【動画】ミュージカル『ボディガード』、制作記者発表会の様子を紹介 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

【動画】ミュージカル『ボディガード』、制作記者発表会の様子を紹介

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2024年1月22日

2024年1月9日(火)に、ミュージカル『ボディガード』の制作発表記者会見が開催されました。登壇したのは、レイチェル・マロン役の新妻聖子さんとMay J.さん(Wキャスト) と、彼女の敏腕ボディガードであるフランク・ファーマー役の大谷亮平さんです。会見では、新妻聖子さんとMay J.さんの歌唱パフォーマンスで「オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always Love You)」と「すてきな Somebody (I Wanna Dance with Somebody)」の2曲が披露され、その後質疑応答の時間が設けられました。歌唱と質疑応答の様子の一部を動画で紹介します。

ミュージカル『ボディガード』制作記者発表会より=撮影・伊藤華織



■東京・大阪公演 全日程で光るライトスティック配布決定
2020 年の初演、2022 年の再演と、コロナ禍での上演となり、マスク着用や声出し禁止など、徹底した感染対策の中で上演されてきた本作。客席の声出し解禁後初上演となる今回を『ボディガード』日本公演史上最高に盛り上げるべく、東京及び大阪の全公演にてご来場の皆様に光るライトスティックのプレゼントがあります。キャスト全員が登場するカーテンコールで、観客の皆様にもキャストと一体となって盛り上がることが可能です。
※ペンライトの持ち込みも可能です。

■日本語歌詞で贈るあの名曲と共に、グラマラスにショーアップされたステージとサスペンスを孕んだストーリー、命をかけたラブストーリーが華やかに舞台で蘇る
本作は、1992年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で世界中で大ヒットを遂げた映画『ボディガード』を舞台化。グラミー賞受賞曲「I Will Always Love You」をはじめ映画でもお馴染みの楽曲などをふんだんに使ったこの大型ジュークボックスミュージカルは、英国「ローレンス・オリヴィエ賞」で、最優秀作品賞を含む4部門にノミネートされ、18か月の英国&アイルランドツアーは完売しウエストエンドへ凱旋。オランダ、ドイツ、韓国、カナダ、イタリア、オーストラリア、スペイン、フランス、オーストリア、米国等世界中で上演され、日本では、2019年9月に本場英国キャストによる初の来日公演を果たしました。更には日本キャスト版も上演し、多くの支持を得ています。2020年春に新演出にて東京・大阪での公演を予定していた日本キャスト版初演は、コロナ禍の影響により殆どの公演回が中止に。その2年後の2022年1月大阪、2月東京にて念願の再演が叶い、大好評のうちに幕を閉じました。

■ミュージカル『ボディガード』再演
演出・振付は、前回までに引き続きジョシュア・ベルガッセが手掛けます。スティーブン・スピルバーグ製作総指揮のNBC ミュージカルドラマ「SMASH」の振付でエミー賞を受賞、そして2018 年には宝塚歌劇『WEST SIDE STORY』の演出・振付を担当するなど華やかな経歴の持ち主が、創意工夫に満ちたステージングで『ボディガード』のパワフルできらびやかな世界を創り上げます。キャストには、誰もが認める抜群の歌唱力でミュージカル界を牽引し、数々の作品で主演を務める新妻聖子さんと、紅白歌合戦にも出場し、日本を代表する歌姫として幅広い世代から支持を集めるMay J.さんが前回に続き出演し、映画ではホイットニー・ヒューストンが演じた人気絶頂のポップシンガー、レイチェル・マロン役をW キャストで演じ、「I Will Always Love You」「I Wanna Dance with Somebody」ほかヒットソングの数々を歌います。そして、映画ではケビン・コスナーが演じ世界中の女性を虜にしたレイチェルを守るボディガード、フランク・ファーマー役として、端正なルックスと確かな演技力で映画やドラマで活躍中の大谷亮平さんが初演から3回目の出演。レイチェルの姉で、才能ある歌手だが表舞台は妹に譲って生きるニッキー役にはAKANE LIVさん、レイチェルの広報担当サイ・スペクターには、初演キャストの水田航生さんが再び出演。旧来のボディガード、トニー・シベリを演じる加藤潤一さんと、レイチェルにつきまとう正体不明のストーカーを演じる大久保祥太郎さんは、今回が初登場となります。そして、彼女を支え続ける人望厚きマネージャー、ビル・デヴァニーには吉本新喜劇の内場勝則さんが出演します。誰もが知る名曲に彩られた壮大なロマンティック・サスペンス。またラストには、キャスト全員とお客様が一体となって盛り上がれるショーが待っています。日常を忘れさせ、明日への活力になるようなエネルギッシュな作品です。

■ストーリー
レイチェル・マロン<新妻聖子さん・May J.さん(Wキャスト)>は、姉のニッキー・マロン<AKANE LIVさん>と共にオスカー賞を目指す、歌手であり女優でもあるスーパースター。彼女は数か月前から、謎のストーカー<大久保祥太郎さん>に付きまとわれ、周りでは不審な出来事が続いていた。レイチェルの身を案じるマネージャーのビル<内場勝則さん>の強い薦めで、敏腕ボディガードであるフランク・ファーマー<大谷亮平さん>が、彼女の警護に当たることとなる。しかし、フランクの存在は、オスカー賞レースのためレイチェルの露出を高めたい広報担当のサイ<水田航生さん>、古参ボディガードのトニー<加藤潤一さん>の反発にあう。何より、緊迫した状況にも関わらず、フランクを邪魔者扱いし、忠告を聞こうとしないレイチェル。彼女の態度に、フランクは依頼を断ろうとする。しかし、身勝手から危険な目にあったところをフランクに救われ、レイチェルは彼に深く感謝をし、信頼を置くようになるのだった。急速に距離を縮める二人だったが、フランクは依頼人と深い仲になることに躊躇し、けじめをつけようとレイチェルを突き放す。思い合っているのに、すれ違う二人・・・。スターとして走り続けるレイチェル。任務遂行に身を捧げるフランク。狂気を増していくストーカー。家族が、仲間たちが、愛情、友情、恐怖、嫉妬、欲望がうずまく複雑な感情に揺り動かされていく―

ミュージカル『ボディガード』ポスター
ミュージカル『ボディガード』ポスター

<ミュージカル『ボディガード』日本キャスト版>
【東京公演】2024年2月18日(日)~ 3月3日(日) 東急シアターオーブ
【山形公演】2024年3月9日(土)~3月10日(日) やまぎん県民ホール
【大阪公演】2024年3月30日(土)~4月7日(日) 梅田芸術劇場 メインホール
公式サイト
https://bodyguardmusical.jp

原作 : ローレンス・カスダン作
ワーナー・ブラザース映画「The Bodyguard/ボディガード」
脚本 : アレクサンダー・ディネラリス
訳詞 : 森雪之丞
翻訳 : 阿部のぞみ
編曲 : クリス・イーガン
演出・振付 : ジョシュア・ベルガッセ
出演 : 新妻聖子・May J.(ダブルキャスト) 大谷亮平
AKANE LIV 水田航生 加藤潤一 大久保祥太郎/内場勝則
野林万稔・古澤利空・笹本旭(トリプルキャスト)
青山航士
飯田一徳 岡田治己 加藤翔多郎 鹿糠友和 熊澤沙穂 後藤裕磨 斎藤葉月
杉浦小百合 杉山諒二 橋本由希子 深瀬友梨 Micco 吉元美里衣 (五十音順)
新井健太(スウィング) 江崎里紗(スウィング)

『ボディガード』 関連記事:

⇒すべて見る

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.