「ラストシーンでは、“騎士らしさ”を捨てて」、『キングアーサー』、平間壮一(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ラストシーンでは、“騎士らしさ”を捨てて」、『キングアーサー』、平間壮一(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年2月12日

2023年2月5日(日)に東京・新国立劇場中劇場で千穐楽を迎えたミュージカル『キングアーサー』が、、2月11日(土・祝)から2月12日(日)まで群馬・高崎芸術劇場大劇場で、2月24日(金)から2月26日(日)まで兵庫・兵庫県芸術文化センター KOBELCO大ホールで、3月4日(土)から3月5日(日)まで愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 大ホールで上演されます。

アイデアニュースでは、公演開幕後にランスロット役の平間壮一さん(太田基裕さんとダブルキャスト)と、マーリン役の石川禅さんにそれぞれインタビューしました。当初はお二人の対談を予定しておりましたが、スケジュールの都合により、それぞれのインタビューとして「上」「下」に分けて掲載します。「下」では、平間壮一さんのインタビューをお届けします。ランスロット役を演じながら感じていること、ランスロットの心境のこと、石川禅さんのこと、ミュージカル『ヘアスプレー』を終えて反省しているというお話や、橋本さとしさんからの言葉のことなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

平間壮一さん(右)と石川禅さん=撮影・岩村美佳
平間壮一さん(右)と石川禅さん=撮影・岩村美佳

ーー舞台が開幕しての手応えなど、どう感じていらっしゃいますか? 新鮮な平間さんを拝見できて、とても素敵でした。

稽古の最中から頑張って、「王子様感」というか、「騎士感」をやろうとしているんですが、どうしたってにじみ出るものが、そうじゃないから……。

 ーーそうですか?

 いや、自分ではどう見えているのか、わからないんですけども。 

ーー本当に素敵でしたよ。

マネージャーや身近な人からも、「初めて見る感じでよかった」という感想を聞いて、自分の意思を貫くだけでなく、人に従ってやってみるのもありかなとは思いました。

 ーー例えば、ルピナさんの演出などに従ってということですか? 

はい。そこに自分らしさを織り交ぜないように戦ってきたというか。にじみ出るものだけあればよくて、自分らしさはいいかみたいな。

 ーー新たな演じ方のプランを、今回試されたという感じですか?

そうですね。いつもだったら役を自分に入れるんですけど、ちょっと役に寄ってみたというか。

 ーー舞台上で演じながらも、いつもとは感覚が違ったりされますか?

すごく気が抜けそうになるときがたくさんあるんですよ。力を抜いて、自分の居心地のいい場所にいようとするんですけど、一枚皮をかぶるというか。「演じているな」という意識はすごくあります。

ーー王子様という雰囲気の役を演じる部分での、照れや、気恥ずかしさみたいなものも、持ちつつみたいな? 

そこに負けそうになる自分がいて、その意識を持たないように頑張ってやってる感じです。

 ーー例えば、最後のグィネヴィアとのシーンとか、あの辺のお芝居が平間さんだな、と思って拝見しました。

あの瞬間は、演じている意識がないですね。実際にいた騎士たちもみんな、多分ずっと偽っているというか、普段から「騎士でいなきゃ」「騎士らしく」という演じ方をしていたんだと思うんです。でも、家に帰ったら騎士ではないじゃないですか。だからラストは、そういう「騎士でいなくては」という感覚など、全部を捨てて自分らしくいられて幸せだなっていう感じがありますね。

 ーーそうすると、ランスロットの、ある意味「人前でいるとき以外の自分自身」というものも、平間さんご自身の中に持っていらっしゃるんですか。

結構持ってます。

 ーーそのあたりについて、何か具体的に伺っていいことはありますか? 

すごく純粋で、民の声を一番近くで聞いてたというか。城じゃなくて、本当に湖の近くの小さな家にいたので、民の苦しみや叫び声が聞こえてきて、それを自分でもどうにかしたいと思って、多分、ランスロットはアーサーのところに行ったんです。日々そういうものを聞きながら、家ですごく病んでいたというか、「これはどうするべきなんだ、自分の力をどう使えば助けられるんだろう」みたいな。純粋な人なのかなとは思ってます。

 ーーどう生きるべきかを悶々と考えてきて、見つけた道に進んだのが、私達が拝見している舞台上のランスロットということですね。 

そうですね。ランスロットにはもちろん、「騎士として在りたい」という部分はあるんですけど、多分、騎士であろうとするのが、苦しいんだと思います。だって、ずっとそれまで家から出てこなかったんですよ。泉の妖精たちに育てられてたんですから。

ーーそうすると、ランスロットは大変な人生を送っている状態ということですよね。 

そうだと思います。

ーーその中で、グィネヴィアと出会う時間というのは、どういうものなんでしょう?

 せっかく踏ん切りをつけたというか、覚悟を持って出てきたのに、なぜ居心地いい場所をまた作ろうとするんだみたいな、苦しみと戦ってます。

 ーーランスロットにとって、グィネヴィアと一緒にいる時間は本来の自分に近い。そこと、一人の騎士であることとの葛藤を、平間さんご自身も演じながら、舞台上にいるときは感じていると。

騎士なので、死と隣り合わせっていうか、王のために死ねてなんぼだというけれど、やっぱりどうしたって、本当に心の底からそう思ってる人って少ないと思うんです。人のためとはいえ、やっぱり死ぬって怖いし、精神状態を保つのは大変だと思うんですが、だからこそ甘えたいというか。それが、グィネヴィアの存在。「安心できるところに身を置きたい」ってやっぱり心を動かされちゃうのと、「いや、覚悟を決めたんだろ」っていう男としての変なプライドと戦っている感じですね。

ーー作品全体のお話も伺いたいのですが、開幕して、お客様の反応なども感じていらっしゃるかと思いますが、いかがですか?

セリフも難しく、伝えられる部分が少ないですし、複雑な話というか。人間は、自分ではどうしようもないのだみたいな、結局運命が決める話ですよね。夢オチみたいな。「なんだそれは」という状態になりがちなのかなと思いきや、お客様はすごく喜んでくれていて。考える幅をたくさん残して終わるので、やっててよかったと思います。自分たちで答えを見せつけなくてもと。

 ーー本来ならば、物語に何かピリオドを打ちたくなる感覚がありますか?

そうです。だけどそうじゃなく、「皆さんの運命もどうなるか。天が決めますよ」みたいな感じで終わるので。ご覧になって、話が難しいですよね?

 ーーショーアップされているというお話を伺っていて、確かにそうではあるんですが、やはり、きっちりお芝居を見せてくださるんだなという印象がすごく残りました。

よかったです。なんていうか、自分が感情面とは別のところで戦っているのは、これがちょっと騎士っぽいのかなとも思ったんですけど。やっぱり、あれだけショーアップしてやっているから、お芝居をパワーで押し切りたくもなるんですよ。パワーで行きたいけれど、そこをやっぱり抑えるというか、お芝居に戻すために、ぐっと抑えてお芝居をするというのがルピナさんの演出で、堪えている分だけお客さんに伝わる感情が大きいというか。発散して伝えたとしたら、「ストレス発散してるのね」みたいな。そこをスッと我慢して感情を出すのが、騎士らしいのかなとは思ってます。

 ーー今回、「また新しい方法論を手に入れた」みたいなところはありますか?

おとなしくなろうと思いました(笑)。もうすぐ33歳になるので、大人らしく。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、石川禅さんのこと、ブロードウェイ・ミュージカル『ヘアスプレー』を終えて反省しているというお話や、橋本さとしさんからの言葉のことなどについて伺った内容やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■石川禅さんの歌芝居が好き。今回も2、3曲に5、6曲のパワーが。ああなりたい!

■『ヘアスプレー』では、楽しむことを優先した気がして反省。今はストイックモード

■橋本さとしさんに、「やりたがったら駄目なんだよ」と言われたことを思い出した

■二度と同じものは帰ってこないのが、舞台。今ちょっとでも気になっている人は観て

<ミュージカル『キングアーサー』>
【東京公演】2023年2月5日(日)まで 新国立劇場 中劇場(※1月17日より開幕)
【群馬公演】2023年2月11日(土・祝)~12日(日) 高崎芸術劇場 大劇場
【兵庫公演】2023年2月24日(金)~26日(日) 兵庫県立芸術文化センター  KOBELCO大ホール
【愛知公演】2023年3月4日(土)~5日(日) 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/kingarthur2023/

『キングアーサー』 関連記事:

⇒すべて見る

石川禅 関連記事:

⇒すべて見る

平間壮一 関連記事:

⇒すべて見る

※石川禅さんと平間壮一さんのサイン入り2ショットチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月11日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

平間壮一さん(右)と石川禅さん=撮影・岩村美佳
平間壮一さん(右)と石川禅さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. のん より:

    公演が始まってからのインタビューありがとうございます。平間さんのインタビューを読むと、いつも自分では上手く言葉にできない舞台を観て感じたことをしっかり言葉にしてくれていて、彼の表現したいことがしっかり届いているんだなと嬉しくなります。平間さん自身が持っている感性と、毎公演ごとに身に付けていく新しい表現でこれからもどんな姿を見せてくれるんだろうととても楽しみです。

  2. より:

    数々の舞台に立ち続ける伝説の役者石川禅さんと共に、「レディ・ベス」という人生初ミュージカルの舞台に立っていた平間壮一さんが、こうして肩を並べて写真を撮り、同じ演目について語る未来が来ていることにとても感動しています。当時から光っていたクソガキと、禅さんがまたいつか日本のミュージカルを輝かせる存在として、共演される時を楽しみにしています。

  3. ナイル より:

    忠誠心と愛の間で揺れる平間さんのランスロット、とても素敵でした。甘やかな歌声とキレのある殺陣、ランスロットという人の真っ直ぐさ、純粋さ(そして世間知らずさも)を感じるお芝居も素晴らしかったです。2月25日の兵庫公演も応援しています。ダ・ポンテ、ヴァグラントも、必ず観に行きます!

  4. ロコロコ より:

    ステキなインタビューありがとうございます。平間さんのお芝居が大好きで、ヘアスプレー、キングアーサーも複数回観劇しました。
    本当にその回ごとに、こちらが受け取る感情も異なり、最後のシーンはご本人の言葉通り、騎士ではなく1人の人としての表現で毎回涙です。
    円卓の騎士としてのお姿もとてもステキです。
    平間さんのランスロット残り1公演ですが、そちらもより楽しみになりました!

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.