「もう一つのロミオとジュリエット」、オペラ『カプレーティとモンテッキ』日生劇場で | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「もう一つのロミオとジュリエット」、オペラ『カプレーティとモンテッキ』日生劇場で

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2021年11月3日

「もう一つのロミオとジュリエット」と言われるベッリーニのオペラ、『カプレーティとモンテッキ』が、2021年11月13日(土)と11月14日(日)の2日間、NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』として、日生劇場で上演されます。13世紀のイタリア・ヴェローナを舞台に、対立するカプレーティ家とモンテッキ家の間で引き裂かれる恋人たちの悲劇を、ベルカント・オペラの名手ベッリーニが描いた作品。指揮は鈴木恵里奈さん、演出は日生劇場芸術参与の粟國淳さんが担当し、演奏は読売日本交響楽団。出演は、11月13日(土)公演が、山下裕賀、佐藤美枝子、工藤和真、須藤慎吾、狩野賢一、11月14日(日)公演が、加藤のぞみ、オクサーナ・ステパニュック、山本耕平、田中大揮、デニス・ビシュニャのみなさんです。『カプレーティとモンテッキ』では1830年の初演時からロメーオ役を女性が担当しており、男性が担当するヴァージョンもありますが、今回は山下裕賀さんと加藤のぞみさんがロメーオ役を担当します(緊急時に対応するアンダースタディのロメーオ役は金子紗さん)。2021年11月11日(木)には、美術・照明・衣裳などのプランナーが、実際の舞台装置など使って解説する動画が、YouTubeの日生劇場公式チャンネルで配信されます。

NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』に出演する(上段左から)山下裕賀さん、佐藤美枝子さん、工藤和真さん、須藤慎吾さん、狩野賢一さん、(下段左から)加藤のぞみさん、オクサーナ・ステパニュックさん、山本耕平さん、田中大揮さん、デニス・ビシュニャさん
NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』に出演する(上段左から)山下裕賀さん、佐藤美枝子さん、工藤和真さん、須藤慎吾さん、狩野賢一さん、(下段左から)加藤のぞみさん、オクサーナ・ステパニュックさん、山本耕平さん、田中大揮さん、デニス・ビシュニャさん

<出演>

■2021年11月13日(土)
ロメーオ:山下裕賀
ジュリエッタ:佐藤美枝子
テバルド:工藤和真
ロレンツォ:須藤慎吾
カペッリオ:狩野賢一

■2021年11月14日(日)
ロメーオ:加藤のぞみ
ジュリエッタ:オクサーナ・ステパニュック
テバルド:山本耕平
ロレンツォ:田中大揮
カペッリオ:デニス・ビシュニャ

<カヴァーキャスト>
ジュリエッタ:宮地江奈
テバルド:糸賀修平

<アンダースタディ>
ロメーオ:金子紗弓

NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』指揮の鈴木恵里奈さん、演出の粟國淳さん(日生劇場芸術参与)
NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』指揮の鈴木恵里奈さん、演出の粟國淳さん(日生劇場芸術参与)

<スタッフ>
台本:フェリーチェ・ロマーニ
作曲:ヴィンチェンツォ・ベッリーニ
指揮:鈴木恵里奈
演出:粟國淳(日生劇場芸術参与)
管弦楽:読売日本交響楽団
美術:横田あつみ
照明:大島祐夫(A.S.G)
衣裳:増田恵美(モマ・ワークショップ)
舞台監督:山田ゆか(ザ・スタッフ)
演出助手:橋詰陽子
合唱指揮:大川修司
副指揮:水戸博之、喜古恵理香
コレペティトゥア:平塚洋子、星和代、矢崎貴子
主催・企画・制作:公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]
協賛:日本生命保険相互会社

<ストーリー>
13世紀のイタリア、ヴェローナ。カプレーティ家とモンテッキ家という二つの一族が、政治的立場の違いから相対立していた。モンテッキ家当主ロメーオは、カプレーティ家の令嬢ジュリエッタと愛し合っており、彼女の父であるカプレーティ家当主カペッリオに対し、二人の結婚を契機とした両家の和平を申し入れる。しかし、自身の息子を殺した相手であるロメーオへの復讐心を募らせていたカペッリオは、その申し入れを拒絶する。ロメーオと結ばれたいジュリエッタは、一計を案じるが…。

こちらは、YouTubeの「日生劇場 公式チャンネル」に掲載されている「演出 粟國淳/指揮 鈴木恵里奈インタビュー『カプレーティとモンテッキ』(11/13,14上演)」動画です。

こちらは、YouTubeの「日生劇場 公式チャンネル」に掲載されている「【11/13,14上演】ロメーオとジュリエッタの二重唱(第一幕)[オペラ『カプレーティとモンテッキ』より」(2021年6月30日 日生劇場ピロティ収録)動画です。

NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』は、全2幕が原語(イタリア語)で上演されます(日本語字幕付)。

<NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』>
【東京公演】2021年11月13日(土)・11月14日(日) 日生劇場(東京都千代田区有楽町 1-1-1)
※各日14:00開演(開場は開演の30分前)
※上演時間は約3時間(休憩含む)予定
※全2幕 原語(イタリア語)上演・日本語字幕付
公式サイト
https://opera.nissaytheatre.or.jp/info/2021_info/I-Capuleti-e-i-Montecchi/

<チケット>
一般発売:2021年7月21日(水)10:00~
学生券発売:2021年10月13日(水)10:00~※
S席:10,000円
A席:8,000円
B席:6,000円
学生席:3,000円※(全て税込)
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※ 学生席は日生劇場電話予約のみの取り扱いで席数に限りがあります。対象は28歳以下で法令で定められた学校に在学中の方のみ有効。窓口にて学生証をご提示頂きます。

NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』チラシ
NISSAY OPERA 2021『カプレーティとモンテッキ』チラシ

<日生劇場舞台フォーラム2021動画配信 オペラ『カプレーティとモンテッキ』舞台-美術・照明・衣裳->
【配信日】2021年11月11日(木)~
実際の舞台装置や資料を使って、各プランナーが解説
YouTube 日生劇場日生劇場公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWE0DJ6VkWedLRHugDfU9_w

<NISSAY OPERA>
オペラをより多くの方に楽しんでもらいたい! という思いから、一流の舞台をお求めやすいチケット料金でお贈りする NISSAY OPERA。日生劇場の華やかで美しい空間と、極上の舞台が皆さまを非日常の世界へと誘います。
特設ページ
https://opera.nissaytheatre.or.jp

<日生劇場舞台フォーラムとは>
1993年財団創立20周年を記念し、舞台芸術者の育成、支援を目的にスタートしました。日生劇場の舞台で実際に上演された舞台装置・照明・音響・衣裳などを使い、第一線の指導者による若手舞台技術者向けの教育の場として、大きな反響をいただいています。
https://www.nissaytheatre.or.jp/outline/business.html#forum

『カプレーティとモンテッキ』 関連記事:

⇒すべて見る

オペラ 関連記事:

⇒すべて見る

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年11月掲載分
■ 2021年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.