難病の赤ちゃんが自ら移動できる遊具、学生が開発 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

難病の赤ちゃんが自ら移動できる遊具、学生が開発

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年2月21日

 

脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy: SMA)という難病をご存知でしょうか?運動神経細胞の病変によっておきる筋委縮症です。小児期に発病するⅠ型は重症型で、運動発達が停止し、体幹を動かすこともで出来ません。体の自由を奪われた状態です。Ⅰ型は、出生2万人に対して1人前後と日本では言われていますが、米国では6000人に1人という数字が出ています。

 

そんな病気をもってい子どもたちのために、グランドバレー州立大学の学生たちがPlay and Mobility Device プレイ&モビリティーデバイス(遊具・移動器具)を開発しました。(2015年2月19日PRweb 発表)

 

 

ビデオに登場している生後16か月のライラちゃんも、SMAⅠ型の患者です。これまで自分の体を自分でコントロールしたことがありません。でも、この移動器具に乗り込めば、ジョイスティックを触るだけで、行きたい方向に行けます。お兄ちゃんを追いかけることさえ出来るんです。普段はライラちゃんが運転しますが、緊急の時には、見守っている大人の手元の機械でコントロールできて安心です。

 

ライラちゃんのお母さんは、「ライラはこれまで自分で自分の体を動かしたことがないので、最初はとても怖がってたの。でもすぐにうまく使えるようになって、初めて自分の意志で行きたい方向へ動いて、生まれて初めての自由を味わってる」と話します。

 

The project is funded through a five-year, $180,000 grant from the National Science Foundation for students and faculty members to create specialized devices for people with disabilities. (プレスリリースの英文)

このプロジェクトには、5年間、アメリカ国立科学財団から180,000ドルの資金が提供されます。障害のある人たちに特殊化した器具を作る学生や教師が利用できる資金です。(翻訳)

 

“Lylah is very verbal and smart, but has no ability to move herself,” said Lisa Kenyon, associate professor of physical therapy, who, along with a group of students majoring in physical therapy, is working with Lylah to use the device. (プレスリリースの英文)

「ライラちゃんは言葉もよく話せて頭のいい子ですが、体の自由は全くききません」と、リサ・ケニヨン准教授は語ります。理学療法を専攻している学生のグループと、ライラちゃんのためのデバイスを作っています。(翻訳)

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

<PR>

最近の記事

■ 2019年8月掲載分
■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.