「ヒリヒリした部分が大事」、『スルース~探偵~』柿澤勇人インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ヒリヒリした部分が大事」、『スルース~探偵~』柿澤勇人インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年1月4日

吉田鋼太郎さんと柿澤勇人さんの舞台『スルース~探偵~』が、2021年1月8日(金)から1月24日(日)まで、新国立劇場・小劇場で上演されます。1970年に英国で発表され、ブロードウェイ版はトニー賞を受賞、1972年にはローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインの主演で映画化され、2007年にはノーベル賞作家のハロルド・ピンターが脚本を手掛け、監督:ケネス・ブラナー、主演:マイケル・ケイン&ジュード・ロウで再び映画化されている作品です。日本でも数々の名優たちによって舞台化されてきました。今回の上演では、吉田さんが演出も手掛けます。二人の男がぶつかり合う濃密なサスペンス。稽古が進む2020年12月半ば、柿澤さんに手応えや二人で稽古を進める印象などを伺いました。

柿澤勇人さん
柿澤勇人さん

――稽古場の舞台セットを使った稽古はどの段階ですか?

もう一幕は全部終わりました。

――一幕が終わってみて、手応えはいかがですか?

エグいですよ。楽しいですけど、しんどいですね。

――どの部分がしんどいですか?

全部(笑)。

――身も心もという感じですか(笑)。

身も心もですね。へとへとになりますね、この芝居は。

――ずっと全力疾走しているような感じですか?

頭はそうですね。もちろん後半は、もう運動会みたいに吐きそうになりながらいろいろと動くんですが、物理的にもそうですし、それよりも探り合い、イニシアチブを取り合うので、頭のほうが疲れるというか。心理戦というか。ひとりの女性をめぐってのマウントの取り合いが、まず根底にあるので、頭を使います。身も心もですね。

――念願の吉田鋼太郎さんとのふたり芝居であり、演出だと発言されていましたが、実際に稽古が始まってみて、何か変わっていくものでしょうか。

台本の読み方や、芝居のプランもそうですが、やっぱり僕が考えていたことや想像していたことじゃないところから結構来るので、そこに反応していかなければいけませんし、そこができなかった時は毎日悔しくもあり、「あ、こういうことか」と分かった時は嬉しい。自分ひとりで台本を読んでいて、やっただけでは、何も生まれませんので。そこを引き出してもらったり導いてもらったり、あおられたりということは、鋼太郎さんならではだと思います。それは『アテネのタイモン』でご一緒した時もそうでしたので、やっぱり自分が考えていた小さなテリトリーというか……「もっと行けよ!」という感じが、今回ありますので。それを毎日演出してもらえる、そして芝居でも対峙できるというのは、すごくいい時間と経験になるんだろうなと確信しています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、吉田鋼太郎さんと柿澤勇人さんが共演した『アテネのタイモン』で柿澤さんが感じたことや、それと『スルース~探偵~』の違い、さらに『スリル・ミー』の時の本読みなどについて話してくださったインタビュー前半の全文を掲載しています(写真はありません)。1月5日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、この時期にこの作品を上演することについて、自粛明けから半年が過ぎての心境、柿澤さんにとって芝居とはどのようなものなのかなどについて伺ったインタビュー後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■鋼太郎さんの示すところまで行けるようになったら、楽しくなると思うんです

■『アテネのタイモン』のようなパワープレイは得意。今回は、より深く高度な芝居

■こんなに本読みしたのはないんじゃないかな…『スリル・ミー』は結構やったかな

■今どちらがパワーバランスが強くて弱いかとか、ヒリヒリした部分が大事ですので

<舞台『スルース~探偵~』>
【東京公演】2021年1月8日(金)~1月24日(日) 新国立劇場 小劇場
【大阪公演】2021年2月4日(木)~2月7日(日) サンケイホールブリーゼ
【新潟公演】2021年2月10日(水)~2月11日(木) りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
【仙台公演】2021年2月13日(土)~2月14日(日) 電力ホール
【名古屋公演】2021年2月19日(金)~2月21日(日) ウインクあいち大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/sleuth2021/

<関連リンク>
柿澤勇人ホリプロオフィシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/kakizawahayato/
柿澤勇人オフィシャルファンクラブ8810&co.
http://fc.horipro.jp/hayatokakizawa/
柿澤勇人&STAFF
https://twitter.com/kakizawa_hayato

『スルース~探偵~』 関連記事:

⇒すべて見る

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スルース 【探偵】 [ マイケル・ケイン ]
価格:3765円(税込、送料無料) (2020/12/26時点)


全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.