収益の一部をバングラデシュ支援に活用、ユニクロが新コレクション発売へ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

収益の一部をバングラデシュ支援に活用、ユニクロが新コレクション発売へ

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年4月15日

 

チュニック

チュニック

 

株式会社ユニクロは、2015年4月15日、バングラデシュの女性用伝統衣装にインスピレーションを得た新たなコレクションを、4月20日(月)から発売すると発表しました。ユニクロは、このコレクションの収益の一部を活用して「Factory Worker Empowerment Project」を始動。収益の一部は、バングラデシュの縫製産業で働く女性の教育支援に充てられます。

 

このコレクションは、ワンピースとパンツ、スカーフで構成されるバングラデシュの女性用伝統衣装「サロワカミューズ」のスタイルを踏襲した3アイテムに、チュニックを加えた4アイテムを全9型で展開されます。

 

人々に長く愛され生活に根ざした日常着である伝統衣装をシンプルで現代的なスタイルにアレンジしたもの。デザインは、ニューヨークのユニクロ商品開発チームが手がけました。

 

ワンピース

ワンピース

 

ユニクロをはじめとするファーストリテイリンググループの重要な生産拠点のひとつであるバングラデシュでは、不十分な教育システムが社会課題のひとつとされています。特に、縫製産業従事者の大部分を占める女性の基礎教育機会は限られています。このため、衛生・栄養管理やお金の使い方など生活に必要な知識が十分でなく、自身や家族の病気予防や対処ができない、将来設計の概念が乏しいなどの理由から収入や生活が不安定になるといった問題を抱えています。

 

ユニクロはこうした課題の解決に貢献する目的で、本コレクションの収益の一部を活用し「Factory Worker Empowerment Project」を始動。途上国での女性の教育支援に実績のある国際NPOのBSRが提供するプログラムを通して、自社の取引先縫製工場で働く女性を対象に、基本的な栄養学や妊娠・出産時のケアを含む衛生・健康管理、家計管理などのライフスキル習得を促進し、ユニクロの品質を支える人たちの未来を持続的に支援することを目指します。本プロジェクトは、約2万人の働く女性を支援します。

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.