癌サバイバルの物語、シカゴの女性ふたりがニューヨークで上演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

癌サバイバルの物語、シカゴの女性ふたりがニューヨークで上演

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年4月13日

 

BeeFABの新しい舞台の1場面 (PR WEB プレスリリースより)

BeeFABの新しい舞台の1場面 (PR WEB プレスリリースより)

 

シカゴを拠点にしている劇団 ビーファブ(BeeFAB) http://beefabproductions.com/が、新しい演目「ステージ4の癌物語」をチェルシーのマグネットシアターで上演します。5月4日(月)がニューヨークデビューとなります。(PRWEB 2015年4月12日プレスリリースより)

 

脚本も出演もふたりの女性、ジュディ・ファブジェンスさんとケリー・ビーマンさんで、ふたりの名前を合わせてビーファブというこの劇団、しゃれが効いています。コメディや即興演劇を上演するマグネットシアターには、ニューヨークの目の肥えた観客がやってくるのですが、彼女たちの劇には驚くことでしょう。Big C 大文字のC、つまりCancer =癌を中心に、新婚カップルが直面する現実を、皮肉と笑いと感動の中で描いています。そして、それは実際に、今まさに俳優ふたりが経験していることなのです。

 

“Anyone who has been affected by cancer in any way will relate to this show,” says Fabjance. “We’ve had doctors and nurses come to our show and tell us that they now have a better understanding of what their patients go through.” 「どんな形にしろ、癌にかかわりがある人なら、この劇に共感してもらえると思ってる」とファブジェンスさんは言います。「お医者さんや看護師さんに劇に来てもらうんだけど、患者がどんなふうに感じているのがよく分かったって言ってくれるわ」

 

ファブジェンスさんは2011年に “Are You There, Judy? It’s me, Cancer” 「そこにいるのジュディ?私よ、癌よ」というひとり芝居を作っていますが、その時すでに右胸を摘出して3年の乳癌サバイバーでした。昨年ビーマンさんと結婚。ファブジェンスさんの介護もしています。

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

<PR>

最近の記事

■ 2019年8月掲載分
■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.