「上手くいくかいかないかは、僕次第」、『謎の変奏曲』井上芳雄インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「上手くいくかいかないかは、僕次第」、『謎の変奏曲』井上芳雄インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年7月10日

 

舞台『謎の変奏曲』に出演される井上芳雄さんの合同インタビューに参加し、一部は個別インタビューをさせていただきました。(上)(下)に分けてお届けします。個別インタビューでお伺いした『グレート・ギャツビー』が開幕してからの思いについては、(下)の有料会員限定部分に掲載しています。ぜひご覧ください。

 

井上芳雄さん=撮影・岩村美佳

井上芳雄さん=撮影・岩村美佳

 

『謎の変奏曲』は、『エニグマ変奏曲』として1996年にフランス演劇界注目の作家エリック=エマニュエル・シュミット作、アラン・ドロン主演で初演され大好評を博し、以来世界各国で上演されている作品です。2人の男達による会話劇で、1人の女性を中心とした真理ゲームが展開され、衝撃的なクライマックスを迎えます。

 

 

――台本を読んでいかがですか?

 

ポスター撮影前や今日の取材前など、もう何回も読みましたが、読む度にとても面白くて、何回読んでも最後に驚いてしまうくらい新鮮です。

 

――過去に上演された時も、その都度「絶対ラストだけはどこにも書かないで」と言われる作品で、実際に観た人しか最後が分からないという。

 

取材泣かせの作品ですよね(笑)。だから、自分の役についても言いにくいです。『謎の変奏曲』というタイトルですから、謎があるのはもちろんですが、ラストを書かないことを守ってもらうに値するよく出来た戯曲だと思いました。

 

――どんな経緯でこの作品をやることになったんですか?

 

最初に「こういう面白い戯曲がある」と紹介されて読ませて頂きました。上演についてはわからない状況で、戯曲を読んだらものすごく面白かったんです。こんなに面白いのに僕は知らなかったですし、日本でも何回か上演されていますが、誰もが知っているような作品ではないのが不思議でした。ただ、2人芝居で会話劇というのはハードルが高いというのはあると思います。自分が出来るか出来ないかを別にしても、絶対にやりたいと思った戯曲でした。

 

――どこにそれ程の面白さを感じますか?

 

もちろんストーリーの面白さもあると思いますし、何回もどんでん返しがあり、作劇の上手さは絶対にあると思いますが、それは要素の1つだと思います。「愛」「人生」「男」「女」……全てについての話であり、2人の会話の内容がとても魅力的だと思いました。2人芝居で会話劇なので、会話をするしかないんですが、そうなると何を語っているかですよね。ある程度年をとった人と若い人が2人で会話する作品は他にも色々とあると思いますが、いかにそこで何を話しているのかが重要だと思います。この作品の2人はかなり特異な状況にあるので、そこも面白かったですし、全てが面白い本だと思いますね。

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ネタバレにならないように配慮しながら『謎の変奏曲』について語ってくださった内容と、ミュージカルとストレートプレイについてうかがったお話など、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。11日掲載予定のインタビュー「下」では、『グレート・ギャツビー』公演が始まってからの思いなどについて伺ったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■問題があるとしたら「井上の演技が……」ということにしかならないと思う

 

■あまり詳しくは言えないですが、イニシアチブは結構こちらが取るんです

 

■2人だけの会話劇は、お芝居の一番凝縮した濃い部分で、大変だけど面白い

 

■お芝居だけやっている時は声が出ないので歌うのは嫌だなと。それくらい違う

 

 

<舞台『謎の変奏曲』>
【東京公演】2017年9月14日(木)~9月24日(日) 世田谷パブリックシアター
【大阪公演】2017年9月30日(土)~10月1日(日) サンケイホールブリーゼ
【新潟公演】2017年10月3日(火) りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場
【福岡公演】2017年10月7日(土)~10月8日(日) 大野城まどかぴあ
http://www.nazono.jp/

 

<関連リンク>
井上芳雄オフィシャルサイト http://www.grand-arts.com/yi/

 

井上芳雄 関連記事:
⇒すべて見る

 

※井上芳雄さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月24日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

井上芳雄さん=撮影・岩村美佳

井上芳雄さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. クロスオーバー より:

    井上芳雄さんのミュージカル、演劇に対するブレない芯をとらえ、魅力をぐいっと踏み込んだ質問で引き出していて、読んでいて心地よいです。写真もどれも魅力的かつ幻惑的。

    ギャツビーで茶髪でいる井上芳雄さんの貴重な写真とインタヴューだとおもいます。
    今後も井上芳雄君に、密着して(笑)ドS的に迫ってください。期待しています。

  2. まるとセリーヌ より:

    芳雄さんの二人芝居は初めてなのでどんな掛け合いになるのか、間の空気感や緊張感など今の彼だから体現できる舞台がとても楽しみです。

  3. ゆず より:

    「謎の変奏曲」は、まだ見たことがないのですが、脚本が面白そうなことや、演出家も出演者も実力者揃いなこともあり、今から楽しみな作品です。
    井上さんが挙げられていた「負傷者16人」は、衝撃的な内容にも関わらず、心の奥深くに突き刺さり、今でも時々放映された映像を見返す作品です。それを少し思い出したという表現にも期待が高まります。ラストはどこにも書かないで欲しいという結末がどんなものか、早く劇場で体感したいです。

  4. まあ より:

    記事を読みました。芳雄さんの謎の変奏曲に向けての思いとか考えとかを知ることができ、常に新しいことへ挑戦をし続けている姿に尊敬するばかりです。毎回芳雄さんの記事をはじめ楽しみに読ませていただいているのでこれからもよろしくお願いいたします。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.