真田幸村のキャラクター「幸丸くん」アテンド、たまきちゃんインタビュー | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

真田幸村のキャラクター「幸丸くん」アテンド、たまきちゃんインタビュー

筆者: Lapis 更新日: 2015年12月7日

 

源平時代の武将がつけていた大鎧(おおよろい)のコスチュームを手作りしているLapisさんから、真田幸村のキャラクター「幸丸くん」の紹介をしているアテンドの女性のインタビューをアイデアニュースに掲載できませんか?という連絡がありました。NHKの大河ドラマ「真田丸」スタートを前に、真田幸村のお話が続きますが、さっそくLapisさんからインタビューが届きましたので掲載します。(アイデアニュース編集部、以下はLapisさんの記事です)

 

左から、阿倍之助、ラピス、たまきちゃん=Lapisさん提供

左から、阿倍之助、ラピス、たまきちゃん=Lapisさん提供

 

皆さんは、「アテンド」という役割がどのようなものかご存知でしょうか?

 

キャラクターさんの隣でいつもひっそり頑張っている、あの方々です。今回は、アテンドというお仕事に携わっているたまきちゃんのインタビューを行いました。信州(長野県)上田を盛り上げるために『幸丸くん』の家臣団、チーム幸丸のメンバーの一員として全国を飛び回っている、今一番注目してもらいたいアテンドさんです!

 

たまきプロフィール

 

ゲームがキッカケで真田幸村が好きになり上田に通うようになる。毎年春に行われる真田まつりの合戦劇の主役を決める幸村公コンテストに応募。準優勝となり、2013年度の「信州上田観光おもてなし武将、穴山小助」を経て現在に至る。

 

たまき=撮影・天姫

たまき=撮影・天姫

 

――「幸丸くん」とはどんなキャラクターですか?

 

「日本一(ひのもといち)のツワモノ」と呼ばれた上田が郷土の戦国武将「真田幸村」公に憧れている男の子です!地元、信州(長野県)上田を盛り上げるために地元や県外のイベントに出て、PR活動やおもてなしをしています。

 

――チーム幸丸の誕生秘話、メンバーの皆さんの紹介をお願いします。

 

最初、殿にお仕えしていたのは、私と阿部之助の二人でした。上田の観光おもてなし武将として活動を共にしていた私達二人に、「仕えてみない?」と殿自ら声をかけてくれたのがきっかけです。その後、活動を続けていく内に上田に関わる仲間達が力を貸してくれるようになりました。幸丸くんの家臣団。個性豊かなチーム幸丸のメンバーはこんな感じです。チーム1のムードメーカー、赤髪の阿部之助! 麗しく可憐な華、成来姫! 気配り上手なおもてなしの鏡、天姫! 関西筆頭、陽気な忍サスケ! そして私、世話焼き巫女のたまきです。それぞれが得意分野を生かし、殿を盛りたてております!

 

――イベント先での、たまきちゃんの役割とは?

 

私のイベントでの主な仕事は、自由でわがままな殿をたしなめること。…あ、いえいえ!殿の側でお世話をすることです(笑) イベント当日のタイムスケジュールを管理したり、お客さんとの写真を撮ったり、PRステージでは、殿と一緒に上田の紹介をしたり踊ったりもします。

 

アテンド時の写真=2015年秋の上田にて、撮影・天姫

アテンド時の写真=2015年秋の上田にて、撮影・天姫

 

――月にどれぐらい幸丸くんのアテンドで出陣しているのですか?

 

多い時だとひと月に3週連続で出陣の時もありました。今年は特に遠征が多く、毎月どこかしらに出陣していました。

 

――アテンドをしていて、大変だなと思った出来事、やっていてよかったと思う出来事は?

 

大変だった事。一番印象に残っているのは、殿との初陣の時です。大規模なイベントだったので来場者もとても多く、キャラを取り囲む人の多さに驚き固まってしまいました。小さなお子さんからキャラファンの方まで様々な層の方にどのように接していいか分からず、終止アタフタしていたのを覚えています(^ー^;)

 

良かったと思うことは、幸丸くんに会う事でお客さんが笑顔になることです。子どもも大人も無邪気に喜んでいる姿を見ると、私も嬉しくなりますし、アテンドをやっていて本当に良かったなと感じます!

 

また、知らない土地に行けることもアテンド冥利に尽きますね。食べることが大好きな私は、出陣先のご当地グルメは必ずチェックしていきます(笑)

 

――幸丸くんや、チーム幸丸のこれからの目標、PRなどお願いします!

 

来年は、いよいよ大河ドラマ「真田丸」が始まり、上田に関心を持ってもらえるチャンスの年だと思います。歴史好きの方は勿論のこと、美味しい食べものや四季折々の景色やお祭りなど、ここではお伝え出来ない魅力が沢山あります。「実際に上田に足を運んで頂くこと」それが我々の一番の目標です! 幸丸くんがそのキッカケになれれば最高ですね。来年は、殿も地元でのおもてなしが増えるのではないかと思います。地元、上田の皆さんにも末永く愛される幸丸くんであってほしいと思います。

 

左から、阿部之助、成来姫、たまき、サスケ=2014年秋の真田幸丸フェスティバルで、撮影・原町スタッフ

左から、阿部之助、成来姫、たまき、サスケ=2014年秋の真田幸丸フェスティバルで、撮影・原町スタッフ

 

左から、たまき、天姫=幸丸ブース前にて、撮影・マネージャー

左から、たまき、天姫=幸丸ブース前にて、撮影・マネージャー

 

「上田 秋祭り」より=写真提供・たまき

「上田 秋祭り」より=写真提供・たまき

 

たまきちゃんからいただいた写真に、キャラさんが並んだ写真があったので紹介します。「上田 秋祭り」のホームページ(こちら → http://www.ueda-gourmet.com/)に出ていたお名前です。左からストーム・トルーパー(新作映画スター・ウォーズのPRらしいです)、六文戦士ウェイダー(赤い武将みたいな人)、ホヌッピー(カメです、ハワイ応援キャラクター)、ハイぶりっ子ちゃん(後ろにいる顔が白い箱みたいな人です、長野県佐久市)、かり丸くん(前列にいる赤いマントに帽子のキャラです、長野県上田市)、ニャジロウ(ぱっつん前髪の猫みたいなキャラです、秋田県秋田市)、山田るま(だるまです、全日本だるま研究会公式キャラクター)、真田幸丸(長野県上田市)、やぶきじくん(きじです、福島県矢吹町)、キューモット(目が半開きの眠そうな顔のネコ、キューモニター)、信濃恋活戦士シオジェリン(キューモットのうしろ)。幸丸くんの隣にいる頭に桶を乗せているキャラの説明は「上田 秋祭り」のページには出ていませんが、「別所温泉の村長さん」というキャラだそうです(詳しくは、こちら → http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000436878.html)。

 

 

<幸丸くんやチーム幸丸の情報>
Twitter たまき@12.5三田! @tamakipan
→ https://twitter.com/tamakipan
Twitter 真田幸丸@信州上田「真田丸」応援団長 @sanada_yukimaru
→ https://twitter.com/sanada_yukimaru
Facebook 真田幸丸
→ https://www.facebook.com/sanadayukimaru1031
商店街振興組合 うえだ原町一番街商店会
→ http://www.ueda-haramachi.jp/
オリジナルキャラクター 真田幸丸って?
→ http://ueda-haramachi.jp/sanadayukimaru/index.html

 

<アイデアニュース関連記事>
真田幸村のキャラクター「幸丸くん」アテンド、たまきちゃんインタビュー
→ https://ideanews.jp/archives/14016
源平ゆかりの香川県・屋島に「那須与一」が登場、Lapisさんのコスプレ報告
→ https://ideanews.jp/archives/9545
連載:「大鎧の作り方」(2) 太史慈、ライトニングの斬鉄剣
→ https://ideanews.jp/archives/6660
連載:「大鎧の作り方」(1) 初めて作った全身甲冑は「呂布」
→ https://ideanews.jp/archives/6656
インタビュー:鎧を手作りして着る楽しさ、「大鎧を愛でる会」のLapisさん
→ https://ideanews.jp/archives/4171

 

———————

 

アイデアニュースは、読者に本当に役に立つ情報を提供するため、企業広告を一切掲載せず、記事のようでじつは企業からお金をもらっている「タイアップ記事」も掲載せず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、「全文閲覧権」(月額300円、初月無料)を購入すると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになります。良質な取材活動を続けるため、どうかご協力をお願いいたします。全文閲覧権購入の検討は、こちら → https://ideanews.jp/archives/2387

 

<ここからアイデアニュース有料会員向け部分>

 

たまきちゃんの夢、スタッフさんやファンの方々へのひとこと、Lapisさんからのひとことを掲載しています。

 

左から チーム幸丸(サスケ)、幸丸くん、与一くん、ラピス=2014三田にて、撮影・狸爺さん 

左から チーム幸丸(サスケ)、幸丸くん、与一くん、ラピス=2014三田にて、撮影・狸爺さん

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>Lapis(ラピス) 佐賀県出身、鳥取県在住。平氏ゆかりの家に生まれ、平家物語を読むうちに源氏の弓の名手「那須与一」に惹かれる。平安から鎌倉時代に上級の武将がつけていた「大鎧」のコスチュームを手作りし、「大鎧を愛でる会」(⇒こちら)を主宰。栃木県大田原市のご当地キャラクター『与一くん』の公認アテンドとなり、那須与一ゆかりの地や、神社を巡っている。 ⇒Lapisさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

<PR>

最近の記事

■ 2019年8月掲載分
■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.