フィリピンでもっとも人気があったYouTube広告 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

フィリピンでもっとも人気があったYouTube広告

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年2月9日

 

Googleフィリピンは、昨年フィリピンでもっとも人気があったYou Tube広告のトップ10を発表しました。どの動画広告も、感情に訴えるストーリー仕立て。特に、1位になったコカ・コーラの広告は、フィリピン人の価値観に合っていて広く共感を呼んだものです。

 

 

「あなたは毎日 誰にThank you と言いますか?」そう聞かれて、コマーシャルの中の人たちは、みんな饒舌に語り始めます。

 

毎日利用しているジプニーの運転手。よく行くスーパーマーケットで袋詰めの係をしている若者。駐車場の料金係の女性。住んでいるアパートのガードマン。
「あの運転手さんだから安心して通勤できるの。お客じゃなくて、友達みたいに話しかけてくれる」「買い物袋を忘れたとき、走って持ってきてくれたよ」「駐車場に入ったら、彼女の笑顔と明るい挨拶で、ひどい渋滞だったことなんか忘れちゃうよ」「必ず挨拶してくれて、一度酔っぱらって帰ってきたとき、部屋まで送ってくれたんだ」
だけど、「その人の名前を知っていますか?」と聞かれるとみんな言葉につまり、すまなそうな、悲しそうな表情になります・・・自分の毎日を明るくしてくれる人なのに、名前を知らないことを、申し訳なく感じた瞬間の表情がいいんです。

 

 

コカ・コーラの名前入りボトルキャンペーン、広告って分かっていてもちょっと感動しました。名前を呼んでもらって、自分の名前入りのボトルをもらった人たちの笑顔、いいなあ。

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の記事

■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.