夏休みに1週間、米国スタンフォード大でロボットやデジタル映像製作を学ぶ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

夏休みに1週間、米国スタンフォード大でロボットやデジタル映像製作を学ぶ

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2015年5月1日

 

 

夏休みに米国スタンフォード大学でロボット製作/3Dゲーム構築/デジタルアニメ・映画製作を学び、寮や学食などスタンフォード大学生の生活体験ができる、1週間の特別プログラムのお知らせです。(2015年5月1日、ValuePress!を通じて発表されたAZusa,Inc.のプレスリリースより)

 

プログラムは、小学生~社会人までクラス別に開講。毎年夏休みにスタンフォードで実施されるプログラム「Digital Media Academy」に日本からも参加できるよう、国際教育プログラムを提供するAZusa社と提携、日米バイリンガルの特別プログラムの開催が実現することになりました。

 

プログラムは日曜開講~金曜終了の5泊6日で、大学内での授業のほか、スタンフォード大学寮での宿泊、学食等での毎日3食と、自由時間をつかった文化交流アクティビティも含まれます。参加者の年齢に合わせ、各4つのコースがあります。

 

  • <クラスと日程>
    ・「ロボット製作と電子工学」 小~高校生クラス:7月26日(日)~8月1日(土)/大学生~社会人クラス:8月16日(日)~8月21日(金)
    ・「マインクラフトを使った3Dゲーム製作」小~高校生クラス:7月26日(日)~8月1日(土)/大学生~社会人クラス:8月16日(日)~8月21日(金)
    ・「デジタル・アニメ製作」小~高校生クラス:7月26日(日)~8月1日(土)/大学生~社会人クラス:8月16日(日)~8月21日(金)
    ・「デジタル・フィルム製作」小~高校生クラス:7月26日(日)~8月1日(土)/大学生~社会人クラス:8月16日(日)~8月21日(金)

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
■ 2020年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.