マスコミ編集講座(2):なぜ産経新聞が右で、朝日新聞が左なのか | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

マスコミ編集講座(2):なぜ産経新聞が右で、朝日新聞が左なのか

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年2月15日

 

マスコミ編集講座の2回目は、朝日新聞社と産経新聞社の違いについて私の経験から少し説明したいと思います。路線的に産経が右、朝日が左とよく言われますが、なぜ産経が右で朝日が左なのかについて両者の記者を経験した立場から説明させていただきます。読売は右、毎日は左とも言われますが、それも同じ理由だと思います。また、産経と朝日、読売、毎日、日経などは給与や待遇面でも大きな違いがありますので、そのへんも合わせてご紹介したいと思います。この記事の本文はアイデアニュース会員限定です。

 

アイデアニュース会員登録は ⇒ここをクリック

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    

 

「マスコミ編集講座」の記事一覧は ⇒ここをクリック

 

 

<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 熊野吾郎 より:

    橋本さんは最初に「産経新聞」に在籍されておられたのですか。私の叔父が産経新聞に在籍していたのはそれよりだいぶ前と思いますが,なんとなく懐かしく思い出します。(叔父は産経Gの勢力争いに負けた派で、その後ラジオ大阪に移動しましたが、左遷?されたのだと思います。)もう亡くなって随分になりますが、やはり「産経系」らしく考え方は私とは真逆でした。でも人間的には優しい心の持ち主だったと思います。私も定年後十五年を過ぎた高齢者、お役には立てませんが、「アイデアニュース社」を少しでも応援していきたいと思います。これからも宜しくお願いします。


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.