「口から出る自分の声と、ラミンさんの声が合わない」、『クラウディア』甲斐翔真(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「口から出る自分の声と、ラミンさんの声が合わない」、『クラウディア』甲斐翔真(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年5月21日

2022年7月4日(月)から7月24日(日)まで東京建物 Brillia HALLで、2022年7月29日(金)から7月31日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される、岸谷五朗さん・寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュースによる音楽劇『クラウディア』で、細亜羅を演じる甲斐翔真さんのインタビュー、後編です。下では、これまでに演じた役を振り返って感じること、ラミン・カリムルーさんに憧れていること、自分の歌について感じること、『next to normal』で海宝直人さんとダブルキャストを演じること、エンターテインメントの力についてや、2022年の活動を通して皆さまに伝えたいことなどについて伺った内容を紹介します。

甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳
甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、『next to nomal』上演前に実施しました)

ーー今の「楽しさにしか気づいていない」という状態の先に、「本当の苦しさ」が待っているのかもしれないとおっしゃっていましたが、どのような思いかもう少し教えてください。

やはり役者の深みは、そういうことから出てくるものだと思うんです。ずっと同じところにいる人と、一度落ちて這い上がってきた人と比較すると、深みだけでなく、視点や考え方も違うと思います。少しマイナスの気持ちになる瞬間もありますが、それはきっと役者人生の中では大事なことだと思っていて。

楽しいのもいいのですが、これから10年、20年、30年続けていくとして、きっとそういう壁が来るだろうと。それが何なのかは、まだ分かりませんが、ロミオの「僕は怖い状態」といいますか。はじめはみんな、そうかもしれませんね。

ーーロミオの「僕は怖い状態」を体感しているということですね。

人生は、そううまくいかないはずだと思いますから。

ーー逆境がきても大丈夫そうですね。

分かってはいるんですが、大丈夫ではないと思います。だいたい人は落ちたら、何も考えられなくなりますから。今は、楽しいからそう言えますし、そんなに深く考えていないですよ。分かっていますが、そんなときが来たらどうしようと震えているわけではありません。

ーー作品の中では、演じる人物たちがその苦悩や事件を乗り越えていきますが、そういうものを演じるときに、どんなことを思われますか?

まだ自分にはマイナスの部分が足りないなと思います。

ーー落ちていく感じが、自分の実経験には足りないと。

「もう何もしたくない」、というくらいの挫折は味わったことがないですね。例えば、『RENT』のロジャー、『ロミオ&ジュリエット』のロミオの人を殺めてしまったこと、『October Sky-遠い空の向こうに-』のホーマーも間接的にハイコフスキーさんを死に追いやってしまう。そういうストーリーには、絶頂の時とどん底の時があるのですが、そのどん底の部分の経験が僕には足りないと思います。

でも、それはどうしようもできないことで、僕の人生は僕の人生でしかないので。だから、「くらっている風」に見せることしかできないんです。やっているときは、自分の最大限の力で深く掘り下げてやっているのですが、いろいろな役者さんを見ていると、まだ自分はそこまでできていないと感じることがあります。年齢だといってしまえば、つまらなくなってしまいますが、いろいろな経験を通して、自分の気持ちに敏感に反応していく。最近は、それが大事なことかなと思っています。

ーー作品を通して、その感情を知ることもできますか?

そういうこともあるかもしれませんが、やはり本気で人が死ぬ瞬間や、殺される瞬間はなかなか。

ーー確かに、生死に関わる作品によく出演されていらっしゃいますね。

そうなんですよ!

ーーあまり日常生活に近い作品はなかったですね。

『October Sky』が一番幸せではあるんですが。

ーーわりと波瀾万丈な役が多かったですね。

死生観はどうしても年齢に比例する部分があると思うので。逆にいうと、ロミオのような世間知らずのような人物は、今だからできるんです。

ーー今しかできない役でもありますよね。

ホーマーもそうですし、『デスノート THE MUSICAL』の夜神月もそうかもしれないですね。「若さゆえの」という役の作り方や結末のものは、今だからこそですね。

ーー今回演じる細亜羅については、どう考えていますか?

細亜羅はもう少し大人びたいと思います。去年と一昨年で、僕ではなくても、ほかの人のいろいろなことがあったりしました。そういう経験を役者として投影していきたいなと思います。

ホーマーは、その場その場の感情に反応していくので、ホーマーに対しての負の感情は、もっていきづらかったです。真っ白なカンバスのような、まだ成長する前の少年だったので、あまりつくり込まずにやりました。

一方で、細亜羅は、意思がある人だから、自分で先にバックグラウンドをつくっておかないといけません。描かれる前の部分をつくるのが楽しみです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ラミン・カリムルーさんに憧れていること、自分の歌について感じること、『next to normal』で海宝直人さんとダブルキャストを演じること、エンターテインメントの力についてや、2022年の活動を通して皆さまに伝えたいことなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■憧れのラミンさん。いいものを最初に見すぎて、それ以下である自分が許せない

■どれだけ音が高くても、2年前よりは、きちんとメロディとして出せるようになった

■海宝さんは歌うモンスター。ゲイブ役のダブルキャストは絶対に比べられると思う

■「劇場に漂う特別な空気がすごい」という感覚。エンタメを好きな方は分かるかも

<音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス>
【東京公演】2022年 7月4日(月)~24日(日)東京建物 Brillia HALL
【大阪公演】2022年 7月29日(金)~31日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.claudia2022.com

クラウディア 関連記事:

⇒すべて見る

甲斐翔真 関連記事:

⇒すべて見る

※甲斐翔真さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月20日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳
甲斐翔真さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まりか より:

    爽やかな甲斐さんならでは演じられる役を今拝見できることが幸せだと感じました。
    御写真は、少し影がある雰囲気で、これからどんな役柄を、どんな風に演じられるのかが、ますます楽しみです。

  2. るん より:

    素敵な記事、インタビュー
    ありがとうございました!
    お写真もカッコよくて
    ニヤニヤしちゃいました笑
    過去に出演されたミュージカルも素晴らしかったですが甲斐くん初の音楽劇地球ゴージャス「クラウディア」もかなり期待してます!アイデアニュースさんの記事を読ませて頂いて期待度が高まりました!
    これからも色々な事に挑戦して頑張って欲しいです。また甲斐くんのインタビューよろしくお願いします。

  3. りゅ より:

    翔真くんの出演されている作品すべて観劇していますが、グランドミュージカルだけではなく幅広くご活躍されていて応援している方もとっても楽しいです。また、人生の経験を積んでいき今後もどんな翔真くんの演技が観れるのかもたのしみにしています。前編後編共に濃いインタビューありがとうございました!またよろしくお願いします!

  4. ちゅん より:

    アイデアニュースさんの記事は、多角的で内面までさりげなく踏み込んでくれるので心地よくて好きです。甲斐翔真くんは、デビューから観てきて、真面目で、でも時に可愛く、独自の感性を持ち合わせていて目が離せません。音楽劇の事はよくわからなかったのですが、この記事のお陰で楽しみになりました。また、是非翔真くんを取材してください🙏

  5. めーぷるてぃ より:

    とても良いインタビュー記事でした。普段あまり語る事の少ない、翔真くんの内に秘めた思いを知る事ができ、改めてこれからも応援して行きたいと思いました!『next to nomal』のゲイブ役を、素晴らしい歌とお芝居でやり遂げた今の気持ちも知りたいです。

  6. ぽつや より:

    前編・後編拝読しました。ミュージカル俳優としてはキャリアの若い俳優さんですが、彼の仕事への姿勢や作品・キャラクターへの考え方が好きで、その点が沢山滲み出ていた記事で読み応えがありました。また機会がありましたら甲斐さんの記事を書いていただけたらと思います。

  7. ゆき より:

    前編、後編ともに読ませていただきました!
    自分への厳しさや、今の自分に決して満足しない貪欲さ。甲斐くんの普段あまり外には見せない内に秘めた熱い想いを知ることができて、とても嬉しかったです。こんな彼だから好きになったんだなぁと改めて実感することができました!素敵なインタビューと写真をありがとうございました!

  8. さとか より:

    前編、後編とも読ませていただきました。ファンである私たちの前では本当にいつも楽しそうにミュージカルと関わっている甲斐さんの、その裏にある葛藤や苦しさ、将来、それでも進んでいこうとする強さがこれでもかと伝わってきて、彼を応援していてよかったなという気持ちにさせられるインタビューでした。下手なんて思ったことは全然ないけれど、ここからさらに高みを見せてくれるのであれば本当に楽しみだと思わせていただきました。素敵なインタビュー記事と写真の数々を有難うございました。

  9. はれ より:

    とても濃いインタビューが読めて嬉しいです。岩村さんにはこれからも是非年一回ペースでインタビューしていただきたいです。

  10. たれたれ より:

    デスノートから観ていますがものすごい勢いで大役に抜擢され、挑戦を続けてらっしゃるし、観るたびに歌も舞台上の雰囲気も表情も豊かになっていってるのがメインキャストで出続けてるからこそよく分かります。幸運でもあるし、その幸運を掴み、次に繋げているのはご本人の努力の賜物でしょう。これからもますます楽しみなミュージカル俳優さんです。

  11. あさ より:

    前編、後編と読ませていただきました!翔真くんの向上心の源が、ある意味負の感情から生まれていることに驚きつつ、その気持ちを糧に成長を重ねていく芯の強さがとても魅力的だと感じました。ファンとしては「下手でもゴミでも全然ないよ!!」と声を大にして言いたいところですが(笑)、様々なものを吸収してさらに大きな存在になっていく翔真くんを応援したいなぁ、と思わされる素敵なインタビューでした。ありがとうございました!

  12. ゆか より:

    秘めてる思いなど知ることができてとても嬉しかったです。これからの活躍がより楽しみになりました!写真も全部かっこよくて素敵です!

  13. のん より:

    貴重なお話たっぷりありがとうございます。常々俯瞰で見る冷静さがあるなぁと思っていましたが今後の目標などアツイ部分も知ることが出来てこれからがますます楽しみになりました!お写真も素敵なものばかりで眼福です笑

最近の記事

■ 2022年6月掲載分
■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.