「私と猫たち」(9) 小学生たちが助けた小さな命をつなぐ物語 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「私と猫たち」(9) 小学生たちが助けた小さな命をつなぐ物語

筆者: 岩村美佳 更新日: 2016年2月1日

 

昨年11月の終わりに新たに出会った猫がいる。キジトラ白の子猫だった。はじめて子猫を見たとき、「トラちゃんに似てる!」と縁を感じた。小学生たちが助けた小さな命をつなぐ猫物語だ。

 

囲み目とおひげのような模様がチャームポイント=撮影・岩村美佳

囲み目とおひげのような模様がチャームポイント=撮影・岩村美佳

 

昨年11月30日の夕方、自宅でのんびりと過ごしているときだった。買い物に出かけたはずの母から電話が鳴った。

 

「今、(マンションの)ロビーにいるんだけど、猫がいて……。小学生たちが拾ったらしいんだけど、みんなお母さんたちに飼えないと言われたみたいで。管理人さんにも『拾ったところに戻しておいで』と言われてるの。どうしようか……。」

 

「友達に聞いてみようか? 飼いたいって言ってた人いるよ。とりあえず、そっちにいくね。」

 

電話を切り、そくざにカメラを手に、ロビーへ向った。新しい猫に出会える喜びに胸が踊り、「そうだ! 記事にも書こう」と考えながら走っていた。

 

小学生たちが作ったダンボールの中の子猫。入れてもすぐに飛び出してしまう=撮影・岩村美佳

小学生たちが作ったダンボールの中の子猫。入れてもすぐに飛び出してしまう=撮影・岩村美佳

 

ロビーに着くと、小学校高学年ぐらいの3〜4人の女の子がいて、その向こうに子猫を抱いた母がいた。よく見ると、母が泣いている!

 

「どうしたの!?」

 

「高校生の時のことを思い出して……」

 

母は、高校生の頃、グレーの子猫を拾ったことがあるそうだ。家に連れてかえると、母親(祖母)に「元いたところに戻してきなさい」と言われ、泣く泣く戻したという。そのことがトラウマになっていて忘れられないと、以前にも何度か聞いたことがあった。我が家にグレーの猫がやってこないのは、あの時見捨てた子猫がグレーだったからじゃないかと話したこともある。小学生たちが、『拾ったところに戻しておいで』と 管理人さんに言われているのを見て、見過ごせなくなり、こみ上げてくるものがあったそうだ。

 

母の胸に抱えられた子猫に目をうつすと、キジトラ色だった。顔をみて「トラちゃんに似てる!」と驚いた。ハチワレで、大きな囲み目、ひげぶくろに茶色の模様がある。背中の縞模様がはっきりしていて、トラちゃんに良く似た可愛い子猫だった。(トラちゃんについては「私と猫たち」(6)をご覧くださいhttps://ideanews.jp/archives/11897

 

診察台の上で。甘えた声で泣き続ける。生後5カ月ぐらいとのこと=撮影・岩村美佳

診察台の上で。甘えた声で泣き続ける。生後5カ月ぐらいとのこと=撮影・岩村美佳

 

私の機材バッグの上で街を見渡すトラちゃん。生後10カ月=撮影・岩村美佳

私の機材バッグの上で街を見渡すトラちゃん。生後10カ月=撮影・岩村美佳

 

小学生の中のひとりの女の子がいろいろと話してくれた。学校の近くで何度か見かけていて、道路に出そうになったところを危ないと思って抱き上げたこと。お母さんたちにダメと言われて誰も飼えないこと。助けた子供たちのなかで、犬を飼っている子がいて、かかりつけの獣医さんが近くにあり、みんなで連れていったこと。飼ってくれる人を探す手伝いはしてあげるから、貼り出せるような紙を作っておいでと獣医さんに言われたこと。ちょっと風邪をひきかけているから、あったかくしてあげてねと言われたこと。あったかくしてあげるために、ダンボールのおうちを作ってあげたこと。

 

小さな子供たちが、小さな命のために、一生懸命考えて行動したことを知り、胸が熱くなった。助けてくれてありがとうねと本当に嬉しかった。「友達が飼ってくれるかもしれないから大丈夫だよ」というと、目を輝かせて喜んでいた。子供たちは塾に行かなければいけないそうで、母と私に後をたくし、帰っていった。そのとき、別の子が自転車を押しながら呟いた。

 

「また、子猫を見捨てちゃった……」

 

私は、「そんなことないよ! 助けてくれたじゃん!」と声をあげ、その子を呼び止めた。聞くと、以前にも猫を拾ったことがあり、お母さんに飼えないと言われたことがあるそうだ。「大丈夫だよ。みんなが助けてくれたんだから。見捨ててないんだからね」。とても素敵なことをしたんだと覚えていてほしくて、トラウマにならないようにと、一生懸命に話した。

 

ゲージから出してとアピール中。ゲージの中でいつまででも泣き続ける=撮影・岩村美佳

ゲージから出してとアピール中。ゲージの中でいつまででも泣き続ける=撮影・岩村美佳

 

その後、子猫を獣医さんに診察してもらおうと、母とともにすぐに向った。子供たちが連れていった獣医さんは、うちの猫たちのかかりつけでもあった。

 

 

<この先はアイデアニュース有料会員限定部分です>

 

アイデアニュースは、企業広告を掲載せずに、フリーランスのライターやフォトグラファーが自由な発想で書いた記事を掲載する、新しいメディアです。ぜひ有料会員になって、アイデアニュースを支えてください。月額300円で、すべての記事の全文をお読みいただけます。会員登録の検討は ⇒こちらからお願いします

 

<有料部分の小見出し>

■トラちゃんは助けてあげられなかったけど、今度は助けてあげられたと

■なぜ我が家にむかえず、飼ってくれる人を探そうと思ったのか

■名前は「夢之介」くんに

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.