「キャスティングの理由は、“ピュアさ”だと」、『クラウディア』甲斐翔真(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「キャスティングの理由は、“ピュアさ”だと」、『クラウディア』甲斐翔真(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年5月20日

岸谷五朗さん・寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュースによる音楽劇『クラウディア』が、2022年7月4日(月)から7月24日(日)まで東京建物 Brillia HALLで、2022年7月29日(金)から7月31日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演されます。アイデアニュースでは、細亜羅(ジアラ)を演じる甲斐翔真さんにインタビューをしました(大野拓朗さんとダブルキャスト)。上、下に分けてお届け致します。

上では、作品への出演が決まったときのこと、岸谷さんとのエピソード、ジュークボックスミュージカルに出演することへの想い、ミュージカルに取り組む上での「苦し楽しい」想いなどについて話してくださった内容を紹介します。下では、これまでに演じた役を振り返って感じること、ラミン・カリムルーさんに憧れていること、自分の歌について感じること、『next to normal』で海宝直人さんとダブルキャストを演じること、エンターテインメントの力についてや、2022年の活動を通して皆さまに伝えたいことなどについて伺った内容を紹介します。

甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳
甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、『next to nomal』上演前に実施しました)

ーー音楽劇『クラウディア』への出演が決まったときは、どんなお気持ちでしたか?

地球ゴージャスは知っていましたが、この作品のことは知らなかったです。17年前に上演されていた作品ですが、ゴージャスファンの皆さまの声を聞いていると、『クラウディア』はとても記憶に残る公演だったんだなと思いました。

ーー私も拝見できていないのですが、地球ゴージャスの“伝説の作品”という印象があります。

そうですよね。それを僕が演じていいものかという気持ちもあります。リメイクといっていいのか分かりませんが、17年前のものを、五朗さんがいちから書き直したとおっしゃっていました。人間の過ちを描いている作品なので、17年前に作られたからといって、決して色あせてはいないと思うんですね。争いや愛がテーマで、心がぐっと掴まれる作品です。

脚本もすばらしいですし、ありがたいことにそこに出演できるというステージが用意されているので、僕がこれからどういうふうに、この作品の密度をあげていけるかどうかが重要だと思っています。とにかく油断せず、主演ということはある意味忘れ、『クラウディア』というタイトルにあるように、クラウディアが主演だと思ってやるくらいが良いのではないかと。作品の中での細亜羅の立ち位置や役割をまっとうできるようにしたいです。

ーー岸谷さんとお話しされた印象はいかがですか?何か強烈に残った言葉はありましたか?

僕が芸能界へ入って1年目くらいのときに、『The Love Bugs』の稽古場に行かせていただいたのですが、そのときのことを覚えてくださっていました。「そのときからお前のピュアさを知っていて」とキャスティングの理由も教えてくださいました。

ーー甲斐さんがキャスティングされた理由は「ピュアさ」なんですね。

そのときのピュアさのようです。一緒にマット運動をしていたときに、もう見えていたらしいんです(笑)。

ーー見学のときに、一緒にマット運動をされていたんですか!?

やりました!見ているだけではなくて、ウォーミングアップだけ参加させていただいたんです。18、9歳くらいのときのことで、そのときのことを覚えてくださっていたのも嬉しかったですし、キャスティングの理由もそこから来ていたのだと驚きました。

作品に関しては、お客さんに喜んでもらいたいという想いが、五朗さんからも伝わってきました。エンタメとしての輝きと、根底にあるメッセージ性を両立させたいとおっしゃっていたので、一緒にそういうものを目指せたらいいなと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ジュークボックスミュージカルに出演することへの想い、ミュージカルに取り組む上での「苦し楽しい」想いなどについて話してくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。21日掲載予定のインタビュー「下」では、これまでに演じた役を振り返って感じること、ラミン・カリムルーさんに憧れていること、自分の歌について感じること、『next to normal』で海宝直人さんとダブルキャストを演じること、エンターテインメントの力についてや、2022年の活動を通して皆さまに伝えたいことなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■僕はコロナ禍の中でのデビュー。これ以上の最悪はないと考えながら、先へ

■カラオケでよく歌うサザンの曲。舞台上での表現にもっていくのは課題になりそう

■本番では不安になるくらい楽しい。これが苦しくなったら怖いなと思ってしまう

■楽しさにしか気づいていなくて、これから本当の苦しさが待っているのかも

<音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス>
【東京公演】2022年 7月4日(月)~24日(日)東京建物 Brillia HALL
【大阪公演】2022年 7月29日(金)~31日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.claudia2022.com

クラウディア 関連記事:

⇒すべて見る

甲斐翔真 関連記事:

⇒すべて見る

※甲斐翔真さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月20日(月)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳
甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りゅ より:

    今までにあまり聞いたことのなかったお話が聞けて嬉しかったです。翔真くんの舞台上でのミュージカルが大好きなんだろうなあの姿の裏にはやはり努力の人なんだろうなと改めておもいました。
    これからのご活躍も楽しみにしています!

  2. なお より:

    『RENT』の手探りマークが印象に残っていて、何度か劇場でお見掛けしてお若いのに勉強熱心な方と思っていたのですが、『October Sky』大阪公演を全通する機会があり、どんどん会場の響かせ方を身に付けていく様子に感動しました。
    『next to normal』もあの面子に喰らい付いていて素晴らしかったです。
    これからも楽しみにしております。
    以上

  3. れれれのれ より:

    コロナ禍でのミュージカルデビューから早3年、拝見する度に進化が止まらない甲斐くんに毎回エネルギーをもらっています!そんな甲斐くんの舞台に対する感情や将来への想いが知れて私も頑張ろうと思えました。素敵な記事をありがとうございました!

  4. モッコ より:

    娘が翔真君の大ファンです。全ての公演追いかけてます。私も一緒に行ってます。こっそり応募してもし当たったら 狂喜乱舞。

  5. まはろ。 より:

    ステキなお写真をありがとうございます。Tweetを見つけてすぐに有料会員になりました。
    コロナ禍でのミュージカルとの関わり方もインタビューしてくださってありがとうございました。

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.