮影・和田真理

 

高汐「ロビンソン・クルーソーは知ってたけど(笑)でもステキな曲ですね」

 

榛名「今回のアルバムには知らない曲が結構ありましたが、いい曲ばかりですよ。壮さんの歌も声に合っていて、思わず、うまい!と唸りました」

 

――壮さんは前回のアルバムで、水原弘さんの『黒い花びら』を歌っていましたね。

 

壮「私がまだ生まれる前の歌だったんですが、今回は95年の作品で、幅広い年代に渡って歌わせていただいています。今の曲は言葉数が多いのですが、『黒い花びら』は多くを語らずに、聴いている側に想像してもらう構成が魅力的ですよね。男役として歌うのにいいと思いました」

 

――最後にみなさんから、一言ずつお願いします

 

壮「身近な歌詞なんですが、壮大な曲です。私なりの『ロビンソン』を聴いて下さる皆様にもお伝え出来ればいいな、と心を込めて歌いました。前回のコンサートでは司会をしながら袖で上級生の歌を聴かせて頂きましたが、これまでの人生や宝塚で培っていらしたものが、それぞれの歌の厚みにつながっていらっしゃるなと、生意気にも感動してしまいました。こうして先輩方とお仕事をさせていただいて本当に嬉しく思います」

 

壮一帆さん=撮影・さかせがわ猫丸

壮一帆さん=撮影・さかせがわ猫丸

 

高汐「全員がトップスターとして卒業し、辞めてからもいろんな経験を重ねています。そんなみなさんの歌を聴かせていただきながら、私自身もいろいろ振り返ることが出来ました。とてもステキな仕上がりになっていますので、このCDを一人でも多くの方に聴いていただきたいと願っています」

 

榛名「麗人という題名にまず、うわあっと声が出たほど、感動しました。最上級生でレジェンドだとか言われますが、今、流行ってるんですかね(笑) とても緊張しますが、同世代の汀夏子さんや安奈淳さんも参加されるのは、心丈夫なことでした。さらに瀬戸内美八、平みちもいて、その下にもずーっとトップスターが連なっていて、この12人を見るだけで宝塚の歴史がわかるよう。これはすごい! これは買うべきだ! 私も自分でも買いますよ! それくらい力入りました。みんな素晴らしかった。宝塚を辞めてからもみんな勉強しているんですね。現役の時よりも冗談抜きにうまくなってる(笑) 成長過程を聞いてください」

 

榛名さんの率直で明るいトークにお客様はすっかりハートをつかまれ、何度も爆笑の渦に巻き込まれました。そんな様子を、今も男役の香りを残したシャープなルックスと、穏やかな笑みを絶やさない高汐さんが見守り、2人の大先輩から温かく受け止めてもらって、すっかり可愛い後輩になった壮さんの楽しさいっぱいな様子で、トークショーは終始なごやかに繰り広げられました。
その後はお客様と一緒に撮影会。CDへの記念サイン会も行われ、ファンのみなさんも大満足な1日となったことでしょう。

 

「麗人 REIJIN―Season2」トークイベントより=撮影・和田真理

「麗人 REIJIN―Season2」トークイベントより=撮影・和田真理

 

 

<関連リンク>
Victor Entertainmentの「REIJIN」のページ (試聴・ダウンロード可能)
壮一帆さんのプロフィールページ(キューブ)
壮一帆さんのオフィシャルファンクラブ「SO CLUB」

 

<プレゼント>
ニューアルバム発売イベントを記念して、特別に抽選でアイデアニュース有料会員1名さまに、壮一帆さんのサイン入り「麗人 REIJIN―Season2」CDをプレゼントします。以下のフォームからご応募ください。応募締め切りは2月26日(金)。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。(このプレゼント募集は終了しました。ご応募くださった方、ありがとうございました)

 

 

※ここから先は、アイデアニュース会員(月額300円)だけが読める部分です。会員になってログインすると、全文が開き、この続きを読むことができます。

 

【アイデアニュース会員限定コンテンツ】
<囲み会見より>
■卒業したら冷たい水に浸かる経験も
■オーケストラの雰囲気に鳥肌が立った
■芸能界は厳しいと言われますが…
<壮一帆さんアイデアニュース単独インタビュー>
■スピッツの『ロビンソン』は、どのようにして?
■宝塚の時は、より深く、より太く
■学んだことで、役立ってるなあと思うことは
■え! しゃべるのが苦手だったんですか?

 

アイデアニュース会員登録は、⇒ここをクリック

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる)/全国紙を退社後、フリーライターに。主に教育関係の記事を手掛けながら根っこは20年来の宝塚ファン。全組を広く浅く愛し続けている。⇒さかせがわ猫丸さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.