川井郁子、「第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサート 2018」の魅力を語る(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

川井郁子、「第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサート 2018」の魅力を語る(下)

筆者: 米満ゆうこ 更新日: 2018年5月4日

 

世界最高峰の名器とうたわれるストラディヴァリウスのみを集めて、ベルリン・フィルの名手13人が奏でる「第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサート 2018」が2018年5月26日(土)に開幕し、大阪では5月31日(木)にフェスティバルホールで開催される。1715年製のストラディヴァリウスを愛用しているヴァイオリニストの川井郁子さんのインタビュー後半では、川井さん自身の活動について話を聞いた。

 

川井郁子さん=撮影・米満ゆうこ

川井郁子さん=撮影・米満ゆうこ

 

――今回、登場するストラドのヴィオラは地球上にわずか10台ほどしか存在しないそうです。

 

私もヴィオラのストラドは間近で一度も見たことがないので、すごく貴重ですね。ぜひ、聴いてみたいです。ストラドのチェロも美しいですよ。音の滑らかさとふくよかさ、音の密度の高さなど全部揃っています。ヴァイオリンもすごいですけど、ストラドの良さはチェロにもすごく感じます。

 

――ヴァイオリンに集中しがちですが、ヴィオラやチェロにも注目して聴いてみたいですね。

 

耳を澄ますところを変えて聞いてみると、色んな発見があると思いますよ。

 

 

■「月」をテーマにしたアルバムを昨年、リリース

 

――ここで、川井さんについてお伺いします。昨年、7年ぶりにアルバム「LUNA」をリリースされました。いつも私たち人間の身近にある「月(LUNA)」をテーマにされたのは何故ですか。

 

太古の時代から人は月を見て生きてきました。人が月にかけて、投影してきた思いを込めました。また、月は色んな顔を持っている。清純な澄み切った月もあれば、赤く妖しい月もある。それが女性に重なって、何度でも生まれ変わるという女性としての気持ちも重ねました。和楽器を多様に使い「オリエンタル」な世界観をテーマにしてみたんです。

 

――川井さんご自身が、「多様性のある月みたい」だと言われたことがあるそうですね。

 

舞台をやっているときに「あなたは器用ではなくて、受容体なんだと思う」とある人に言われたんです。与えられた役や、曲によって自分が自然に変わる。まさにそれが月みたいだなと思いました。照らされるものによって、私の中にあるメラメラしたものが出てくる(笑)。そういう面が自分の中にあるんですね。今回、和楽器の人たちとの出会いがあって、多彩な表現ができて良かったなと思っています。

 

――アルバムではムソルグスキーの「展覧会の絵」を、和楽器を使いアレンジされていました。原曲を崩さずに、お囃子や沖縄音楽も取り入れられ、ものすごく斬新でした。

 

昔からあのメロディーには和を感じていたんです。今回、ああいう形で発表できて楽しかったです。

 

――クラシックの名曲は聴いていて、和が合うなど、曲によってアレンジのイメージが膨らむのですか。

 

そうですね。曲によって、これは尺八が合うなとか。そういうアプローチが浮かんだときにしかアレンジしたくないので、どんなにその曲が好きでも、無理やり別なアレンジに変えることはしないようにしています。新しいイメージが浮かんだときだけですね。

 

 

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■ストラディヴァリウスが和の世界観を引き出してくれた

 

■羽生結弦選手がソチ五輪で使用した「ホワイト・レジェンド」を収録

 

■難民の子どもたちを支援する「マザーハンド基金」

 

■新たな自分を発見したときが一番ワクワクする

 

 

<第12回 ストラディヴァリウス・サミット・コンサ-ト 2018>
【松山公演】2018年5月26日(土)松山市民会館大ホール
【福岡公演】2018年5月27日(日)福岡シンフォニーホール
【川越公演】2018年5月29日(火)ウェスタ川越 大ホール
【大阪公演】2018年5月31日(木)フェスティバルホール
【浜松公演】2018年6月1日(金)アクトシティ浜松 大ホール
【山口公演】2018年6月2日(土)山口市民会館大ホール
【島根公演】2018年6月3日(日)島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
【鹿児島公演】2018年6月5日(火)鹿児島市民文化ホール第一
【札幌公演】2018年6月6日(水)札幌コンサートホールKitara 大ホール
【名古屋公演】2018年6月7日(木)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
【東京公演】2018年6月8日(金)~6月10日(日)サントリーホール 大ホール

 

<公式サイト>
http://www.st-summit.com/

 

<関連リンク>
Ikuko Kawai Official Web Site http://www.ikukokawai.com/

 

 

川井郁子 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>米満ゆうこ(よねみつ・ゆうこ) 大阪府出身。「アート」をテーマに国内外の舞台を中心に取材・執筆をしている。ブロードウェイの観劇は長期にわたり、脚本家や演出家、俳優たちに現地でも取材。作品を追っかけたり、芸術家にインタビューしたりすることが、原動力であり、救いにもなっていると最近、実感する日々。

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.