「さじ加減が、絶妙に難しいロバートソン・アイ」、内藤大希(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「さじ加減が、絶妙に難しいロバートソン・アイ」、内藤大希(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2022年3月5日

2022年3月31日(木)から5月8日(日)まで東急シアターオーブで(プレビュー公演あり)、5月20日(金)から6月6日(月)まで梅田芸術劇場メインホールで上演される、ミュージカル『メリー・ポピンズ』にロバートソン・アイ役で出演する内藤大希さんのインタビュー、後編です。下では、ロバートソン・アイと自身との共通点の有無について、『The Song of Stars』で緊張したこと、役に入るスイッチや、ルーティーンのこと、ミュージカルを作る大変さや、そこに関わるスタッフへの思い、お客さまへのメッセージを紹介します。

内藤大希さん=撮影・NORI
内藤大希さん=撮影・NORI

(※このインタビューは2月初旬に実施しました)

――今回演じられるロバートソン・アイと、内藤さんご自身に共通点はありますか?

僕自身とは、観点が違う人物だなと思います。僕は割と空気を読むタイプというか、「後輩」なことが多くて。

――「後輩」ですか?

コロナ禍で行けていませんが、例えば、居酒屋に行くと「ドリンク頼みます」「おつまみ持っていきます」みたいなことを、僕自身は率先してやるタイプなんです。でもこれは、ロバートソン・アイとは逆なんです。「やろうとするけど、それが全くうまくいかない」というのがロバートソン・アイなので、「やる気はあるのに、できない」という感じを出すのがなかなか難しいなって思います。

――内藤さんからご覧になって、ロバートソン・アイはどのような人物でしょうか?

意欲はめちゃめちゃ感じるし、本人も頑張ろうって思っているのにうまくいかない。でもなぜか、つい彼に仕事を任せてしまうミセス・ブリルさんがいて。「できないだろうけど、やらせてみるか」という、その「やらせてみるか」と思わせるところが、きっとロバートソン・アイの可愛さや健気さなのだと思います。

そこに、ミセス・ブリルさんの愛を感じるので、愛されるキャラクター作りが必要です。「ただの駄目なヤツ」として嫌われてしまったら、やはりロバートソン・アイにはなれません。その辺を狙っていくと、さじ加減が絶妙に難しいです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『The Song of Stars』で緊張したこと、役に入るスイッチや、ルーティーンのこと、ミュージカルを作る大変さや、そこに関わるスタッフへの思い、お客さまへのメッセージなどインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■ 『The Song of Stars』は、『明治座で逆風に帆を張・る!!』の初日より緊張した

■「一点を見つめて」役のスイッチを入れる。レミゼでは、帝劇の緞帳の白いホコリを

■ルーティーンを決めるのは初日。スタンバイ中に目に付いた「2番の照明」とか

■お客さまとスタッフのために、千穐楽まで全員で『メリー・ポピンズ』を届けたい

<ミュージカル『メリー・ポピンズ』>
【 プレビュー公演】2022年3月24日(木)~3月30日(水) 東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【東京公演】2022年3月31日(木)~5月8日(日)  東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
【大阪公演】2022年5月20日(金)~6月6日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://marypoppins2022.jp/
https://horipro-stage.jp/stage/marypoppins2022/

『メリー・ポピンズ』 関連記事:

⇒すべて見る

内藤大希 関連記事:

⇒すべて見る

※内藤大希さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月4日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

内藤大希さん=撮影・NORI
内藤大希さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ちゆみ より:

    後半も素敵なインタビューと写真ありがとうございます。
    ルーティーンの話しやエンターテイメントを届ける想いなどとても素敵でした。
    内藤さんのロバートソンアイ楽しみにしています。
    無事千穐楽まで走りきれますように祈ってます。

  2. らいと より:

    前後編の素敵なインタビューありがとうございました!幕開け前のルーティーンのお話など、あまり聞けないお話だったので興味深かったです。メリーポピンズが千秋楽まで完走出来ることを願っております!

  3. かな より:

    後半も楽しく興味深く読みました。ありがとうございました。
    ディズニーのハッピーな世界、オリジナルの役で内藤さんが輝く姿をとても楽しみにしています。

  4. Rei より:

    読みごたえのあるお話とすてきなお写真の記事ありがとうございました!
    パレードやレミゼでは、今の世の中に通じる部分で受け取るものも多くありましたが、メリー・ポピンズのあたたかさもまたしっかり客席で味わいたいと思います。内藤さんのロバートソン・アイとても楽しみです!完走まで応援しています!

  5. のん より:

    内藤さんのインタビューでメリーポピンズがますます楽しみになりました。色々なお話が聞けてよかったです。お写真もとっても素敵です!内藤さんのロバートソンアイ、今から待ち遠しいです。

  6. なつこ より:

    インタビュー後半も良かったです!
    ご自身との共通点が少ないロバートソン・アイを、内藤さんがどのように演じられるのか、早く観てみたいです(^^)
    お写真もみんな素敵でした♪
    メリー・ポピンズ、千穐楽まで無事に上演できますようお祈りしています!!

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.