小池修一郎「スペクタキュル」の集大成、「1789 -バスティーユの恋人たち-」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

小池修一郎「スペクタキュル」の集大成、「1789 -バスティーユの恋人たち-」

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年4月27日

 

フランス革命を舞台にしたフレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」が東京の帝国劇場で上演されています(東京公演は5月15日まで。大阪・梅田芸術劇場での公演は5月21日から)。分かりやすく、派手で、面白くて、ガツンとくる。演出家の小池修一郎さんが近年追求してきたフランス流「スペクタキュル」の集大成のような舞台です。(この記事は4月19日午後6時からの公演を観劇して書いたものです)

 

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

 

私が「スペクタキュル」という言葉を初めて聞いたのは、2010年6月8日に梅田芸術劇場で行われた宝塚歌劇星組梅田芸術劇場メインホール公演 ミュージカル「ロミオとジュリエット」製作発表の席上でした。小池さんが「フランスにおけるスペクタキュルというジャンルが、日本人によって上演されるのは初めてです」と説明したのに対して「スペクタクルじゃなくて、スペクタキュルなんですね? 不勉強で申し訳ございませんが、どういうジャンルなんですか?」と質問したことが、遠い昔のことのように思えます。

 

 

フランスで人気の派手なダンスやダイナミックな仕掛けのある舞台

 

小池さんはその時、こう答えました「フランスで最近人気のスペクタキュルは、派手なダンスやダイナミックな仕掛けのある舞台で、サーカスにも似たものもあります。演劇と言うよりは、もっとパフォーマンスに近い。音楽が多くて、コンサートに筋やダンスがついているといった概念です」(朝日新聞デジタル「スターファイル」2010年6月11日「ロミオとジュリエット」製作発表より)。

 

誤解を恐れずに言うならば、「スペクタキュル」とは、オペラやバレエのような「伝統的で高尚な」公演ではなく、歌をメインにしたコンサートにストーリーを組み込んだような「現代的で大衆的な」イメージの舞台だと、私は思っています。

 

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

 

美術の松井るみさんによる装置の動きに「おおお!」

 

「1789 -バスティーユの恋人たち-」は2015年に宝塚歌劇団 月組でも上演されていますが、キャストに男性が加わった分、ダイナミックなアクションが増え、装置や衣裳も一新されています。今回、まず何よりも驚いたのは、美術の松井るみさんによる装置。詳しくはネタバレになるので遠慮させていただきますが、巨大な壁が「おおおおお!」と思う動きをして、貴族と民衆の世界を作ると同時に、さまざまな役割に変化してゆきます。また衣裳もユニークで、秘密警察3人組がテントウムシなど原色の着ぐるみで舞台に駆け上がって踊り出したり、さらに空中浮揚の手品を思わせるようなシーンもあるなど、「スペクタキュル」モード全開でした。

 

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

 

苦悩するシトワイヤンの熱い思いを表現した加藤和樹さん

 

私が観たのは、Wキャストのうち、主役の農民ロナンを加藤和樹さんが、ロナンと惹かれあうオランプ(王太子の養育係)を夢咲ねねさんが、マリー・アントワネットを凰稀かなめさんが演じた回でした。加藤さんは今年1月の合同取材の際に「小池さんからラブストーリーについて受けたアドバイスは?」という取材陣からの質問に「僕は昼ドラに何作か出演させていただいたんですが、『昼ドラっぽい、いやらしさを無くしてくれ』って(笑)」と答えていました。ロナンを演じる加藤さんから「いやらしさ」は感じませんでしたが、自分自身でも消化しきれない複雑な心情を抱えながらオランプに惹かれ、自由と平等と、そしてオランプを守ろうとする、そんな1人のシトワイヤン(市民)の「熱い思い」が伝わってきました。

 

 

歴史の本には登場しないロナンのようなシトワイヤンの力と犠牲が、言論や出版の自由をも高らかに宣言した「フランス人権宣言」を生みだしたのだということを、あらためて思い起こさせてくれる舞台でした。

 

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

 

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

 

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

フレンチ・ロック・ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」より=写真提供・東宝演劇部

 

<公演案内>
「1789 -バスティーユの恋人たち-」
【東京公演】2016年4月9日(土)~2016年5月15日(日) 帝国劇場
http://www.tohostage.com/1789/
【大阪公演】2016年5月21日(土)~2016年6月5日(日) 梅田芸術劇場メインホール
http://www.umegei.com/1789/

 

<アイデアニュース関連記事>
メジャーデビュー10周年、加藤和樹さんインタビュー
https://ideanews.jp/archives/15174
10周年の加藤和樹、「春」を呼ぶシングル「春恋」4月20日発売決定
https://ideanews.jp/archives/17883

 

<ここからはアイデアニュース有料会員限定部分です>有料会員(月額300円)の方は、アイデアニュースのすべての記事の全文をお読みいただけます。(この記事の有料会員限定部分に写真はありません)⇒有料会員登録は、ここをクリック

 

「なるほど」と思わせる抑えた演技の吉野圭吾さん

 

ソニンさんの「世界を我が手に」、最高!

 

「戦争をしない国民」として歌い続けることが出来るか

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.