「“夢で逢えたら”という気持ちで」、『The Song of Stars』東山光明・藤岡正明(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「“夢で逢えたら”という気持ちで」、『The Song of Stars』東山光明・藤岡正明(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2023年3月4日

音楽から舞台までマルチに活躍する実力派ふたりの化学反応を満喫するコラボレーション・ライブ「東山光明×藤岡正明『The Song of Stars』 ~Live Entertainment from Musical~」の第3弾が、2023年3月21日(火・祝)に、東京・コットンクラブで開催されます。アイデアニュースでは、東山光明さんと藤岡正明さんにインタビューしました。「上」では、過去2回を踏まえての第3弾で取り組みたいこと、東山光明さんがケイ役で出演されたミュージカル『キングアーサー』について伺った内容を紹介します。「下」では、『The Song of Stars』のセットリストの決め方などメイキングの様子について、このライブを生み出す中で新たに発見したお互いのこと、藤岡正明さんがダンテ役で出演された『チェーザレ 破壊の創造者』について伺った内容と、お客さまへのメッセージの内容を紹介します。

東山光明×藤岡正明 『The Song of Stars』第二弾ダイジェスト動画

――3回目の『The Song of Stars』ですね。公式ページの動画では、早くも「混沌クラブ」というワードが登場していました。今回も楽しいハプニングが起こりそうですね!

東山:大体僕がハプニングを受ける感じです。やっぱりマサくんがお祭り男な感じなので。

藤岡:(笑)。

東山:その場で僕にいろいろとハードな振り方をしてくるんですよ。そういうの全然嫌いじゃないんですが、「リハでやらないことを、どんだけやるか?」という感じで振ってきます。でもそれが僕ら2人の楽しい見どころでもあるので。MCになると僕に対してすごくSっプリを発揮しちゃうんですよ、マサの「M」が。

藤岡:いやでも、みっちゃんも光明の「M」だからね?

東山:あ、そうか。だから俺は「M」なんだけど。

――動画でも東山さんの「ちょっときつそうな顔を見るのが好き」とおっしゃっていましたね。

藤岡:みっちゃんが、そういう意味でとても包容力がある方なので。

東山:ないけど!(笑)。

藤岡:わざとリハーサルでやっていないことをやろうとしてる感はありますね。個人的には、3年目でより迷走感が強まっていくのかなと思っているんですけどね(笑)。

――やはり「混沌クラブ」ですか!?

東山:ちょっと狙っていきたい部分は、もちろんあります(笑)。でも3年目なので、2人で織りなす歌のクオリティやパフォーマンスは、どんどんシェイプしていけたらと思っています。そこだけは「混沌」としないように。それ以外は楽しみたいです。歌で小ネタというか「歌ってこんなに楽しいんだ」というものを、今回も織り交ぜながらやっていけたらいいなと。前回は懐かしの『THE夜もヒッパレ』的な感じで、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」から「はじめてのチュウ」とか、いろいろと違う歌になったりして。

藤岡:最後は、ホイットニー・ヒューストンになってましたからね。

東山:そうだね(笑)。そういう楽しいコーナーが、今年もあるんじゃないかと思います。

――どんな楽曲が飛び出すか楽しみですね。セットリストは決まりましたか?

東山:まだこれからです。

藤岡:そろそろやんないとヤバいかなと思いつつ、光明さんにケツを叩かれるのを待ってる状態です(笑)。

東山:そっちなんだ? やりましょう!(笑)。

藤岡:ネタの漠然としたものは、僕の中で考え始めてはいるんです。さっきみっちゃんも言ってくれてたように、まず第1に、やっぱり「3年目」ということなので、ようやくそれぞれが持っている歌の質感であるとか、クセみたいなものの良さを、お互いが把握し始めているんじゃないかと思っています。これ10年やったら「Honey L Days」超えるんじゃないかと勝手に思っているんで(笑)。

東山:(笑)。10年やれたらすごいですよね。

藤岡:やっぱりまず「歌をしっかり聴いてもらう」というところがあるので、割とフレキシブルに、より前向きにいろんなものに挑戦しながら、いいものを提供させていただきたいという思いがあります。困っているのはネタですね。

東山:どう皆さんを自然に笑いに持っていけるか? みたいなところは結構ね。それ以外は、本当に今歌いたい歌や、カバーで2人で歌うといいんじゃないかというものをお洒落にキメるような…。やっぱり「COTTON CLUB」が素晴らしいところで、本当にミュージシャンが夢見る場所ですので、そこにふさわしい楽曲を選びたいと毎回思っています。

――『The Song of Stars』といえばこれ!というような定番曲はありますか?

東山:「夢で逢えたら」は結構定番になっています。歌詞も含めていいですもんね。

藤岡:「COTTON CLUB」という会場と、我々のハーモニー、サウンド感も含めて、お客さまにお届けするメッセージとしても、「夢で逢えたら」はすごくハマったんですよね。

東山:確かに、うん。

藤岡:なんでハマったかというと、1回目がコロナ禍に入っての開催で、やっぱり「本当に対面で会えるようになった」という喜びがあって。「このライブコンサートの後に夢でも会いたいよね」っていうぐらい。もう、とにかく「楽しいよね、楽しみたいよね」という気持ちを、お客さまとも共有できたらと思っていたので、1回目はそれが嬉しかったというのがすごくありました。

東山:確かにそうですね。選曲の中で、2人で「これ、めっちゃハマってるね」みたいなのは、本当に「夢で逢えたら」だったね。

藤岡:そうですね。それがポンと出たときに「いいね!」ってなった記憶が。

東山:その場でギターを持ってきて、ハモり決めたりして「これいいね」ってなりました。

――コロナ禍がなければ、お二人の『The Song of Stars』は生まれていなかったんでしょうか。

東山:間違いなくなかったですね。

藤岡:多分コロナ禍がなかったら「COTTON CLUB」さんがこんなことを許さなかったんじゃないかと。

東山:そうそう。あの頃は海外のアーティストさんがこれなくなってライブハウスがどこも駄目で。それでミュージカル俳優に、ちょっと間口を広げていただけたことがきっかけで、この『The Song of Stars』がスタートしたので。これは事務所から聞いた話なんですが、僕らの回に関しては、今までこんなに笑いが起こったことがないという、ある意味「COTTON CLUB」ではありえない公演だったらしいんですよ。それがこのコロナ禍の中でお客さまを元気づけられて、なおかつ「COTTON CLUB」のスタッフさんも、ものすごく力になったと言っていただけたというのがあって、それが第2弾、第3弾に繋がったんだと。

藤岡:それはプレッシャーですね。みっちゃん、どうします?

東山:ヤバいね、本当にやっぱりネタをちゃんと考えなきゃ。

藤岡:ネタを(笑)。

東山:だって、そこしか笑い起きてないんだもん。

藤岡:笑いはトークでもおきてはいるから。トークってどうしても個人技で、個々の技量が試される。芸人さんの面白いところは、つまりそういうことで、フリートークで笑わせられるというのは一つの力なんですよね。お客さまに『The Song of Stars』を一つのエンターテイメントとして観ていただくときに、コロナ禍というところもあって、「歌で感動した」だけじゃなく、「ゲラゲラ笑ってほしい」という気持ちがあったんです。

大体こういうときのセールス文句は、「僕たちのファンの人がたくさん楽しめて、さらに僕たちのファンじゃない人もたくさん楽しめますよ」になると思うんですが、誤解を恐れずに、敢えて今言うと逆なんです。もちろん僕らのファンじゃない人も楽しめますが、多分僕らのファンであればあるほど何十倍も楽しめる。つまり「東山のファン、藤岡のファンであればあるほど、このコンサートはみんな観るべきだし、何回も観るべきだ!」という(笑)。「2公演あったら、両方見るべき」と僕は思っています。

東山:そうですね。同じセトリなのに「何でこんなに違うの?」という雰囲気が…。

藤岡:同じセットリストなんですけど、いろんなところで落としどころを変えています。今回も、既に「とあるトラブル」が起きてしまったことで、昼と夜に大きな変化が訪れることが確実で、それをどういうふうに料理しようかなと、今考えてるところだったりして。

東山:そっか、そうですね。

藤岡:昼だけだとわからない、見られないことが夜には起こる。昼と夜観てもらうとその全容が伝わる、ということが既に起こっていて。現実でそのトラブルが起こっているので、それを「さぁ、どういうシナリオに落とし込もう」と思ってるいところです。

――現実に何かトラブルが起こっているんですか!?

藤岡:のっぴきならないことが起きてます。逆にこのトラブルをいい方向に面白いくしていこうかなと。昼と夜で確実に変わります。そもそも誰がどういうことをやるかとか、パートであるとか、全てガラッと。大元のセットリストは変わらないんですが、その変化は多分劇的なものになるんじゃないかと思うんです。そろそろそれをみっちゃんと料理しないと。まずちょっと飲まないと駄目ですね。

東山:飲むのね、そうね(笑)。

藤岡:シラフで話していくと、もう打ち合わせの段階から混沌としていくので。どんどん「どうするアレ?」みたいなことになって。

東山:真面目な話になっちゃいますしね。もちろんそれは大事なんですけど、アイデアが浮かばない。

藤岡:アイデアが浮かばないのと、良い意味でくだけられない。やっぱり、いい意味でくだけていかないと、この空気感は出ないような気がしていて。膝突き合わせて鉛筆を持って「どうする?」って、最初だけはやるんですけど、最初だけ頑張るんだけど…。

東山:打ち合わせ始めて、何十分後にはもう飲んでたもんな。

藤岡:そうですね、はい。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、東山光明さんがケイ役で出演されたミュージカル『キングアーサー』について伺った内容などインタビュー前半の全文を掲載しています。5日掲載予定のインタビュー「下」では、『The Song of Stars』のセットリストの決め方などメイキングの様子について、このライブを生み出す中で新たに発見したお互いのこと、藤岡正明さんがダンテ役で出演された『チェーザレ 破壊の創造者』について伺った内容やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■東山:和樹が「けん玉」を楽屋に来て伝授。集中力が高まる気がして本番前にも

■東山:「俺、この歳でこのキャラでやっていいのかな?」という遠慮みたいなものが

■東山:『キングアーサー』の最後のシーンにケイは出てこない。そこに彼の決意が

■東山:「ミュージシャン、シンガーとしての僕」という気持ちをずっと持っている

<東山光明×藤岡正明 『The Song of Stars』~Live Entertainment from Musical~ produced by Envision Nextage>
【東京公演】2023年3月21日(火・祝)COTTON CLUB
1st.show:15:45開始
2nd.show:18:30開始
公式サイト
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/mitsuaki-higashiyama-masaaki-fujioka/

『The Song of Stars』 関連記事:

⇒すべて見る

東山光明 関連記事:

⇒すべて見る

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

※東山光明さんと藤岡正明さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月4日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

東山光明さん(右)と藤岡正明さん
東山光明さん(右)と藤岡正明さん

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いをきっかけとして演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. はる より:

    とても楽しい公演でした!
    「とあるトラブル」を楽しみに行ったのですが(笑)本当にのっぴきならないことが起きていて(笑)でもそれが両公演参加の楽しみに本当に繋がっていました♡
    第4回も期待しています!

  2. ショコラ より:

    コロナ禍で不安な気持ちで参加した
    1回目、2回目のLIVEでしたが
    パワフルでハートフルなお二人の歌声に
    元気をもらった記憶が甦ります。
    今回も更にパワーアップした回になりそうな予感♡
    昼夜、楽しみにしています!!

  3. みよこ より:

    みっちゃんと藤岡君のトークは勿論ですが、キング・アーサーのけん玉話とか気になって入会しちゃいました。けん玉だからやっぱり和樹さんの名前も出てきて嬉しい~♡
    バックビートの時は是非、みっちゃんと和樹さんの対談お願いします(切実笑)

  4. いづみん より:

    どうしても読みたくて(笑)
    再度会員に(笑)
    ますます楽しみです♪
    一部も二部も
    参加です…
    ワクワクしかありません。

  5. ももねえさん より:

    毎回楽しんでいます。ただ、今回トラブル 内容はわかっていますが 正直、心配も 信頼もしています。もちろん昼夜参加します。楽しみにしていますね♪♪♪

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.