野菜を活かしたフランス料理店「アズキッチン宝塚」、料理教室に参加しました | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

野菜を活かしたフランス料理店「アズキッチン宝塚」、料理教室に参加しました

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年9月24日

 

【2018年2月15日追記】この記事で紹介しているフランス料理店「アズキッチン宝塚」」は、2018年1月15日をもって閉店されました。

 

フランス料理店「アズキッチン宝塚」が、兵庫県宝塚市内のJR中山寺駅北側にオープンして2015年10月でちょうど1年になります。筆者が車でよく通る道沿いにあり、フランス国旗にひかれて入ってみたところ、野菜を活かした斬新で美しく美味しいフランス料理にすっかりはまってしまい、家族を連れて何度も通っています。アズキッチン宝塚では月に1回、料理教室も開いており、この料理教室のレポートと合わせて、お店を紹介します。なお、アイデアニュース読者プレゼントとして、抽選でペア3組(計6名さま)に、プチランチ(2940円相当)をプレゼントします。(このプレゼントの募集は終了しました)ご応募くださったみなさま、ありがとうございました。

 

「アズキッチン宝塚」の外観=撮影・橋本正人

「アズキッチン宝塚」の外観=撮影・橋本正人

 

アズキッチン宝塚は、JR中山寺駅の北側を東西に通る道沿いにあります。筆者の家からも近いので、車で走りながら「あれ? あんなところに新しい店あったっけ?」と思いつつ前を通り過ぎていました。

 

風にたなびくフランス国旗が目印=撮影・橋本正人

風にたなびくフランス国旗が目印=撮影・橋本正人

 

店の前にはフランス国旗がたなびいています。イタリア国旗の店は良く見かけるけれど、フランス国旗の店はあまりないので、「おお!」と思いました。店の周辺には駐車場は見当たりませんでしたが、JR中山寺駅の近くにはコインパーキングがたくさんあり、店の利用者は説明すればコインパーキングを割引料金で使用することができます。

 

「アズキッチン宝塚」店内のカウンター席とキッチン=撮影・橋本正人

「アズキッチン宝塚」店内のカウンター席とキッチン=撮影・橋本正人

 

お店の中は、こんな感じ。花柄の椅子がかわいいです。キッチンで仕込み中なのは、オーナーシェフの荒田靖さん。

 

荒田さんは、兵庫県豊岡市出身で、大阪の辻調理師専門学校を卒業後、東京・六本木の「ラ・レジーナ」、兵庫・西宮の「ラ・シレーヌ」、芦屋の「ヴェル・ブラン」を経て、千葉県成田市で「アズキッチン」を開業。成田のお店では、地場の野菜を活かした女性向けのヘルシーな料理形態を追求されました。

 

アズキッチン宝塚のメニューより=撮影・橋本正人

アズキッチン宝塚のメニューより=撮影・橋本正人

 

そして、2014年10月に、兵庫県宝塚市で「アズキッチン宝塚」を開店。「宝塚にこの店ありと言われ、愛されるお店づくりをしたい」と話しています。

 

「アズキッチン宝塚」店内のテーブル席=撮影・橋本正人

「アズキッチン宝塚」店内のテーブル席=撮影・橋本正人

 

店内にはテーブル席もあります。私や家族は普段はテーブル席で食べていますが、料理教室の時はカウンターに座って、キッチンの中の料理の様子を見ながらいただきました。

 

レジの近くにはステキな飾りが=撮影・橋本正人

レジの近くにはステキな飾りが=撮影・橋本正人

 

店内には、こんな素敵な飾りがあり、全体にホッコリした、あたたかい雰囲気です。フランス料理というと、なんだかエリを正して行かなければいけないような感じがありますが、このお店は、そういった格式ばった雰囲気ではありません。

 

化粧室にはシェフの荒田さんが撮影した写真が飾られていました=撮影・橋本正人

化粧室にはシェフの荒田さんが撮影した写真が飾られていました=撮影・橋本正人

 

シェフの荒田さんは、写真撮影の腕もプロ級。化粧室の壁には、かつて修行したフランスで撮影した写真が飾ってありました。

 

料理教室での参加者にメニューなどについて説明するシェフの荒田靖さん=撮影・橋本正人

料理教室での参加者にメニューなどについて説明するシェフの荒田靖さん=撮影・橋本正人

 

月1回、最終火曜日の午後に開かれている料理教室は、参加者が包丁を持って直接料理するのではなく、シェフの荒田さんによるレシピや料理方法の説明を受けながら、カウンターで調理の様子を見て学ぶ方式です。

 

料理を食べながらレシピなどの説明を聞く料理教室参加者ら=撮影・橋本正人

料理を食べながらレシピなどの説明を聞く料理教室参加者ら=撮影・橋本正人

 

料理教室で出された料理の数々とレシピや調理方法の紹介は、記事後半のアイデアニュース有料会員向け部分で紹介させていただきますが、ここではオードブルの「夏野菜のグリルと数種の肉類の一皿」を紹介します。

 

オードブル「夏野菜のグリルと数種の肉類の一皿」=撮影・橋本正人

オードブル「夏野菜のグリルと数種の肉類の一皿」=撮影・橋本正人

 

アズキッチン宝塚のサラダの特徴は、まずは大きいこと。旬の野菜をたっぷり食べられるので、とてもヘルシーです。そして、お肉や果物、豆類などが入っているので、サラダというよりは、それ自体がメイン料理のような感じです。個人的には私は、爽やかなピクルスと、香ばしいナッツ類が、野菜を食べている時のアクセントになっているのがとても好きです。

 

「アズキッチン宝塚」のランチメニュー=撮影・橋本正人

「アズキッチン宝塚」のランチメニュー=撮影・橋本正人

 

こちらはランチのメニュー。1380円からのサンドセット、1980円のグルマンサラダセット、2800円のプチランチコースがあります。これらのメニューは2015年7月28日の取材時のものです。詳細は、お店(0797-52-0831)にご確認ください。

 

筆者の連れあいがディナーでお気に入りの「グルマンサラダセット」。サラダがたっぷりなのでメインがパスタだけでも十分なボリュームです=撮影・橋本正人

筆者の連れあいがディナーでお気に入りの「グルマンサラダセット」。サラダがたっぷりなのでメインがパスタだけでも十分なボリュームです=撮影・橋本正人

 

ディナーの「グルマンサラダセット」は、筆者イチオシのおすすめ。この値段で、アズキッチン宝塚の特徴である「グルマンサラダ」が、たっぷり味わえます。パスタがメインですが、サラダが大きいので、女性にはこれでも十分かと思います。

 

筆者がお気に入りの「アズコース」のメニュー。フランス料理のディナーのコースでこのお値段は、お得だと思います=撮影・橋本正人

筆者がお気に入りの「アズコース」のメニュー。フランス料理のディナーのコースでこのお値段は、お得だと思います=撮影・橋本正人

 

連れ合いと一緒に食事に行くときに、筆者が注文することが多い「アズコース」のメニューです。メインが魚料理か肉料理から選べます。フランス料理のディナーのコースで、このお値段は、とてもお得だと思います。

 

ちなみに、アズキッチン宝塚では、開店1周年を記念して、通常7000円のフルコースを5000円で提供する「1周年感謝コース」を先着50名様を対象に受け付けています。10月31日までの限定です。

 

「1周年感謝コース」のお知らせ=画像提供・アズキッチン宝塚

「1周年感謝コース」のお知らせ=画像提供・アズキッチン宝塚

 

おまけの動画です。アズキッチン宝塚の料理教室では、基本的には参加者は厨房に入って料理をすることはないのですが、この7月の料理教室では、デザート用のアメ細工づくりを、参加者がちょっとだけ体験しました。

 

 

———————————

 

  • <お店へのアクセス>
  • 名称:アズキッチン宝塚
  • 住所:〒665-0874 兵庫県宝塚市中筋4-9-9
  • 電話:0797-52-0831
  • 営業時間: 昼 11:30~14:00(L.O)  夜 17:30~21:00(L.O)
  • 定休日:日曜日(祝日の場合順延)
  • 地図:

 

アズキッチン宝塚の地図=画像提供・アズキッチン宝塚

アズキッチン宝塚の地図=画像提供・アズキッチン宝塚

 

———————————

 

<読者プレゼント>

 

「アズキッチン宝塚」のプチランチ(2940円相当)を無料で味わえる「ペアお食事券」を3組の方にプレゼントします(合計6人分)。応募締め切りは10月8日(木)。どなたでも応募できます。当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。当選した食事券を使うには店への事前予約が必要で、当選食事券の有効期間は、発送日(10月13日)から1カ月間(11月13日まで)とさせていただきます。(このプレゼントの募集は終了しました)ご応募くださったみなさま、ありがとうございました。

 

———————————

 

<アイデアニュース有料会員向けコンテンツ>

アイデアニュース有料会員(月額300円)になっていただいている方々には、料理教室の様子を、写真やレシピをまじえて具体的に紹介いたします。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.