2つの愛を土台に、激しい抗争の時代をテンポ良く描く 宝塚『鎌足』開幕 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

2つの愛を土台に、激しい抗争の時代をテンポ良く描く 宝塚『鎌足』開幕

筆者: 橋本正人 更新日: 2019年5月5日

 

宝塚歌劇星組シアター・ドラマシティ公演、楽劇(ミュージカル)『鎌足 -夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し-』が、2019年5月5日(日)に、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕しました。5月19日(日)からは日本青年館ホールで上演されます。また、この舞台は、2019年5月25日(土)15:30から、全国の映画館と台湾・香港の映画館でライブ中継されます。開幕前日の5月4日に行われた舞台稽古を取材させていただきましたので、紹介します。

 

宝塚歌劇星組シアター・ドラマシティ公演、楽劇(ミュージカル)『鎌足 -夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し 』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

宝塚歌劇星組シアター・ドラマシティ公演、楽劇(ミュージカル)『鎌足 -夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し 』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

 

タイトルでもある「鎌足」(かまたり)は、「大化の改新」の中心人物として知られる中臣鎌足(なかとみのかまたり)。のちの藤原鎌足(ふじわらのかまたり)で、歴史の中で長く続いた「藤原氏」の始祖として知られる人物です。

 

「大化の改新」は、「改新」と言えば響きは良いですが、実際には、今から1400年近く前に、蘇我一族の支配をめぐって、血で血を争う抗争が繰り広げられた時代で、その時期を宝塚歌劇団の若き演出家、生田大和さんがどのように描くのか、興味津々で取材させていただきました。

 

ひとことで言って「うまい!」と、思いました。男女の愛をしっかりと描く宝塚歌劇の王道を守り、上流階級の娘・車持与志古郎女(くるまもちのよしこのいらつめ)と下級の家に生まれた男・中臣鎌足の愛、女性天皇・皇極帝(こうぎょくてい)と若き豪族・蘇我入鹿(そがのいるか)の愛、その2つの愛をベースに、蘇我入鹿と中臣鎌足の友情と対立、権力闘争の激しさと虚しさを、テンポ良く描いた手腕は、大劇場で歴史大作を次々と上演しているベテラン演出家を彷彿とさせるものでした。

 

中臣鎌足を演じる紅ゆずる(くれない・ゆずる)さんと、車持与志古郎女役の綺咲愛里(きさき・あいり)さんは、ちょっと軽い感じの青年を演じさせれば天下一品の紅さんと、そうした青年に恋してしまうオキャンなお嬢様を演じさせれば抜群の綺咲さんとのペアで、安心して「2人の世界」に入って行くことができます。

 

そして、蘇我入鹿を演じる華形ひかる(はながた・ひかる)さんと、皇極帝役の有沙瞳(ありさ・ひとみ)さんは、少なくとも第1幕はこの2人が主役ではないかというぐらい深く心理描写され、火花が散るような2人に「そうかー、そう来たかー」と、うならされました。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、公演レポートの全文を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■中大兄皇子役の瀬央ゆりあさんと巨勢徳太役の麻央侑希さん、権力を維持する非情さも

 

■重厚な演技の一樹千尋さんと、中性的キャラがいい感じの天寿光希さんが、狂言回し的に

 

■虐げられた民衆の怒りを表現するシーンでは、『エリザベート』の「ミルク」的な歌も

 

■通説と一致するかどうかではなく、歴史上の人物1人1人の気持ちが伝わってくることが重要

 

 

<楽劇(ミュージカル)『鎌足 −夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し−』>
【大阪公演】2019年5月5日(日)~ 5月13日(月) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【東京公演】2019年5月19日(日)~ 5月25日(土) 日本青年館ホール
【ライブ中継】2019年5月25日(土)15:30上映開始  全国の映画館と台湾・香港の映画館

 

<関連サイト>
公式サイト
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/kamatari/index.html
全国の映画館でのライブ中継
https://kageki.hankyu.co.jp/news/20190422_003.html
台湾・香港の映画館でのライブ中継
https://liveviewing.jp/screenings/kamatari-eng/

 

『鎌足 −夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し−』 関連記事:

⇒すべて見る

 

宝塚歌劇 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

宝塚歌劇星組シアター・ドラマシティ公演、楽劇(ミュージカル)『鎌足 -夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し 』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

宝塚歌劇星組シアター・ドラマシティ公演、楽劇(ミュージカル)『鎌足 -夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し 』より=撮影:アイデアニュース・橋本正人

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.