誰も寄せ付けないのに子どもが寄ってくる、吉野圭吾インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

誰も寄せ付けないのに子どもが寄ってくる、吉野圭吾インタビュー(下)

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年6月24日

 

2016年7月24日から東京と大阪で上演されるブロードウェイミュージカル「ピーターパン」でフック船長役をつとめる吉野圭吾さんの合同取材の様子紹介の「下」です。(⇒「上」はこちら

 

ミュージカル「ピーターパン」 フック船長役の吉野圭吾さん=撮影・橋本正人

ミュージカル「ピーターパン」 フック船長役の吉野圭吾さん=撮影・橋本正人

 

――以前、出演されていた橋本じゅんさんだと、フック船長が腰を振ったりする踊りが面白いということもありましたね。吉野さんも何かきっとやるんでしょうね。

 

何か、やるんでしょうね。けっこう子どもたちって、目で見たものを笑ったりするじゃないですか、素直に。だから、そこはやるんでしょうね。

 

 

■うち、実家は保育園なんですよ

 

――子どもが好きそうなゲームだったり、今でも夢中でやってしまうとか、ありますか?

 

子どもと一緒に遊ぶのは好きですね。身体を使って。うち、実家は保育園なんですよ。今はもうやってないんですけど。その中で育っていて、子どもたちと遊ぶ機会も多くて。

 

――お兄ちゃん的立場で遊んだりとか。

 

そんなこともありましたね。お絵かきしたりね。

 

――1789でも、子役のしぐさをみたりとか?

 

1789のアルトワ伯はメイクもわりと怖いし、稽古場の居方も怖いんですよね。たぶん。誰も寄せ付けない的な。でも、その中でも、子どもは寄って来たりするんです(笑)。俺のこの固い扉を、コンコン、コンコン、とノックしてくるんです(笑)。

 

――怖いもの見たさなんでしょうか?(笑)

 

そこはきっと、子どもを寄せつけるものがあるんじゃないかと。

 

 

■お稽古場でのお仕事中は、子役を大人として扱います

 

――寄ってきて、何するんですか?

 

「遊ぼうっ」みたいな感じで寄って来ますね(笑)。

 

――自分と同レベルだと思ってる?(笑)

 

子どもにはバレてるんですね(笑)。

 

――で、遊ぶんですか?

 

お稽古場とか、お仕事中は、一回絡んじゃうと、それがクセになっちゃう人も多いんですよ。子どもが。仕事場なのに子どもがウワ~~ってなっちゃわないように、できるだけそこでは、大人として扱う。

 

――子どもを大人として扱う?

 

ちょっかい出したりとかは、できるだけしないように。そりゃ、ウイ~~~、おはよう~~!とか、言いたいんですけど、できるだけしないように我慢して、お稽古が終わってから「お疲れさま」って言って、ちょっと遊んだりはします。けっこう長い時間お稽古をしているので、そうなっちゃうと子どもも、いつ切り替えしたらいいかわからなくなるんじゃないかなと思うんですよね。集中してもらわないとと思って。それが正しいのかどうかわからないけれど、僕はそうしています。

 

 

■僕は、よく小道具の神様に祈ってます

 

――ピーターパンでは「みんな、妖精はいるって信じてくれる?」といったセリフがありますが、吉野さんは妖精を信じますか?

 

信じます!

 

――イメージかもしれないですけど、吉野さんが信じるものってなんでしょう?

 

日本の考えだと、いろんなものに神様がついたりするじゃないですか。水の神様だったり、火の神様だったり。いろいろな神様がものに宿っていたり。だから僕は、よく小道具の神様に祈ってます。

 

――小道具の神様?

 

舞台上で小道具を使うことが多いんですよ。剣だったり、トランプだったり、宝石だったりいろいろあるんですけど、そのものを大切にしようと思っています。ちゃんと大切にしないと、その神様に裏切られる気がします。

 

――小道具の神様も、衣裳の神様も、いろいろいるんですか?

 

舞台の神様とか。ちゃんと真摯に向き合わないと裏切られるぞと、いつも思ってます。でも、ちゃんと思ってるのに裏切られることは良くあるので。

 

――ええーー! それは、どういう時ですか?

 

小道具が上手に扱えないとか、鎖が切れたりとか。そういう時に、なぜ僕たちを裏切ったんですか?って。セリフが出てこないとか。舞台の神様!どうしてですか!なぜですか!って、思ったりします(笑)。

 

 

<ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」>
【東京公演】2016年7月24日(日)~8月3日(水) 東京国際フォーラム ホールC
http://hpot.jp/stage/peterpan-2016
【大阪公演】2016年8月17日(水) 梅田芸術劇場メインホール
http://www.umegei.com/schedule/538/

 

 

<アイデアニュース関連記事>
ミュージカル「ピーターパン」でフック船長役に、吉野圭吾インタビュー(上)
https://ideanews.jp/archives/23088
誰も寄せ付けないのに子どもが寄ってくる、吉野圭吾インタビュー(下)
https://ideanews.jp/archives/23091

 

<関連ページ>
吉野圭吾 -Keigo.Yoshino.nut-
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nut/index2.htm

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分>

 

■ヒーローの顔じゃでないですが、ヒーローも面白いかも

 

■今秋出演の「バイオハザード」では、ゾンビやりたいですね

 

■「1789」のアルトワ伯は、変態一筋で貫き通せればいいなって

 

■ピーターパン役のふうかさんは、頼りになる方? では、おんぶにだっこで(笑)

 

アイデアニュース会員登録は⇒こちらから

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.