頭に電極3個・数秒間念じてコンピュータを動かせる技術、近大准教授ら開発 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

頭に電極3個・数秒間念じてコンピュータを動かせる技術、近大准教授ら開発

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年4月4日

 

 

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)医用工学科准教授・山脇伸行(やまわきのぶゆき)の研究グループは、わずか数秒間、頭の中で動作を思い浮かべるだけで、実際にコンピュータや機械などを操作する新技術を開発しました。(news2u.net 2015年4月2日より)

 

私たちが運動したり何かを考えたりしているときには、脳波と呼ばれる電気信号が発生します。脳波を用いてコンピュータなどを操る技術は「ブレイン・マシン・インタフェース」と言われており、世界で研究開発が進められています。

 

今回山脇准教授らが開発した技術では、声や手足を使わずに頭の中で「はい」「いいえ」を表現したり、コンピュータやゲームを操作したりできます。また、従来の技術では動作を思い浮かべてから実際に動くまで10秒から数十秒かかっていましたが、今回の技術ではわずか数秒間イメージするだけで動くようになり、頭に貼り付ける電極の数も3個と、従来型の半分以下になりました。

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

<PR>

最近の記事

■ 2019年8月掲載分
■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.