ハイチの子どもたちがお腹いっぱいになりますように マジックもお手伝い | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

ハイチの子どもたちがお腹いっぱいになりますように マジックもお手伝い

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年8月27日

 

海外のプレスリリースを配信する通信会社、24 -7 pressreleaseの記事から、素敵なニュースをご紹介します。 最貧国のひとつであるハイチでは、学校給食がその日の唯一のちゃんとした食事だという子どもたちがたくさんいます。「スターオブホープ:Star of Hope」という特定の宗派に属さないキリスト教系のNPO(カンザス州)と、アメリカの奇術師レイザさんがタッグを組んで、来学期からハイチで64万食分の学校給食を提供すると発表しました。レイザさんの動画を見て下さい。10ドルあれば、40人分の昼食をまかなえるというシンプルなメッセージなのです。Star of Hope and Reza: Illusionist, are excited to announce the launch of a campaign to provide 640,000 school lunches in Haiti for the next school year. This campaign features a video with an illusion that will leave you asking – How did he do that! Reza’s message is simple. You can provide forty children with a lunch for just $10. (24 -7 pressrelease 2015年8月25日)

 

 

様々なものを消してきた凄腕マジシャン、レイザさんが今回消してしまうのは「空腹」です。

 

The children that Star of Hope works with in Haiti are among the poorest and without a school lunch many would be hungry. Barry Borror, President & CEO said, “I have seen elementary aged children walking to our schools and searching for the smoke over the school that informs them the cooking fires are burning. When that smoke is missing, I’ve watched some turn around and go home with sadness in their eyes. I know that their day will be filled with foraging for something to eat. The simple equation of “No Food = No school = No Future” is true for these kids.”  スターオブホープが支援しているハイチの子どもたちは、もっとも貧しい状況にあるため、学校給食がないと空腹をかかえて過ごすことになります。スターオブホープの責任者のバリーさんは、「小学生くらいの年ごろの子どもたちが、学校に来て、煙があがっていないか探すのを見ました。煙というのは、料理のための火が熾されている証拠なわけです。煙が見えないと、そのまま悲しそうな眼をして家に帰っていく子どもたちを目撃しました。その日は(勉強の代わりに)食べるものを探すことで時間が費やされることになります。簡単な式ですが、”食べ物がない=学校に行けない=未来がない:No Food = No school = No Future”というのは、子どもたちにとって真実なのです。

 

24-7プレスリリースより

24-7プレスリリースより

 

The project hopes to raise the funds needed for these 640,000 lunches by finding 1,600 new donors who will give $10 per month. This campaign is their first major social media effort. 64万食のランチは、新しく1600人が1ヵ月に10ドル寄付をしてくれば提供できる計算です。このキャンペーンは、スターオブホープにとって初めて、ソーシャルメディアを使っての呼びかけになります。

Hailed by critics as the Nation’s Top Touring Illusionist, Reza has sold out venues from Denver to New York, Orlando to Los Angeles, entertaining millions as well as being featured on television and radio in 31 Countries around the World. He has been associated with Star of Hope since 2013. アメリカでトップクラスのイリュージョニストであるレイザさんは、デンバーからニューヨーク、オーランドからロスアンゼルスと、各地で大勢の人を魅了するツアーを展開。チケットは売り切れ続出です。世界31か国のテレビやラジオでもおなじみのレイザさんは、スターオブホープを2013年から応援しています。

 

24-7プレスリリースより

24-7プレスリリースより

 

レイザさんとスターオブホープのキャンペーンについて、詳しい情報を知りたい方は以下のウエブサイトもチェックしてください。 → https://www.starofhope.us/hungervanish

 

ファイスブックページ → https://www.facebook.com/starofhope.org

ツイッターのページ → https://twitter.com/starofhope_usa

スターオブホープのホームページはこちらになります。 → https://www.starofhope.us/

レイザさんののホームページはこちらになります。 → http://www.rezalive.com/

 

—————————————————–

 

<アイデアニュース有料会員向け【おまけ的小文】>

 

手品師という言葉にはいろいろありますが、レイザさんはIllusionistと名乗っています。ほかにはどんな英語があるでしょうか。有料部分では、類語を学びながら、彼の「オレオクッキー」を使ったマジックをご覧下さい。(松中みどり)

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.