勇ましく凪七瑠海、お茶目に瀬戸かずや、宝塚『蘭陵王―美しすぎる武将―』開幕 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

勇ましく凪七瑠海、お茶目に瀬戸かずや、宝塚『蘭陵王―美しすぎる武将―』開幕

筆者: 中田 ゆりな 更新日: 2018年11月21日

 

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)―美しすぎる武将―』が2018年11月20日(火)に、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕し、12月4日(火)からはKAAT神奈川芸術劇場で上演されます。蘭陵王は、6世紀の中国に実在した人物。武術にすぐれ、類まれなる美貌をもち、「兵士たちの士気が下がるのを恐れ、戦場では仮面をつけて戦った」という伝説で有名な武将です。この作品は、その美しさゆえに、過酷な運命に巻き込まれる蘭陵王の波瀾の人生をドラマティックに描いた作品。主演をつとめる専科の凪七瑠海(なぎな・るうみ)さんが、華やかな衣装に身をつつみ、堂々と、力強く、美しき武将を演じます。

 

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

 

 

舞台は1500年ほど前の中国、斉(北斉)と周(北周)が争っていた時代。雨にうたれ、一人うずくまっていた少年の美しさに目を奪われた村の長者は、彼に衣服や食べ物を与える代わりに、彼を自分のものにします。そんな少年の美しさに目を奪われ、より強いものが彼を奪い、同じことの繰り返しが続く日々。しかし、あるとき北斉軍に捕えられた少年は、行方知れずになっていた高家の王子、高長恭(こうちょうきょう)であることが判明します。高長恭は、強いものだけが生き残ることができると知り、武術の鍛錬に励み、初陣で皇太子の高緯(こうい)が率いる北斉軍を勝利に導き、「蘭陵」という領地を与えられて、「蘭陵王」と呼ばれることになります。

 

冒頭は、高長恭の少年時代。舞台の中央で小さくうずくまり、迷子になった子どものように不安な表情を浮かべて、心細そうな様子をみせる高長恭役の凪七さん。あどけなさの残る歌声を高い声で表現し、その心情がじんわりと胸に伝わってきました。そんな弱々しい存在の高長恭を演じていた凪七さんでしたが、成長して立派な武将となってからは、立ち振る舞いや歌声も堂々としたものになり、戦場では「軍神」と呼ばれるにふさわしい勇ましさと、男らしさが感じられる蘭陵王を熱演。普段はクールな役どころですが、そんな蘭陵王がふと笑みをこぼすシーンには、思わずキュンとしてしまいます。また、次々にかわる煌びやかな衣装がより美しさを際立てていて、伝説に残る蘭陵王の神々しい雰囲気を醸し出していました。

 

蘭陵王に下賜された美女の一人で、周の間者である洛妃(らくひ)役は、100期生の音くり寿(おと・くりす)さん。最初はおしとやかで、花が咲くように可愛らしく振舞う洛妃ですが、蘭陵王に間者であることを見抜かれてからは、芯の強い、しっかりとしている印象が強い女性に。洛妃は「寝首をかいてやる」と蘭陵王に豪語していたにも関わらず、一緒にいるうちに、次第に蘭陵王に心惹かれていきます。健気で、いじらしい、そんな洛妃が、音さんにぴったり。蘭陵王が別の女性と婚礼を挙げると聞き、自分の心の内にある複雑な心境を歌うシーンでは、胸がギュッと締め付けられるような切なさが伝わってきます。聴いていて惹きつけられるその美声は、透きとおっている水のような心地よさが感じられました。

 

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、公演レポートの全文と大きいサイズの写真を掲載しています。

 

 

<有料会員限定部分の小見出しと写真>

 

■「美しいものが大好き」とポップに歌う高緯役の瀬戸かずやが、かわいい

 

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

 

 

■高緯の寵愛を受ける逍遥君役の帆純まひろは、ミステリアスな美しさ

 

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

 

 

■蘭陵王に‟振られた”美女5人、着物をふわりと翻して、華やかに舞い歌う

 

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』より=撮影・橋本正人

 

 

■それぞれのキャラクターがすっと頭に入り、うっとり、すっきり、気持ちよく

 

 

<宝塚歌劇花組シアター・ドラマシティ公演、ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)―美しすぎる武将―』>
【大阪公演】2018年11月20日(火)~ 11月28日(水) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【神奈川公演】2018年12月4日(火)~ 12月10日(月) KAAT神奈川芸術劇場

 

<関連ページ>
宝塚歌劇団 『蘭陵王』のページ
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/ranryouou/
梅田芸術劇場 『蘭陵王』のページ
http://www.umegei.com/schedule/740/
KAAT神奈川芸術劇場 『蘭陵王』のページ
http://www.kaat.jp/detail?url=ranryouou

 

 

宝塚 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中田 ゆりな / 関西在住のフリーランスライター。旅行が趣味で、観光地を巡るのが大好き。毎週、神戸や大阪、京都にも足を運び、人気の観光地や穴場スポットを訪れています。日本各地のおいしいお土産を探すのも、楽しみの一つです。⇒中田ゆりなさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.