語られざる見せ場も、『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

語られざる見せ場も、『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』

筆者: 達花和月 更新日: 2017年4月30日

 

ゲーム『ロマンシング サガ3』の世界を舞台化した「30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』」が2017年4月15日から5月7日まで全国各地で上演されています(東京は終了、大阪は4月30日まで、愛知は5月3日から、福岡は5月6日から)。アイデアニュースでは、東京公演を取材することができましたので、独自撮影の写真とテキストで、公演の様子をレポートします。

 

『ロマンシング サガ ザ ステージ ~ロアーヌが燃える日~』公演より(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Produced By ”Romancing SaGa THE STAGE” Production Committee=撮影・達花和月

『ロマンシング サガ ザ ステージ ~ロアーヌが燃える日~』公演より(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Produced By ”Romancing SaGa THE STAGE” Production Committee=撮影・達花和月

 

 

■“互いに背中を預けられる”ハリード(清水順二)とシャール(佐藤アツヒロ)

 

「死食」と呼ばれる現象が生み出す状況を恐れる世界。その年に生まれ、かつ生き残った赤ん坊、“宿命の子”、サラ(新垣里沙)によりもたらされるのは、動乱かはたまた安寧か。今はその答えがもたらされようとする過渡期。それでも人々は日々を、出来る事を成しながら懸命に生きている。

 

そんな感じで緊張感漂う空気が流れる作品世界ではありますが、フッと息をつけるシーンや思わずクスリと笑えるシーンも散りばめられていました。登場人物たちそれぞれの過去エピソードを含めた、ゲームで語られなかったという見せ場もあるので、ほぼ群像劇。そして、「30-DELUX」といえばアクションプレイ! ゲームもかくや、というアクションが、CGと組み合わされて眼前で見事に再現されると、映画を観ているような、いえ、まるで自分がゲームの世界に紛れ込んでしまったような不思議な感覚になりました。

 

ゲーム版での主要なキャラクター8人の中で、今作は、崩壊したゲッシア朝の王族で、傭兵として戦っているハリード(清水順二)がメインの筋立て。まだ平和であった頃のファティーマ姫(笠松はる)とのエピソードあり、剣士シャール(佐藤アツヒロ)との男の友情が感じられるシーンも多く、“互いに背中を預けられる”感が半端なくかっこいいです。その終始かっこいい彼ですが、とあるシーンでのファティーマ姫とのエピソードでは意外な姿を見せてくれて、思いがけずコミカルな面を覗かせていました。

 

 

■笠松はるのソプラノが美しく切ない、メロディアスな劇中歌「光を抱いて」

 

その一連のエピソード後半での、ファティーマ姫がハリードに歌う劇中歌「♪光を抱いて」は、美しいソプラノで歌われる大変メロディアスな曲で、物語の美しく切ない側面を高めていました。

 

『ロマンシング サガ ザ ステージ ~ロアーヌが燃える日~』公演より(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Produced By ”Romancing SaGa THE STAGE” Production Committee=撮影・達花和月

『ロマンシング サガ ザ ステージ ~ロアーヌが燃える日~』公演より(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Produced By ”Romancing SaGa THE STAGE” Production Committee=撮影・達花和月

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、レポートの全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■詩人(田中精)とゆきだるま(谷口敏也)が、旅支度の「前説」

 

■サラ(新垣里沙)と少年(香音有希)が歌う「宿命の子」は切々と

 

■ミカエル(中村誠治郎)とカタリナ(緒月遠麻)の関係にヤキモキ

 

■縦横無人の軽快な身のこなしが目を引いた平山佳延の海賊ブラック

 

■魔龍公ビューネイ(片山萌美)との戦いがクライマックスに

 

<ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~>
【東京公演】 2017年4月15日(土)~4月23日(日) サンシャイン劇場(この公演は終了しました)
【大阪公演】 2017年4月28日(金)~4月30日(日) サンケイホールブリーゼ
【愛知公演】 2017年5月3日(水・祝)~5月4日(木・祝) 愛知県芸術劇場 大ホール
【福岡公演】 2017年5月6日(土)~5月7日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
公式ページ http://saga-stage.com/

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭は一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、優待チケット購入などのサービスを利用できるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年7月掲載分
■ 2017年6月掲載分
■ 2017年5月掲載分
■ 2017年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.