YouTubeで学ぶ英語:(21)My life is worth living ダウン症の男性による証言 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(21)My life is worth living ダウン症の男性による証言

筆者: 松中みどり 更新日: 2018年4月28日

 

2017年10月25日、アメリカの下院歳出小委員会で公聴会が開かれました。そこで冒頭陳述をおこなったのが、ダウン症をもっているフランク・スティーブンスさん。「私の人生には生きる価値がある」と語った力強いスピーチをお聴きください。

 

 

アメリカの議会では、常任委員会の小委員会で、民間の関係者を呼んで証言を聞くということをひんぱんにおこなっているそうです。それを参考に政策の方針を決めたり、予算を割り振ったりするわけですが、この日登壇したフランクさんは、俳優であり、スペシャルオリンピックのアスリートで、ダウン症の財団の役員でもあります。( )の単語が聴き取れるように注意して、スピーチの最初の部分をお聴きください。

 

Mr. Chairman and members of the (   1  ),  just so there is no confusion, let me say that I am not a research scientist.
However, no one knows more about life with Down syndrome than I do. Whatever you learn today,  please remember this, I am a man with down syndrome and my life is (  2   ) living.

議長および委員会のメンバーの皆さん、混乱のないように一応申し上げておきます。私は科学研究員ではありません。(笑)

でも、ここにいる誰よりも、ダウン症を持って生きる人生について知っています。今日、何か学んでいただけるとしたら、これだけは覚えておいてください。私はダウン症です。そして私の人生は生きるに価するものです。

 

 

彼の証言に先立って、2017年8月アメリカCBSニュースの番組でアイスランドの出生前診断のことが取り上げられ、論議を呼んでいました。アイスランドでは、妊婦の80から85パーセントが出生前スクリーニングを受け、胎児がダウン症の可能性が高いとなると、ほぼ100パーセントの人が中絶しているというドキュメンタリーです。福祉国家デンマークも、ダウン症の胎児の中絶率は98パーセント。フランクさんの証言はまさに、アメリカが今後、どのような方向に進んでいくのかを決める大事なものだったのです。フランクさんの次の言葉に胸をつかれます。

 

Sadly, across the world, a notion is being sold that maybe we don’t need research concerning Down Syndrome. Some people say prenatal screens will identify Down Syndrome in the womb and those pregnancies will just be (      3      ).  It’s hard for me to sit here and say those words.

悲しいことに、世界では、ダウン症の研究はもう必要ないという考え方が出てきています。出生前スクリーニングでダウン症の胎児だということがわかったら、中絶してしまえばいいのだと言う人たちがいます。ここに座ってこのような言葉を紹介するだけでも、私には辛いことです。

 

 

<関連サイト>

Powerful Speech on Down Syndrome Goes Viral ジェローム・ルジューヌ財団の記事

Frank Stephens  ウイキペディアの記事

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、聴き取りの答えと解説、フランクさんのスピーチの続きを紹介しています。筆者の試訳つきです。ぜひご利用ください。

 

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■聴き取りの答え~に価するという言い方~

 

■スピーチ全文(松中みどり試訳つき)

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.