成仏できない戦国武将7人が冥界で再会、劇団THE REDFACE「七慟伽藍 其の十三」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

成仏できない戦国武将7人が冥界で再会、劇団THE REDFACE「七慟伽藍 其の十三」

筆者: 堀内優美 更新日: 2016年4月28日

 

俳優・榊原利彦さんが座長をつとめる劇団「THE REDFACE」の公演「七慟伽藍(しちどうがらん) 其の十三」が4月8日(金)~4月10日(日)愛知県芸術劇場で行われました。この作品は、2009年の初演以来3年ぶり13回目の上演。劇団としても最多再演数を誇り、これまで70人以上に及ぶキャストたちによって上演されてきました。今回のアイデアニュースでは、筆者が観劇した4月9日公演の様子をお伝えします。

 

劇団THE REDFACE公演「七慟伽藍(しちどうがらん) 其の十三」より=撮影・堀江男二

劇団THE REDFACE公演「七慟伽藍(しちどうがらん) 其の十三」より=撮影・堀江男二

 

物語は、天界の扉の鍵を持つ八尾比丘尼(田中良子)が、ストーリーテラーとして登場するところからはじまります。戦国時代が終わって400年、未だ成仏できない戦国武将の7人、織田信長(榊原利彦)、武田信玄(斉木テツ)、朝倉義景(三井伸介)、浅井長政(塚田慎太)、明智光秀(奥田直樹)、徳川家康(長繩龍郎)、豊臣秀吉(串間保)が、音も光もない「冥界」で出会います。

 

八百比丘尼役・田中良子さん=撮影:堀江男二

八百比丘尼役・田中良子さん=撮影:堀江男二

 

ご存知のように、この武将たちは、自らが天下をとることで国が平和になると信じ、命がけで戦ってきた面々。彼らは自分たちが死んでからもなお、敵を倒さなければ平和はないといった強い念を持ち、成仏できないまま、冥界をさまよい続けていました。

 

「七慟伽藍(しちどうがらん) 其の十三」より=撮影・堀江男二

「七慟伽藍(しちどうがらん) 其の十三」より=撮影・堀江男二

 

自分たちの死後の国は一体どうなってしまったのか、自分の子孫たちはどうなったか、ということをそれぞれが気がかりに思っており、冥界で再会した武将たちにたずねます。次々に明かされていく事実に、驚き、怒り、嘆く7人。武将たちが思い思いの言葉で語るうちに、やがてなぞに包まれた戦国の真実が明らかになっていきます。

 

この作品は、2008年、脚本家の榊原玉記さんにより、織田信長と豊臣秀吉が一乗谷を焼き尽くすシーンを描いた15分の寸劇から生まれたもの。その後、5名の戦国武将(武田信玄、朝倉義景、浅井長政、明智光秀、徳川家康)と紅一点の八百比丘尼をストーリーテラーに加え、8名の物語として完成させたそうです。

 

明智光秀役・奥田直樹さん=撮影:堀江男二

明智光秀役・奥田直樹さん=撮影:堀江男二

 

脚本は榊原玉記さんにより史実に基づいて描かれたオリジナルですが、もしかして実はこういうことだったのかな、と思わせるリアルな視点が面白かったです。歴史好きの方はもちろん、知識を持ちあわせていない方でもわかりやすく楽しめるように構成されていました。

 

ラスト場面の迫力は圧巻(織田信長役・榊原利彦さん)=撮影・堀江男二

ラスト場面の迫力は圧巻(織田信長役・榊原利彦さん)=撮影・堀江男二

 

 

<「七慟伽藍 其の十三」フォトギャラリー>(サムネイルをクリックすると拡大されます。「>」マークをクリックすると次のページに進みます)

 

 

<THE REDFACE 近日公演予定>
★「カルメン OPERA COMIC」
【横浜公演】2016年5月2日(月)横浜市開港記念会館
★「羅馬から来た、サムライ」
【名古屋公演】2016年7月8日(金)~10日(日)愛知県芸術劇場小ホール
【東京公演】2016年7月13日(水)~15日(金)スクエア荏原ひらつかホール

 

<関連サイト>
「THE REDFACE」公式サイト

 

2016年5月2日に上演する「カルメン OPERA COMIC」のフライヤー

2016年5月2日に上演する「カルメン OPERA COMIC」のフライヤー

 

2016年5月2日に上演する「カルメン OPERA COMIC」のフライヤー

2016年5月2日に上演する「カルメン OPERA COMIC」のフライヤー

 

 

<アイデアニュース有料会員限定部分>ここから先は、アイデアニュースの有料会員(月額300円)だけが読める部分となります。有料会員になると過去の記事を含むすべての記事をお読みいただけます。有料会員登録は ⇒こちら

 

榊原さんが考案された「活読劇」という演出方法は

 

凄まじいノンストップの疾走感、100分後には観ている側も汗だく

 

榊原さん「再演を機に、今後東京でも是非やってみたい」

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>堀内優美(ほりうち・ゆみ) フリーライター。兵庫県出身。行政の広報・番組制作に携わった後、フリーアナウンサーに。女性ならではの繊細な感性で描くコラム、自身の経験を生かしたエンタテインメント分野の執筆・取材を得意とし、新聞・雑誌・WEBにて連載中。司会者、ナレーター、講師としても活動している。 ⇒堀内優美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.