大きな被害を受けたイタリアと世界の人々へ、ボチェッリが自らピアノを演奏して歌う | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

大きな被害を受けたイタリアと世界の人々へ、ボチェッリが自らピアノを演奏して歌う

筆者: 松中みどり 更新日: 2020年4月29日

 

歌手のアンドレア・ボチェッリさんが米国のテレビ番組に出演し、イタリア・トスカーナの自宅で自らピアノを弾きながら歌を披露。新型コロナウイルスで大きな被害を受けた地元・イタリアと世界の人々に向けてメッセージを語りました。出演したのは、米のトークバラエティ番組「The Late Late Show with James Corden レイト・レイトショーwith ジェームズ・コーデン」で、司会の英国人タレント、ジェームズ・コーデンもオンラインで自宅からの放送です。番組の動画に日本語訳をつけて紹介します。

 

 

※まずは、新型コロナウイルスで甚大な被害が出ている地元・イタリアの人々や、世界の人に伝えたいメッセージについて、コーデンがボチェッリにたずねた部分からの動画と私訳をご覧ください。

 

 

 

Corden : Now, Andrea, is there a message you would like to send to the people in Italy or people around the world that watching this right now ?

 

コーデン:アンドレア、今、これをイタリアや世界中で観ている人たちに、伝えたいメッセージはありますか?

 

Bocelli: I would say be positive. I mean to have hope and to be sure that soon everything would be finished.

 

ボチェッリ:前向きでいてほしいということですね。希望を持ちつづけ、こういうことにも終わりが来るのだと信じてほしいです。

 

Corden : We hope so, Andrea, we really do. Ladies and Gentlemen, from his home in Tuscany, Italy to you home wherever you are, Andrea Bocelli.

 

コーデン:そうですね、アンドレア。本当にそう思います。レディース&ジェントルメン、イタリア・トスカーナの自宅から、あなたがどこにいらしたとしてもあなたのご自宅へお届けします。アンドレア・ボッチェリです。

 

 

※では、アンドレア・ボッチェリが自らピアノを弾きながら歌う「コン・テ・パルティロ」(Con Te Partirò)をお聴きください。日本では「Time to say goodbye」の題名で親しまれている楽曲です。

 

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ボチェッリが歌っている部分以外のこの動画全体の私訳と、ボチェッリが2020年4月12日にミラノのドゥオーモ大聖堂から配信した『MUSIC FOR HOPE』のYouTube動画を掲載しています。この動画では人影の消えたイタリアの街並みに続いて、ボチェッリが無人の大聖堂で『Panis Angelicus』『Ave Maria, CG 89a』『Sancta Maria』『Domine Deus』『Amazing Grace』の5曲を披露する様子が紹介されています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■アンドレア・ボチェッリが歌っている部分以外のこの動画全体の私訳

 

■アンドレア・ボチェッリ『MUSIC FOR HOPE』動画

 

 

<関連リンク>
アンドレア・ボチェッリ | Andrea Bocelliのユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/andrea-bocelli/
YouTubeチャンネル『The Late Late Show with James Corden』
https://www.youtube.com/channel/UCJ0uqCI0Vqr2Rrt1HseGirg
YouTubeチャンネル『Andrea Bocelli』
https://www.youtube.com/channel/UCb4JB8-ZAeceuR7EPCPOPzg

 

 

 

「Andrea Bocelli: Music For Hope - Live From Duomo di Milano」動画(YouTubeのAndrea Bocelliチャンネルより)

「Andrea Bocelli: Music For Hope – Live From Duomo di Milano」動画(YouTubeのAndrea Bocelliチャンネルより)

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
■ 2020年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.